ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

東武トップツアーズ株式会社から、カンボジア SALASUSU工房見学ツアー「作り手に会いに行く旅をしよう」2019年4月17日より販売開始

東武トップツアーズ株式会社から、カンボジア SALASUSU工房見学ツアー「作り手に会いに行く旅をしよう」2019年4月17日より販売開始
シェムリアップ空港発着 カンボジア現地SALASUSU工房を訪れる旅3日間・4日間
買い物を通じて作り手も買い手も豊かにする カンボジア発サスティナブルブランド「サラスースー」のカンボジアのシェムリアップにある自社工房見学と世界遺産アンコールワットなどを日本語のガイドがご一緒する現地発のプランとなります。

  

ライフジャーニー(人生と旅しよう)をテーマに旅先でも、 日常にも寄り添えるバックを中心に作るカンボジア発のサスティナブルブランド「SALASUSU( サラスースー)」(渋谷区広尾  共同代表 横山優里) https://salasusu.com/ がカンボジアの工房に訪問できるツアープランの販売を、 サスティナブルな活動を推進する企業/団体を応援している、 東武トップツアーズ株式会社(墨田区押上 代表取締役社長 坂巻伸昭) http://www.tobutoptours.co.jp/ にて、 2019年4月17日より開始いたします。 今回のツアー販売は、 世界的な活動である、 持続可能な開発目標 SDGs(エスディージーズ)の取り組みの一つであり、 サラスースーと東武トップツアーズの初のコラボレーションツアーとなります。

 

「作り手に会いに行く旅」予約ページURL
シェムリアップ空港発着 カンボジア現地SALASUSU工房を訪れる旅3日間・4日間

https://tobutoptours.jp/shop/3895/SALASUSU/
 

 


工房では、 作り手の女性たちが一つ一つ丁寧にバッグを仕立てているものづくりの様子を見学するだけでなく、 作り手の女性たちとともに工房ご訪問者に人気のヤシの葉を使った小物入れづくり体験の他、 オプションとして働く女性が暮らす家に訪問し、 農村での暮らしに触れるプランをご用意しております。 合わせて、 経済発展著しいシェムリアップ市内観光の
ほか、 世界遺産のアンコールワットなどの遺跡見学もできるカンボジアを満喫できる3日間です。



<サラスースーの工房ツアー参加者の声>
〇工房でバックを作るカンボジアの女性たちの溢れる笑顔をみて、 「本当の幸せってなんだろう?」と考えさせられました。 (日本人・女性 30代)
〇行く前は、 内戦や貧困というワードが強くて先入観があったけれど、 色鮮やかな植物や、 美味しい食べ物がたくさんあり農村部の暮らしはとても豊かでした。 (日本人・男性 20代)

とにかく可愛いんです!作っている人も環境も。 Happyな気分に終始されっぱなしでした。
(日本人・女性 20代)
 

 

カンボジア SALASUSU工房見学ツアー概要

■出発日:    2019年4月1日~同年9月30日
■内 容:    
・カンボジア・シェムリアップ国際空港発着
・アンコール遺跡観光
・SALASUSU工場見学・製作体験 を含む2泊3日または3泊4日の現地ツアー
■旅行代金:   おひとり様40,000円~
(現地2泊3日、 2名1室利用、 航空機代金別途)
■最小催行人員: 各出発日とも大人2名様
■詳細ページ    https://tobutoptours.jp/shop/3895/SALASUSU/
■ツアーのお申込み・お問合せ先:
東武トップツアーズ池袋アップルロード支店 TEL:03-5992-3841
月~金<11:00~20:00>、 土・日曜・祝日<11:00~19:00>
 

 

SALASUSUとは
SALA(サラ)=学校、 SUSU(スースー)=頑張ってね [クメール語]

カンボジアのシェムリアップから35kmほど離れたクチャ村にあるSALASUSUの工房 兼 学校。

2008年に創設、 現在11年目を迎えた工房では、 経済的に困難な背景をもつ女性たち65名ほどが雇用され働いています。


働くことで安定した収入を得るとともに、 女性たちがものづくりを通じて仕事への誇りや自信、 コミュニケーション、 職業倫理を学ぶ機会となり、 学校のような場でもあります。 品質の良いものづくりをすることで、 社会に価値を提供する「Producer」に成長し、 本当の意味での自立ができるよう支援しています。 カンボジアのシェムリアップから35kmほど離れたクチャ村にあるSALASUSUの工房 兼 学校。 2008年に創設、 現在11年目を迎えた工房では、 経済的に困難な背景をもつ女性たち65名ほどが雇用され働いています。


▼本リリースの関連画像を以下にございます。


特定非営利活動法人SALASUSU(サラスースー)
https://salasusu.com/

共同代表:青木健太、 横山優里
所在地:日本 (本部:東京・広尾)、 カンボジア/シェムリアップ
事業内容:エシカルファッションブランドSALASUSUの生産・販売ライフスキル教育を雇用を通じ提供する学校運営企業・官公庁へのライフスキル研修の提供。

 

Instagram @salasusu

facebook salasusufromcambodia

▼関連画像はこちらよりダウンロードお願いいたします。

ご活用ください。
https://drive.google.com/drive/u/6/folders/1Gh4rG4gWlfzVYIRzk-m1IJndRW53A9GB

【本件に関する報道関係の方からのお問い合わせ先】
特定非営利活動法人SALASUSU    横山優里
Mail  info@salasusu.com

 

 

 

 

 

プレスリリース素材ダウンロード

https://prtimes.jp/im/action.php?run=html&page=releaseimage&company_id=38405&release_id=10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です