ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

アジアの農園で最高に美味しいコーヒーをつくるためのクラウドファンディング | LIGHT UP COFFEE

アジアの農園で最高に美味しいコーヒーをつくるためのクラウドファンディング | LIGHT UP COFFEE
LIGHT UP COFFEE(本店所在地:東京都武蔵野市吉祥寺本町4-13-15、 代表取締役:川野優馬)は、 アジアの農園で世界を驚かせるほど美味しいコーヒーを生産するためのクラウドファンディングと、 農家との共同生産の取り組みを開始しました。
LIGHT UP COFFEEは吉祥寺のスペシャルティコーヒー専門店です。 丁寧につくったコーヒーを農作物として扱い、 素材本来が持つ果実のような風味を大切に、 コーヒー豆とコーヒードリンクを販売しています。
この度LIGHT UP COFFEEは、 アジアの農園で最高に美味しいコーヒーをつくるためのクラウドファンディングをはじめました。
 

 

代表の川野が実際に農園まで足を運び、  農家と一緒に美味しいコーヒーの生産に取り組みます。
代表の川野が実際に農園まで足を運び、 農家と一緒に美味しいコーヒーの生産に取り組みます。



アジアのコーヒーと言えば、 練乳入りのコーヒーがあったり、 力強いワイルドなコーヒーがほとんど。 コーヒーの果実を収穫してから、 コーヒー豆になる種の部分を取り出し乾燥するまでの「精製」と呼ばれる後処理。 アジアでは設備も情報も少なく、 伝統に頼り昔ながらの方法でこの精製を行い続けてきました。 ただ、 この精製は風味の心地よさを決めるために最も重要な工程です。 この精製をアジアでも突き詰めることで、 透明感にあふれ、 みずみずしく、 果実のように華やかな、 素晴らしい風味のコーヒーが生産できると考えています。
 

これがコーヒーチェリーと呼ばれる果実。  この種の部分がコーヒー豆になるんです。
これがコーヒーチェリーと呼ばれる果実。 この種の部分がコーヒー豆になるんです。


実際に美味しくつくったコーヒー豆自体もリターンとして用意しています。 アジアのポテンシャル溢れるコーヒーをぜひ味わってみてください。


【クラウドファンディング詳細】

「アジアの農園で最高に美味しいコーヒーをつくりたい!」

期間:4月28日(金)18:00まで
利用サービス:Makuake
URL: https://www.makuake.com/project/lightupcoffee/

プロジェクトの詳細は上記URLよりどうぞ。
 




【LIGHT UP COFFEEとは】

LIIGHT UP COFFEEは「コーヒーで人々の生活を明るく照らす」をコンセプトに、 吉祥寺からスペシャリティコーヒーの魅力を発信する自家焙煎コーヒーショップ。 農作物としてコーヒーを扱い、 産地や作り手ごとの鮮やかな違いや、 素材本来の味を楽しむ、 新しいコーヒー文化を広めています。 また日々もっと美味しいコーヒーを作りたい、 という人向けに抽出セミナーや焙煎ワークショップを行っているほか、 バリスタスクールなども開催。 WEBSHOPよりコーヒー豆やオリジナルグッズの販売も行っています。
 

LIGHT UP COFFEEは2014年7月からオープンする吉祥寺の自家焙煎コーヒーショップ。
LIGHT UP COFFEEは2014年7月からオープンする吉祥寺の自家焙煎コーヒーショップ。

代表の川野はラテアートの全国大会でも優勝。  今はコーヒー農園で実際に生産から取り組み、  美味しいコーヒーを広めることに注力しています。
代表の川野はラテアートの全国大会でも優勝。 今はコーヒー農園で実際に生産から取り組み、 美味しいコーヒーを広めることに注力しています。


 2016年10月には京都・出町柳にも2号店がオープン。 多くの雑誌やWEB媒体、 書籍などに掲載されているほか、 オーナーの川野と相原がNHK「U-29」に取り上げられるなど、 現在注目のコーヒーショップです。


LIGHT UP COFFEE: http://lightupcoffee.com
LIGHT UP COFFEE WEBSHOP: https://lightup.stores.jp
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です