ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

動く→動かすは、2017年3月31日に解散しました。”一人の「動く」が、世界を「動かす」”をキャッチフレーズに8年間の活動にピリオド!

動く→動かすは、2017年3月31日に解散しました。”一人の「動く」が、世界を「動かす」”をキャッチフレーズに8年間の活動にピリオド!
突然ですが、2017年3月31日をもって「動く→動かす」は解散し、その活動を「SDGs市民社会ネットワーク」に移行することと致しました。【※エイプリルフール企画ではありません!】
「動く→動かす」とは、 国際協力NGO80団体以上が加盟するネットワーク。 2015年のMDGs達成に向けて活動してきました。 http://www.ugokuugokasu.jp/index2.html

  • 一人の「動く」が、 世界を「動かす」をキャッチフレーズに 8年間の活動にピリオド
2009年3月5日に、 46名(28団体)の参加により、 「動く→動かす」が発足しました。
2000年にできたミレニアム開発目標(MDGs)の達成を目指し、 国際協力NGO80団体以上と連携し、 政策提言(アドボカシー)と啓発活動(キャンペーン)の2本柱で活動をしてきました。 これまで、 MDGs達成のために力を合わせてきた皆さまには、 多くの場面でご尽力いただき、 大変感謝しております。
http://www.ugokuugokasu.jp/whatwedo/index.html

簡単にこれまでを振り返ると・・・
  • 政策提言(アドボカシー)・・・

    「動く→動かす」は、 2009年の発足以降、 まずはミレニアム開発目標(MDGs)の達成に、 ついで2013年以降は、 MDGsにも力を入れつつ、 のちに「持続可能な開発目標」(SDGs)となる新たな目標を、 世界・日本の人々にとってより良いものにしていくために、 政策提言に尽力しました。 2011年の「東日本大震災」の際には、 「復興も世界の貧困の解消も」ということで、 皆で力を合わせて当時の菅政権が打ち出したODA1000億円削減方針に反対する運動をつくり、 削減幅を半分にとどめるという快挙も成し遂げました。 2013年以降のSDGs策定プロセスでは、 「ポスト2015NGOプラットフォーム」を発足させ、 政府のSDGs交渉官らと、 3年間で20回以上の対話を行い、 市民の意見を反映してきました。
★動画で分かるアドボカシーとは? https://www.youtube.com/watch?v=4V_yl5SEEnY&feature=youtu.be
 
  • 啓発活動(キャンペーン)・・・

    2000年にできた「ミレニアム開発目標(MDGs)」の達成を目指し、 現在では80団体が参加する大きなネットワーク団体に成長しました。 また、 2006年~2015年までの9年間で行った「STAND UP TAKE ACTION」キャンペーンでは、 日本全国延べ24万人が立ち上がり、 ムーブメントを作りました。 (ちなみに私(事務局:関澤)も大学生の時にゼミでやりました!)ご協力いただきました、 企業・学校・自治体・連合、 労組、 NGO/NPO…多くの皆さま、 ありがとうございました。 ( http://www.standup2015.jp/

     


「世界の貧困をなくしたい」という気持ちは、 日本でも多くの人々が抱いています。
また、 近年日本においても、 ホームレスや派遣切りといった貧困問題が大きな注目を集めています。 貧困を生み出す構造は世界でも日本でも変わりありません。 2009年、 政権交代と時を同じくして発足した「動く→動かす」は、 この歴史的転換点をひとつの契機とし、 日本全国の人々、 そして世界各国の市民社会と連携し、 貧困問題解決に取り組んできました。

本日、 2017年3月31日に幕を閉じました。

 

  • 2017年4月より、 SDGs市民社会ネットワーク(SDGsジャパン)として新たにスタート!
「誰ひとり取り残さない」をキャッチフレーズに、 国連加盟国193ヵ国が合意した世界目標(持続可能な開発目標:SDGs)の達成に向け、 2016年4月に「SDGs市民社会ネットワーク」を新たに立上げ、 2017年3月に一般社団法人を取得しました。
 

2015年9月の国連総会(193の加盟国)で、 持続可能な開発目標(SDGs)が採択され、 多くの方がご存知の通り、 MDGs時代とは異なり、 分野横断的な大きな目標 となりました。 日本も対象国となった今、 政策提言チームが働きかけた結果として、 2016年5月のG7伊勢志摩サミットをきっかけに、 安倍首相をTOPとした「SDGs推進本部」が設立しました。
2017年7月にニューヨークで開催されるSDGs進捗評価の最高機関「国連持続可能な開発ハイレベル政治フォーラム(HLPF)」では、 SDGsへの取り組み状況を発表する「自発的レビュー」に日本も手を挙げています。

これまで以上に活動領域を拡大し、 より一層多くの方々と国内問題と国際問題を結び付け、 グローバル全体での社会貢献に取り組めるよう、 日々活動をしていきたいと思います。
SDGs時代は、 市民社会全体が一つにまとまるチャンス だと捉えています。 情報交換やパートナーシップを組む上でもネットワークを有効活用していただければと思います。
SDGsジャパンをどうぞよろしくお願い致します!

★SDGsジャパンの情報発信ツール
・HP: http://www.sdgscampaign.net/
・Facebook: https://www.facebook.com/Letters.from.SDGs.Summit/
・Twitter:Twitter: https://twitter.com/ugokuugokasu
・Instagram:sdgs_csn(SDGs市民社会ネットワーク)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です