ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

これが、世界クオリティ!「4Stars 2017」最強メンバー4人目ついに発表!

これが、世界クオリティ!「4Stars 2017」最強メンバー4人目ついに発表!
ミュージカルの醍醐味・魅力を余すところなく構成演出し大好評を得た2013年の「4Stars」。
あれから4年−−−。 世界最高レベルのコンサートとしてその第2弾「4Stars 2017」が開催される。


すでに発表されているメンバーは、 初来日となるパティーナ・ミラー、 アメリカ随一のミュージカル俳優ラミン・カリムルー、 今や日本のミュージカル界を背負って立つ城田優の3人。 そしてついに4人目のStarは、 ラミン・カリムルー、 城田優とともに2013年の「4Stars」に出演し、 日本でも絶大な人気を誇るミュージカルスター、 シエラ・ボーゲスが出演すると発表された!
すでに発表されているメンバーがあまりに豪華で、 ともにステージに立つキャストに注目が集まる中、 誰もが納得のStarの参加に期待が募る。 これで「4Stars」が出揃い、 まさに「これが、 世界クオリティ」と自信を持って最上級の歌声を披露してくれることだろう。

そして、 この4Starsから、 再会・初共演など期待に満ち溢れたコメントが寄せられている。

【出演者】(アルファベット順 alphabetical) 

  <パティーナ・ミラー  Patina Miller>

Patina Miller
Patina Miller

「日本に行くのは今回が初めてなので、 本当に楽しみにしています。 皆さんにお会いできる日が待ち遠しいです!この4Stars 2017ではきっと他の3名のキャストと素晴らしいコラボレーションができると思います。 お楽しみに!」

2009年「シスター・アクト(天使にラブソングを)」ロンドン公演オリジナルキャストとしてデロリス役で脚光をあび、 オリヴィエ賞の最優秀女優賞にノミネートされる。 同作品ブロードウェイ公演でもデロリス役を演じ、 ブロードウェイデビューを飾ると同時にトニー賞の最優秀女優賞、 ドラマ・リーグ賞、 ドラマ・デスク賞ほか、 数々の栄誉ある賞にノミネート。 2013年には「ピピン」(ブロードウェイ)のリーディング・プレイヤー役として、 ボブ・フォッシーのスタイルを踏襲した刺激的なダンスで大好評を博し、 第67回トニー賞の最優秀女優賞を受賞。
近年では映像でも活躍。 映画「ハンガー・ゲーム FINAL: レジスタンス」、 「ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション」のほか、 ドラマ「マダム・セクレタリー」にはシーズン1よりメインキャストの一人として出演。 現在シーズン3が絶賛放映中である。 今回が待望の初来日となる。

<ラミン・カリムルー Ramin Karimloo>

Ramin Karimloo
Ramin Karimloo

「さらにパワーアップした今回の4Stars 2017 をぜひ楽しみにしていてください。 今回もここでしか観れない様々なコラボレーションで皆さんを魅了します。 4つの星たちが、 輝きを増して戻ってきます!(4Stars, Shining Brighter!)」

「レ・ミゼラブル」(ジャン・バルジャン)、 「オペラ座の怪人」(ファントム)、 「ラブ・ネバー・ダイズ(オペラ座の怪人2)」(ファントム)、 「ミス・サイゴン」など数々のミュージカル作品に出演。 その才能と歌声はロンドンミュージカル界の巨匠アンドリュー・ロイド・ウェバーにも愛され「オペラ座の怪人25周年記念公演」では、 ファントム役を演じた。
日本でも「4Stars」「プリンス・オブ・ブロードウェイ」「アイ・ラブ・ミュージカルズ」のほか、 2016年12月には初のソロミュージカルコンサート「ラミン・ミュージカル・コンサート」を上演し、 多くのファンに迎えられた。 2016年秋は「マーダー・バラッド」のロンドン公演に出演。 2017年3月よりブロードウェイで好評を博している新作ミュージカル「アナスタシア」に出演中。

<シエラ・ボーゲス Sierra Boggess>

Sierra Boggess
Sierra Boggess

 

「皆さん、 今年12月の4Stars2017をぜひ観にいらしてください!皆さんの前でまた歌えることをとても楽しみにしていますし、 また日本に行けることも嬉しいです。 日本の皆さんと過ごす時間は、 いつも私にとってとても特別で大切なひとときです。 待ちきれません!」

出演作は、 ロンドン「レ・ミゼラブル」ファンテーヌ役、 ミュージカル「オペラ座の怪人25周年記念公演」(ロイヤル・アルバート・ホール)、 テレンス・マクナリー「マスタークラス」(ブロードウェイ)など。 また、 「ラブ・ネバー・ダイズ(オペラ座の怪人2)」(ウエスト・エンド)で演じたクリスティーヌ役で、 2011年オリヴィエ賞の主演女優賞にノミネートされた。 また、 ディズニー・ミュージカル「リトル・マーメイド」のアリエル役(ドラマ・ディスク賞、 ドラマ・リーグ賞ノミネート、 ブロードウェイ・ドット・コム・ブレイクスルー・パフォーマンス賞)、 ラスベガス公演「オペラ座の怪人」、 「レ・ミゼラブル」USツアーなどに出演。
日本では「4Stars」「アイ・ラブ・ミュージカルズ」等に出演。 直近では2017年4月に「シエラ・ボーゲス・ミュージカル・コンサート」「ミュージカル・ミーツ・シンフォニー2017」のため来日。

 <城田優 Yu Shirota>

Yu Shirota
Yu Shirota

「文字通り、 世界トップクラスの歌唱力、 表現力を兼ね備えた御三方との共演。 前回、 劇場に足を運んで下さった方々は言わずもがな、 ミュージカル、 歌が好きな方々は絶対に見逃せないショーです。 日本のステージで、 この方達と共に歌えることを、 表現者として、 時に一人のミュージカルファンとして、 心から幸せに思いつつ、 楽しみたいと思います。 2度と観られないこの奇跡の競演を、 お見逃しなく。 どうぞ感情全開で、 盛り上がって下さいね!」

1985年12月26日生まれ 東京都出身。
2003年に俳優デビュー以降、 ドラマ、 映画、 舞台など幅広いジャンルで活躍。 ドラマでは『ROOKIES』『天地人』『SPEC』『GTO』『純と愛』『表参道高校合唱部!』『勇者ヨシヒコと導かれし七人』などに出演。 映画では『今度は愛妻家』『荒川アンダーザブリッジ』『明烏』に出演。 2017年には『亜人』の公開が控える。
舞台では2010年にミュージカル『エリザベート』で最年少でトート役を演じ、 第65回文化庁芸術祭「演劇部門」新人賞を受賞。 その後2015年と2016年もトート役を演じ、 2015年には第6回岩谷時子賞 奨励賞、 2016年には第23回読売演劇大賞 優秀男優賞を受賞。
また、 演じるだけでなく2016年にはミュージカル『アップル・ツリー』で初めて演出を手掛けた。 2018年にはミュージカル『ブロードウェイと銃弾』の出演が控える。 4Starsには初演の2013年に続いて2回目の出演となる。
公私ともにラミン・シエラとも親交がある。



【クリエイター】
演出家:サラナ・ラパイン Sarna Lapine

Photo by Sofia Colvin
Photo by Sofia Colvin

ブロードウェイで現在注目されている新進気鋭の演出家。
2005年よりトニー賞受賞演出家バートレット・シャーのもとで経験を積み、 演出補としてニューヨークのリンカーン・センター・シアターにて数々の作品を手掛ける。 2012年、 ロンドンのナショナル・シアター主催「ウォー・ホース(戦火の馬)」の演出補として北米ツアーと、 2014年の同作日本ツアーを手掛ける。
2016年秋「ブロードウェイの伝説」と呼ばれ多くのヒット作を生み出してきたスティーブン・ソンドハイムによるピューリッツァー賞受賞作「サンディ・イン・ザ・パーク・ウィズ・ジョージ」のコンサート版をニューヨークシティセンターにて演出。 2017年2月、 同作品にて演出家としてブロードウェイデビューを飾り、 大好評を博す。


【公演概要】

演出 サラナ・ラパイン Sarna Lapine

出演 (アルファベット順 alphabetical)
パティーナ・ミラー Patina Miller
ラミン・カリムルー Ramin Karimloo
シエラ・ボーゲス  Sierra Boggess  
城田優 Yu Shirota

●公演スケジュール
【大阪公演】2017年12月14日(木)~12月17日(日)梅田芸術劇場 メインホール
【東京公演】2017年12月20日(水)~12月28日(木)東京国際フォーラム ホールC

●一般発売(東京・大阪) 9月16日(土)

●お問い合わせ(10:00~18:00)
梅田芸術劇場【東京】0570-077-039 【大阪】06-6377-3800

◆公式HP  http://4stars2017.com  ◆公式ツイッター @4Stars_2017  ◆公式インスタグラム @4Stars_2017

【東京公演主催】キョードー東京・テレビ朝日・ワタナベエンターテインメント・梅田芸術劇場
【大阪公演主催】朝日放送・ワタナベエンターテインメント・梅田芸術劇場
【企画・制作】 梅田芸術劇場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です