ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

webサイト「ザテレビジョン」の【視聴熱】12/31-1/6ウィークリーランキング 一挙放送された「アンナチュラル」「おっさんずラブ」、恒例の「ガキ使」SPが上位に

webサイト「ザテレビジョン」の【視聴熱】12/31-1/6ウィークリーランキング 一挙放送された「アンナチュラル」「おっさんずラブ」、恒例の「ガキ使」SPが上位に
 株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、 代表取締役社長:松原眞樹)は、 webサイト「ザテレビジョン」にて、 【視聴熱】ウィークリーランキング(対象期間=12月31日~1月6日)を発表しました。 【視聴熱】はSNSや独自調査を集計し、 盛り上がり度=“熱”をポイント(pt)として算出。 今熱い番組からテレビの流行に迫る新指標です。
【視聴熱】サイト: https://thetv.jp/shichonetsu/weekly/

【ドラマランキング】
1位 アンナチュラル/2位 おっさんずラブ/3位 いだてん~東京オリムピック噺~

 第1位 アンナチュラル(56,159pt)…2018年1~3月に放送された法医学ミステリー。 石原さとみ、 井浦新、 窪田正孝、 市川実日子、 松重豊らが演じる不自然死究明研究所=UDIラボの個性的なメンバーと、 脚本家・野木亜紀子が描くオリジナルストーリーが人気を博し、 数々の賞を受賞した。 12月31日~1月2日にTBSで全10話が一挙放送され、 SNSには「何回見ても泣ける」「やっぱり面白い」などファンの感想が相次いだ。 さらに「一気見したらこんな時間に…」など、 途中で止められずに夜更かししてしまったという報告も。 12月31日と1月1日の視聴熱デイリーランキングでは首位を獲得し、 12月31日~1月6日の7日間とも5位以内にランクイン。 また、 12月31日に放送された「第69回NHK紅白歌合戦」で、 米津玄師が主題歌の「Lemon」を披露したことも話題となった。

 第2位 おっさんずラブ(52,627pt)…2018年4~6月に放送された田中圭主演ドラマ。 1月2日にテレビ朝日で全7話が一挙放送され、 SNSでは本作のファンである“OL民”の「やっぱりキュンキュンする!」「牧春こそ至高…」などの投稿が相次いだほか、 夏公開の映画「劇場版 おっさんずラブ(仮)」を「待ち遠しい」と期待する声も。 また、 1月2日にNHK総合で放送された「新春テレビ放談2019」に、 今作を手掛けた貴島彩理プロデューサーが出演。 放送初回の視聴率は2.9%と低く、 貴島Pが現場を訪れると「びっくりするぐらいどんよりした雰囲気だった」という。 そんな中、 田中圭が「おい、 何へこんでんだよ!」と明るく貴島Pに声をかけ、 さらに「2話で数字が上がらなかったら、 オレは俳優をやめる」と宣言していたことを明かした。

 第3位 いだてん~東京オリムピック噺~(52,316pt)…2019年の大河ドラマが1月6日にスタートし、 第1回「夜明け前」が放送された。 日本で初めてオリンピックに参加した金栗四三(中村勘九郎)と、 日本にオリンピックを招致した田畑政治(阿部サダヲ)の半生を、 古今亭志ん生(ビートたけし)の噺を通じて描いていく。 冒頭では、 田畑をはじめ1964東京招致チームとしてジャーナリスト・平沢和重(星野源)、 JOC常任委員・岩田幸彰(松坂桃李)ら物語後半のキャストも登場。 さらに、 竹野内豊、 杉本哲太ら豪華な顔ぶれが次々と登場し、 SNSでは「キャストが豪華すぎて大渋滞」との声も。 明治と昭和のエピソードが交差して展開していったが、 そのテンポのよさやクライマックスへの持っていき方に「さすがクドカン」と脚本を担当する宮藤官九郎を称える声も上がった。

【バラエティーランキング】
1位 ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 大晦日スペシャル 絶対に笑ってはいけないトレジャーハンター24時!/2位 GENERATIONS高校TV/3位 ニンゲン観察バラエティ モニタリング

 第1位 ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 大晦日スペシャル 絶対に笑ってはいけないトレジャーハンター24時!(192,925pt)…毎年恒例となる「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」の大みそか特別番組が12月31日に放送された。 今回も多数の芸能人が出演。 川口春奈のスケバン姿、 杉咲花のゆりやんレトリィバァのネタ完コピ、 立川志らくと登坂淳一の“ハンバーグ師匠”ネタなど、 ダウンタウン、 ココリコ、 月亭方正を笑わせるため、 彼らの普段では見られないような姿が見られた。 さらに、 「捕まってはいけない」パートにはボクシング・WBA世界バンタム級チャンピオンの井上尚弥選手が登場。 エンディングではレミオロメンの藤巻亮太が「粉雪」の替え歌を披露した。

 第2位 GENERATIONS高校TV(51,988pt)…1月6日の90分スペシャルで、 12月30日に放送された「E高が乗り込んできた!ガチスポーツ対決SP」の未公開シーンなどを放送。 スマホケースを作った“創作センスNo.1決定戦”や“大縄跳び”で、 GENERATIONS from EXILE TRIBEとE-girlsが対決を繰り広げた。 一方、 1月2日の「全力部活!E高」は「GENE高が乗り込んできた!18人の大かくれんぼ対決SP」と題して、 GENERATIONSメンバーが出演。 こちらでも“GENE高かくれんぼ”や“バカッコイイ動画撮影”という対決企画を行った。

 第3位 ニンゲン観察バラエティ モニタリング(36184pt)…1月2日放送のドッキリ企画内で木村拓哉が垣間見せた“本音”が話題に。 仕掛け人を務めたのは映画「マスカレード・ホテル」で共演する勝地涼。 勝地は「役者を辞めようか今迷っていて」と切り出し、 真剣な表情で耳を傾ける木村に「(役者の仕事が)しんどくなってしまって」と相談。 木村は「いや、 みんなしんどいでしょ」「(自分も)しょっちゅうだよ」と答え、 続けて、 どういう時に辛くなるか聞かれると「やることなすこと…ね、 いろいろ叩かれるから」と胸の内を吐露。 さらに「辛くない人なんていないよ絶対」と勝地を励ますように真摯に言葉を投げ掛け、 最後には仕掛け人であるはずの勝地も目に涙を浮かべる結果に。 SNSではその様子に視聴者の大きな反響が見られた。

【視聴熱】とは、 SNSやザテレビジョンの独自調査を集計し、 世間で今注目を集めている番組を発表。 視聴者の“熱”をポイント化してテレビの最新トレンドに迫る、 ザテレビジョン独自の新指標です。 WEBサイト「ザテレビジョン」ではウィークリー、 デイリーの視聴熱ランキングを紹介。 視聴率だけでは測れない、 本当に盛り上がっているテレビの話題を、 人々の“熱”から探ります。

●【視聴熱】サイト: https://thetv.jp/shichonetsu/weekly/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です