ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

オリックスグループ初の新築旅館『箱根・芦ノ湖 はなをり』2017年8月1日(火)開業

オリックスグループ初の新築旅館『箱根・芦ノ湖 はなをり』2017年8月1日(火)開業
~旅館事業で培ったノウハウを結集~
オリックス不動産株式会社(本社:東京都港区、 社長:高橋 豊典、 以下「オリックス不動産」)は、 箱根・芦ノ湖畔に旅館『箱根・芦ノ湖 はなをり』(所在地:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根桃源台160、 総支配人:藤井 育郎)を、 2017年8月1日(火)にオープンしますのでお知らせします。
オリックスグループでは、 施設運営事業としてホテル・旅館、 水族館、 高齢者向け住宅、 ゴルフ場、 多目的ドーム、 劇場などの開発・運営を手がけております。 サービスの向上に加え、 オリックスの施設ならではの付加価値創造を追求することで、 お客さまに喜んでいただける施設を目指しております。


なかでも旅館事業は、 2002年に取得した、 『別府 杉乃井ホテル』を皮切りに、 これまでに8施設の旅館運営に携わっており、 「圧倒的な開放感のある温泉大浴場」や「地元の新鮮な食材を使ったオープンキッチン形式のバイキング」などを導入することで、 多くのお客さまから高い評価を得ております。 ハードの投資だけに留まらず、 地元従業員の雇用継続を重視して取り組んでおり、 サービスレベルの改善による来館者の増加は、 観光客増加といった地域経済の活性化にもつながっています。


これまで培ったノウハウを結集して、 このたび日本有数の温泉地である箱根にオリックスグループ初の新築旅館である『箱根・芦ノ湖 はなをり』を開業いたします。 一から旅館の開発を行なうことで、 お客さまのニーズやライフスタイルに合わせた施設の実現を目指します。 ホテルのような快適さと和風旅館ならではのくつろぎ、 心地よいおもてなしを提供する旅館がこの夏、 誕生します。

今後もオリックスグループでは、 グループ資源を最大限に活用しながら、 施設運営事業の積極的な展開を図って参ります。

『箱根・芦ノ湖 はなをり』 ロビーから続く水盤テラス、  足湯カウンターから芦ノ湖を一望できます。
『箱根・芦ノ湖 はなをり』 ロビーから続く水盤テラス、 足湯カウンターから芦ノ湖を一望できます。

1.施設コンセプト
箱根・芦ノ湖のほとり。 雄大な温泉と、 こだわりの食事が「大きなくつろぎ」をお届けします。
 豊かな自然、 歴史、 文化を持つ、 日本有数の温泉郷・箱根。 風光明媚な芦ノ湖のほとりに、 『箱根・芦ノ湖 はなをり』は生まれます。
 芦ノ湖の絶景を堪能できる広々とした温泉や、 新しいブッフェスタイルを体感できるレストラン、 芦ノ湖と一体となれる水盤テラスや足湯カウンター、 和と洋の調和が心地よい洗練のインテリア、 そして何よりも真心こめたおもてなしでみなさまをお出迎えします。
 『箱根・芦ノ湖 はなをり』は、 花がほころぶようにふわりと心解き放たれる、 くつろぎの場所をご提供します。

2.施設名称、 ロゴマーク
『箱根・芦ノ湖 はなをり』(はこね あしのこ はなをり)

(1)その土地土地の美しい風景、 (2)歴史、 (3)文化、 (4)お客様の旅の記憶、 (5)スタッフのおもてなしの心が、 花の織物のように重なっていくような旅館であることを表現したものです。
シンボルマークについては、 5つの要素を折り重なりねることにより、 花のモチーフを作り出したものです。

3.施設概要 ※画像はイメージです

 

https://hanaori.jp/ashinoko/
 

外観 ※イメージ
外観 ※イメージ

ラウンジ ※イメージ
ラウンジ ※イメージ













4.施設詳細 ※画像はイメージです。

(1)大浴場
四季と自然を浴びる箱根最大級の開放的な温泉です。 「四季の露天風呂 棚湯(たなゆ)」は、 雄大な芦ノ湖の眺望や四季折々に変化する庭園の樹木など、 芦ノ湖畔の自然と箱根の名湯を堪能できます。 プライベートな空間の貸切風呂もご用意しています。        
<源泉名>元箱根温泉(源泉名:姥子山越旭温泉)
<泉 質>カルシウム、 マグネシウム、 ナトリウム-硫酸塩、 炭酸水素塩泉

四季の露天風呂 棚湯(芦ノ湖ビュー) ※イメージ
四季の露天風呂 棚湯(芦ノ湖ビュー) ※イメージ

四季の露天風呂 棚湯(庭園ビュー) ※イメージ
四季の露天風呂 棚湯(庭園ビュー) ※イメージ

貸切風呂 ※イメージ
貸切風呂 ※イメージ

 

 

 

 






(2)ブッフェダイニング「季(とき)しかり」
四季折々の箱根の自然の恵みを「新感覚」で味わう和を中心としたブッフェダイングです。 和食料亭出身の総支配人と数々の有名店で活躍した総料理長が地元の食材とクオリティにこだわった料理をブッフェスタイルで提供します。 ライブキッチンを採用し、 料理人のパフォーマンス、 出来立ての料理をお楽しみいただけます。
また、 朝食は芦ノ湖を一望する清々しい空間の中で召し上がっていただけます。
店名の「季(とき)しかり」には、 お客さまに四季の自然の恵みを堪能してもらいたいという意味を込めました。
【季(とき)】季節感あふれるお料理を提供すること、 レストランから季節ごとの芦ノ湖の風景が望めること、 お客様が楽しい「とき」を過ごしていただく事を表現しています。
【 しかり 】しかりは、 自然の「然」をひらがなにしたもの。 その土地の自然の恵みを生かした
料理を提供すること、 提供側の思いや、 料理に納得していただき、 「そのとおりだ=
然り」と感じていただく事を表現しています。

ブッフェレストラン「季しかり」※イメージ
ブッフェレストラン「季しかり」※イメージ

小篭に盛った料理 ※イメージ
小篭に盛った料理 ※イメージ














(3)客室
客室は、 靴を脱いでのびのびとくつろげる旅館スタイルを中心に、 露天風呂付き、 テラス付き、 和洋室、 洋室など、 さまざまなお客さまのニーズに対応できる客室タイプをご用意しました。 テラスから眼下に広がる芦ノ湖の眺望が楽しめる客室やプライベートを重視した露天風呂付きの客室などそれぞれの部屋に特色を持たせています。
また、 お部屋で快適に過ごしていただくため、 マットレス売上全米No.1※のSerta(サータ)社と共同開発した “はなをりオリジナルベッド”を全室に配しました。 固さの異なるコイルを配置することで、 どのような寝姿勢も圧力をあまり感じず、 からだのラインをやさしく受け止める寝心地を追求したベッドです。
※ファニチャートゥディ誌 2016年6月出版号による

露天風呂付き和洋室(客室) ※イメージ
露天風呂付き和洋室(客室) ※イメージ

露天風呂付き和洋室(露天風呂) ※イメージ
露天風呂付き和洋室(露天風呂) ※イメージ

 

 

 

 

 






 

和洋室  ※イメージ)
和洋室  ※イメージ)

(4)水盤テラス、 足湯カウンター
ロビーから続くオープンエアのパブリックスペースに、 水盤テラスと足湯カウンターを設けました。 森林の澄んだ空気、 小鳥のさえずり、 風の感触を楽しみながら、 芦ノ湖の眺望を眼前にくつろぎのひとときをお過ごしいただけます。 水盤テラスでは水を張った空間の中に円形のソファを設置し、 芦ノ湖に浮かんでいるかのような感覚を楽しめます。 足湯カウンターで、 飲み物を手に心地よい湯のぬくもりに身をゆだねれば、 身も心もリラックスできます。

水盤テラス 足湯カウンター ※イメージ
水盤テラス 足湯カウンター ※イメージ

 

5.オープン記念宿泊プラン
2017年3月30日(木)より予約を受け付けます。

【プラン名】季節の味覚を味わう“はなをりブッフェ”プラン
【宿泊期間】2017年8月1日(火)~10月31日(火)
【内    容】1泊2食付き
【料      金】2名1室利用時1名料金(税サ込み、 入湯税別途) 
                洋室スタンダードツイン:14,580円~、 和洋室:17,820円~

 

6.総支配人、 総料理長プロフィール
総支配人:藤井 育郎(ふじい なるお)
京都のすし店で修業後、 京懐石「吉泉」入社。 1995年に「オリエンタルホテル 東京ベイ」入社、  2001年に和食料理長に就任。 その後「なんばオリエンタルホテル」「オリエンタルホテル 東京ベイ」「オリエンタルホテル広島」の総支配人を歴任。

総料理長:大沢 達也(おおさわ たつや)
1987年「ホテル西洋銀座」入社、 1995年ア・ターブル松屋「イ・プリミ」、 イタリアンレストラン「ラ・ボニータ」、 「六本木ヒルズクラブ」などの有名店で腕をふるい、 「東京ベイコート倶楽部」、 「グランドエクシブ浜名湖」で料理長、 「オリエンタルホテル 東京ベイ」で総料理長を務める。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です