ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

伊豆半島の珍スポットだけをめぐる「伊豆別視点ツアー」催行決定!4月22日(土)1泊2日で珍スポ13カ所をめぐる!

伊豆半島の珍スポットだけをめぐる「伊豆別視点ツアー」催行決定!4月22日(土)1泊2日で珍スポ13カ所をめぐる!
東京別視点ツアー企画1泊2日「伊豆別視点ツアー」参加申し込み受付中
有限責任事業組合 別視点(所在地:東京都中央日本橋)が運営する「東京別視点ツアー」は、 伊豆の珍スポット13カ所を一気に巡る1泊2日のバスツアー「伊豆別視点ツアー」(2017年4月22日(土)~23日(日))を株式会社富士急トラベルと運行いたします。 現在、 参加申し込み受付中。

 


【ツアー概要】
「珍スポットのメッカ」伊豆を巡る
伊豆は、 都会からのアクセスもよく、 美しい海と美味しい海産物、 伊豆半島ジオパークと呼ばれる豊かな地質があるため、 海や山を問わず様々な観光客が訪れる全国有数の観光地として知られています。
しかし、 伊豆の魅力はそれだけではないことをご存知でしょうか?
伊豆には、 観光地ゆえに多くつくられた個人博物館やテーマパークなど、 珍しくてユニークな施設「珍スポット」が数多く存在しています。
そのことから、 いちぶ雑誌で特集が組まれるなど、 珍スポットファンならびに普通の観光に飽きた刺激を求める旅行者から人気を集め、 「伊豆に行かなければならない」という使命感を持って伊豆観光する様がよくみられます。
それはまさに聖地巡礼。 伊豆は「珍スポットのメッカ」と化しているのです。
今回の1泊2日のバスツアーでは、 おおまかにみつもっても50以上ある伊豆の珍スポットから、 珍スポット観光情報サイト「東京別視点ガイド」の編集者が実際に足を運び厳選した13カ所を巡ります。

▼巡るスポットの詳しくはこちらをご参照ください
http://www.another-tokyo.com/archives/50550579.html


【企画経緯】
近年、 観光旅行は「家族や友達との関係を深める」だけに留まらず「自分のための時間を過ごす」目的の旅行も増えています。 本ツアーでは、 既存の観光を別の視点から捉えることで、 多数より個人の興味を引きつける観光資産を見出し、 提案します。 一般の観光ガイドブックには載ってない、 観光地の「新しい楽しみ方」を提案します。


【3つのポイント】
1.「大人」だから楽しめるテーマパーク
今回巡る施設の中には、 エグい見た目の造形物が乱立したりと、 お客に一切媚びていないテーマパークもあります。 こういった施設にひとりで入るにはけっこうな勇気が必要です。 この機会にみんなで入ってしまえばこわくない!

伊豆最狂の珍スポット「まぼろし博覧会」

数ある伊豆半島の珍スポットのなかでも、 物量・カオス度がもっとも高い「まぼろし博覧会」はすごい熱量でいまなお進化をつづける大型珍スポット。
この場所をなんと説明していいものやら……。 展示品はとりとめもなく、 マネキン、 はく製、 レトログッズ、 巨大仏となんでもあります。 不思議なコラージュ作品に取りこまれてしまったような、 そんな世界観なのです。
意図したズレか、 本物の狂気か、 判別不能なギリギリのラインをついています。

▼レポ記事:今、 伊豆高原がカオスなことになってる!15mの聖徳太子が出現したぞ!
http://www.another-tokyo.com/archives/50478439.html
 

家族経営の地獄テーマパーク「伊豆極楽苑」
創業30年。 あの世の世界を、 手作りのフィギュアやジオラマで再現してます。
すさまじい形相の鬼たちが、 人間どもを八つ裂きにしたり、 釜で煮こんだりしている。
館主の奥さまが軽妙な話術で、 地獄のシステムを語ってくれます。
随所に書きこまれた説明文も「温度はハワイと同じ。 家賃、 敷金、 礼金ナシ」「阿弥陀様は極楽のオーナー」などなど最高にイケてます。

▼レポ記事:え!自宅が地獄なの!?家族経営の地獄テーマパークなんて聞いたことがない!「伊豆極楽苑」

http://www.another-tokyo.com/archives/50493950.html

 

 

 

2.テッパングルメからC級グルメまで味わえる
伊豆の名産・わさびを、 ほかほかの白飯にかつお節とともにのせてシンプルにいただく「わさび丼」はTVドラマ「孤独のグルメ」にも取り上げられた伊豆の名物。
その一方で「自称寿命が3年伸びるジュース」「ドライドルフィン(イルカの干し肉)」などあやしいグルメにもチャレンジします。

河津七滝名物「わさび丼」
河津七滝名物「わさび丼」

「まるたか」のドライドルフィン(イルカの干し肉)
「まるたか」のドライドルフィン(イルカの干し肉)




3.珍スポットの名物館主たちと対面!パワフルさに圧倒されよう
長い年月を費やして熱意と愛をかけた人がいるからこそ、 非日常と妖しさに溢れた珍スポットが出来上がります。 今回は特別に交渉し、 名物館主たちに直接ガイドしていただけます。
開館に至った背景や展示の意図を知ると、 深みが増し、 よりいっそう楽しめます。

「まぼろし博覧会」館長のセーラちゃん
「まぼろし博覧会」館長のセーラちゃん

「喫茶さる~と」流しのモノマネ歌手かもめ次郎さん
「喫茶さる~と」流しのモノマネ歌手かもめ次郎さん

「日本仮面歴史館」木村賢史館長
「日本仮面歴史館」木村賢史館長

「伊豆極楽苑」館長奥さんの華扇さん
「伊豆極楽苑」館長奥さんの華扇さん

 

 

 

【「伊豆別視点ツアー」詳細 】

■日程:2017年4月22日(土)~23日
※催行決定しております。

■参加費:58,800円
※2名以上参加された方には1名あたり1000円引き致します。
※熱海駅集合・三島駅解散ですと、 1人あたり2000円引き致します
※2名様利用はお一人様プラス5000円になります。

■定員:30名

■行程:
◎1日目
08:00 新宿駅西口「工学院大学前」

10:00集合 熱海駅

10:30~11:30 熱海銀座劇場 (熱海の歴史あるストリップ劇場の内部見学とストリップにまつわるトークショー※ショーは見ません。 )

12:40~13:40 伊豆鮮魚商 まるたか (昼食。 マンボウの刺身、 イルカの干し肉など変わり種あり)

14:10~15:10  アトリエ・ロッキー万華鏡館&パチンコ博物館 (伊豆の数ある博物館の中で特にパンチの効いた2施設)

15:30~16:30  まぼろし博覧会 (伊豆最恐のカオス空間!)

16:40~17:20 喫茶さる~と (流しのモノマネ歌手かもめ次郎による昭和モノマネメドレーリサイタル)

18:00 ホテルサンハトヤ (ディナーショーと海底温泉が目玉!伊豆有数のレトロホテル)

◎2日目
09:30 ホテル

10:20~11:20  日本仮面歴史館 (その数500以上!仮面だらけの館内と鬼気迫る館長に注目)

11:40~12:00  伊豆オレンヂセンター (「飲めば寿命が3年伸びる」ウルトラ生ジュースを試飲 ※別料金)

12:30~13:20  泣かせ隊食堂 (昼食。 孤独のグルメでも取り上げられた伊豆名物わさび丼でうま泣きしよう)

13:40~14:10 道の駅「天城越え」 (名物・生ワサビソフトを食べつつおみやげショッピング)

14:15~14:45  明徳寺 (「おさすり」「おまたぎ」トイレの神様にお参りしよう)

15:00~16:00 伊豆極楽苑 (家族経営の地獄テーマパークであの世と地獄を体験しよう)

17:00頃着 三島駅

19:00頃着 新宿駅

■参加申し込み:特設ページよりお申し込みください
https://www2.fujikyu-travel.co.jp/DJWEB/TourDetail.aspx?tc=A31100100009



[観光会社「別視点」について]
決まりきった切り口ばかりの観光を変えたい
2011年より代表・松澤茂信が、 東京ウォーカーなど大手観光メディアが積極的に手をつけない、 珍しくてへんちくりんな店「珍スポット」を紹介する「東京別視点ガイド」を始める。 2016年に「観光を変える」を合言葉に「有限責任事業組合 別視点」を立ち上げる。

[主な業務]
「珍スポット」に特化したWebサイトとツアー
◎「珍スポット」を取り上げるWebメディア「東京別視点ガイド」の運営とPR記事の制作。
◎「東京別視点ガイド」で紹介したスポットにお客さんを実際に連れていき、 専門家のガイドが濃密に解説する「東京別視点ツアー」の運営。
◎その他、 観光にまつわる物販・講演・ワークショップ・Webメディア運営コンサルティングなど。

[これまでの実績]
町歩きツアーから青森二泊三日ツアーまで多種多様なツアーを運行
これまで東京別視点ツアーでは、 日帰りバスツアーでは群馬の秘宝館的施設2つを巡る「秘宝館バスツアーin群馬」、 SLランドや岩下の新生姜ミュージアムを巡る「栃木珍スポバスツアー」などを催行しました。 どちらも20~30代の若い男女を中心に40名以上の参加者が集まりました。
また、 泊まりのツアーでは2016年7月に「10万円青森珍スポバスツアー」を行い、 8名の参加者と共に下北半島最狂の宿「とびない旅館」をはじめ、 「キリストの墓」「大石上ピラミッド」「スコップ三味線快館」などを巡りました。
町歩きツアーでは、 谷中七福神巡りをしながら路上に落ちている「片手袋」を見つける「特殊町歩き 片手袋GO」や、 浅草の焼きそば屋のうんちくを聞きながら巡る「食べない食べ歩きツアー ~焼きそば編~」など1年間で40以上のツアーを催行しました。


―――――――――――――――――
 

 


【会社名】有限責任事業組合 別視点
【代 表】松澤茂信
【設 立】2016年1月
【業 務】観光業(PR記事、 ツアー、 講演、 など)
【所在地】〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1−7−11
【電 話】080-2590-9205
【FAX】03-6740-7470(eFAX)

東京別視点ガイド
http://www.another-tokyo.com/

東京別視点ツアー
http://www.betsushiten.com/

別視点ストア
https://betsushiten.stores.jp/

―――――――――――――――――

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です