ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

MTV、尾崎裕哉のワンマンライブの模様を独占放送!「MTV LIVE: 尾崎裕哉 -LET FREEDOM RING TOUR 2017-」

MTV、尾崎裕哉のワンマンライブの模様を独占放送!「MTV LIVE: 尾崎裕哉 -LET FREEDOM RING TOUR 2017-」
『サムデイ・スマイル』『始まりの街』『I LOVE YOU』等を熱唱~真摯な歌声と等身大の楽曲から見えた、無限の可能性~
MTVは、 尾崎裕哉の全国ツアー「HIROYA OZAKI "LET FREEDOM RING TOUR 2017"」より、 3月11日に六本木EX THEATERで行った東京公演の模様を独占放送いたします。

デジタルネイティブ世代のバイリンガル、 コンテンポラリー・シンガーソングライター、 尾崎裕哉。 10年間にわたるボストン滞在中に、 歌唱力を磨きながらギターとソングライティングを取得。 帰国後、 ラジオのナビゲーターなどの活動を経て、 2016年にデジタルファーストシングル「始まりの街」をリリース。 今年3月には、 初のフィジカルCD作品となる1st EP「LET FREEDOM RING」を引っ提げた全国ツアー「HIROYA OZAKI "LET FREEDOM RING TOUR 2017"」を開催し、 ファンに類稀なる歌声を届けました。

ライブは、 オリジナル曲「Road」でスタート。 力強い歌声に乗せたまっすぐなメッセージは、 早くもオーディエンスの心をつかみます。 その後、 「愛か恋なんてどうでもいいや」「With You」など、 アップテンポなナンバーからバラードまでと、 シンガーソングライターとしての振り幅を見せました。

更に父・尾崎豊の「Forget-me-not」「I LOVE YOU」「僕が僕であるために」を誠実に、 そしてエモーショナルに歌い上げます。 その姿は父を彷彿させながらも、 尾崎裕哉の存在感と際立った歌声を再確認させるものでした。 終盤は「LET FREEDOM RING」に収録された「27」と「サムデイ・スマイル」を披露、 飾らない歌詞と温かい歌声で会場は一体感に包まれます。 アンコールの「始まりの街」では、 マイクなしのアカペラで歌う演出もあり、 穏やかな雰囲気でライブは終了しました。

MTVは、 このライブの模様を1時間にわたり放送します。

 

オンエア楽曲
1.     Road
2.     愛か恋なんてどうでもいいや
3.     Forget-me-not
4.     With You
5.     I LOVE YOU
6.     Stay by my Side
7.     僕が僕であるために
8.     27
9.     サムデイ・スマイル
10.   始まりの街

放送スケジュール
MTV(CS323/プレミアムサービス640)
5月6日(土)22:00-23:00(初回放送)、 5月21日(日)20:00-21:00(再放送)
5月26日(金)23:00-24:00

 

 

【尾崎裕哉】

デジタルネイティブ世代のバイリンガル、 コンテンポラリー・シンガーソングライター。 1989年、 東京生まれ。 2歳の時、 父・尾崎豊が死去。 母と共にアメリカに渡り、 15歳までの10年間を米国ボストンで過ごす。 米国ではレッド・ツェッペリンやグリーンデイなど、 60s~90sのロック&ブルーズから幅広く影響を受ける。 もっとも敬愛するアーティストはジョン・メイヤー。 同時に、 父親が遺した音源を幼少期から繰り返し聴き続けて歌唱力を磨き、 ギターとソングライティングを習得。 帰国後、 バンド活動を開始。 ライヴハウスなど現場で、 ライヴパフォーマンスの経験を重ねながら、 ボストンのバークリー音楽大学の短期プログラムへ参加するなどし、 音楽スキルをレベルアップ。 米国で経験したホームレス支援活動や、 国際NGO『ルーム・トゥ・リード(RTR)』創設者兼共同理事長のジョン・ウッド氏の活動に触れたことがきっかけとなり、 社会起業家を目指すべく慶應義塾大学へと進学する。 大学時代は、 学業の傍ら、 楽曲制作とライブの経験を積み重ねながら、 2010年からInterFMで、 洋楽紹介番組『CONCERNED GENERATION』、 13年から15年まで『Between the Lines』のナビゲイターを務める。 慶応の大学院に進学し、 音楽家の雇用創出を促す新しいコンサートビジネスを研究し、 それを支えるベイズ推論に基づいた機械学習の仕組みの提案。 2016年に、 自伝『二世』(新潮社)を出版し、 アーティスト「尾崎裕哉」としては初の音源となるDigital 1st Single『始まりの街』をリリース。 そして、 生放送のTBS特番『音楽の日』でテレビ初生出演を果たし、 瞬間最高視聴率を記録。 SNS にはコメントの投稿が殺到し、 検索ワード、 話題のトピックでは軒並み上位にランクインするなど、 大反響を巻き起こす。 2017年3月、 初のフィジカルCD作品『LET FREEDOM RING』をリリース(日本語訳は『自由の鐘を鳴らせ』)。 これは、 彼が尊敬してやまないマーチンルーサーキング牧師の、 「解放」をテーマとしたスピーチからインスピレーションを受けたもの。 また、 これまで書きためたオリジナルソングを中心に、 《HIROYA OZAKI "LET FREEDOM RING TOUR 2017"》と題した初ツアーを開催し、 大成功を収める。 「父が成し遂げられなかったことを果たしたい」という思いを胸に、 遂に本格デビューを果たした彼から目が離せない。


◆MTV 公式サイト  http://www.mtvjapan.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です