ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

モンスターエナジー豪快オフロードドライバー BJ・ボールドウィンがシリーズ第4弾の最新ムービー『Recoil 4』を公開

モンスターエナジー豪快オフロードドライバー BJ・ボールドウィンがシリーズ第4弾の最新ムービー『Recoil 4』を公開
トロフィートラック前代未聞の最長約60mの大ジャンプを披露!キューバの町を大爆走で駆け抜ける!
URL : http://monsterne.ws/3QASNQ7Z

モンスターエナジーのオフロードドライバー、 BJ Baldwin( BJ・ボールドウィン)がシリーズ4作目となる最新ムービー『Recoil 4』を公開しました。 1作目のラスベガスから始まり、 メキシコ、 太平洋岸北西部の各地をテーマにした『Recoil』シリーズを制作。 シリーズ累計動画再生回数は3,000万回を超えています。 4作目となる今作は、 キューバの首都ハバナでの撮影を敢行。 住宅地の狭い道幅を猛スピードで疾走しながら、 立て掛けてある木板をなぎ倒し、 焚火を振り消し、 ビーチに向かって大ジャンプ、 最後はドリフト駐車するなど、 トラックとは思えぬ繊細かつダイナミックなスキルの連続に、 息を飲む圧巻な映像となっています。 特に、 前代未聞のトロフィートラックでの60mに及ぶ大ジャンプは必見です。

BJ・ボールドウィンは、 「時速160キロでハバナのストリートを駆け抜ける。 バハ(カリフォルニア・バハ砂漠を走るレース)とはまったく違う走りを楽しんでほしい。 住宅がすきまなく立ち並んでいて、 50年代のセダンが行き交っているようなストリートを、 約3トンのトロフィートラックが猛スピードで駆け抜けるんだ。 ほとんど異次元みたいな光景をお見せするよ。 トラックも飛べるという新たな常識をハバナに作ったんじゃないかな」とコメントしています。 CG一切無しの正真正銘本物のスタントアクションのみを撮影した今作は、 伝説的FMXライダーのアンディ・ベルが制作を指揮。 アンディは、 「バイクでできることをそのままトラックでできないか、 今回、 我々が考えていたのはそういうことなんだ。 BJはもともとガッツのある男だけど、 このチャレンジにもまったくひるまないのには驚いたよ。 BJはトラックの概念そのものを拡げることに成功したんじゃないだろうか。 最高にインパクトのあるものに仕上がったよ」と述べています。

陽気なBGMが流れる中、 セクシーな女性たちを従えてゲームで遊んでいると、 ハバナのパーティーに遅れるなとメールが入り、 急いでトラックに飛び乗り急行するBJ・ボールドウィン。 果たしてパーティーに間に合うのか、 というストーリーも見所のひとつ。 陽気な地で最高にエクストリームな撮影に挑んだ『Recoil 4』をぜひご覧ください。
 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です