ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

小田急は、スポーツの“チカラ”で沿線まちづくりを推進!“歩く”がテーマのスポーツエンターテインメントアプリ「ARUCLUB」サービスイン

小田急は、スポーツの“チカラ”で沿線まちづくりを推進!“歩く”がテーマのスポーツエンターテインメントアプリ「ARUCLUB」サービスイン
~第一弾は、町田市の地域活性化や社会課題の解決~
小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区 社長:星野 晃司)は、 沿線の地域活性化や社会課題解決を通じたまちづくりの推進を目的に、 “歩く”をテーマとしたスポーツエンターテインメントアプリ「ARUCLUB(アルクラブ)」を開発し、 2019年9月18日(水)、 サービスイン第一弾として、 「ARUCLUB MACHIDA」の提供を開始します。

アプリ画面イメージ
アプリ画面イメージ

小田急グループでは、 スポーツが本来持つ「交流・愛着・健康・教育・ダイバーシティ」といった多面的な価値の最大化により、 沿線地域の持続的なまちづくりに貢献する「スポーツ共創戦略」を推進しています。 本アプリの導入により、 “歩く”という人間の根源的な日常動作に“エンターテインメント”を加えることで、 歩く楽しさと地域コミュニティの形成・発展を目指します。
ユーザーは、 特定日における指定エリア内の歩数に応じてさまざまな特典を得られます。 また、 所定の目標歩数を全ユーザーで共有し、 歩数合計が目標に達成した際に、 ユーザー同士で歓びを共有できるようなイベントやサービスが実現します。 (後者を「ウォークファンド」と呼びます。 )

サービスイン第一弾の「ARUCLUB MACHIDA」は、 当社がトップパートナーとして応援しているサッカークラブ『FC町田ゼルビア(株式会社ゼルビア、 本社:東京都町田市 社長:大友 健寿)』と協働し運用するものです。
FC町田ゼルビアのホームゲーム開催日に、 試合会場の最寄り駅である小田急線鶴川駅から、 ホームスタジアム「町田市立陸上競技場」まで歩いたアプリユーザーの歩数に応じて、 スタジアム内でご利用いただけるクーポン券や、 オリジナルTシャツなどをプレゼントします。 また、 ウォークファンドとして、 特急ロマンスカー「ゼルビア号(仮称)」の運行を企画しています。
歩いて試合会場に向かうお客さまを増やすことで、 アプリユーザー同士の新たな交流機会や、 まちの魅力を再発見する機会を創出するだけでなく、 健康も増進します。 また、 町田市が抱える課題の1つである鶴川駅前の交通渋滞の緩和に加え、 CO2排出量削減など、 社会課題の解決へ向けたアプローチから地域活性化を図ります。

2020年度以降は、 スポーツクラブや沿線のさまざまなパートナーとの協働を通じて「思わず歩きたくなる小田急沿線」を目指し、 本アプリのサービスエリアを拡大していきます。

アプリ画面イメージ
アプリ画面イメージ

 

スポーツエンターテインメントアプリ「ARUCLUB」の概要は下記のとおりです。



1 名称 
「ARUCLUB(アルクラブ)」

2 サービス開始 
2019年9月18日(水)

3 利用料 
無料(アプリ内課金なし)

4 対応OS  
2019年8月現在の最新版及び一世代前のiOS、 Androidのスマートフォン

5 「ARUCLUB MACHIDA」について
(1)ホームゲーム開催日のサービス
FC町田ゼルビアの、 2019シーズンのホームゲーム開催日(※)に、 アプリを使用して小田急線鶴川駅からホームスタジアム「町田市立陸上競技場」まで歩いて向かう道中にカウントされた歩数に応じて、 以下のサービスを提供します。 (指定エリア内に限る)
1.クーポン券
各ホームゲーム開催日において、 道中4,000歩を達成したユーザーに、 ホームスタジアム内で使用可能な500円クーポン券をプレゼントします。
2.オリジナルTシャツ
ホームゲーム開催日のうち計3日間で、 道中4,000歩を達成すると、 「ARUCLUB」オリジナルTシャツ(数量限定)をプレゼントします。
3.お楽しみカード
道中の歩数に応じて、 FC町田ゼルビアや町田市の観光に関する情報が書かれた全40種類のカードがアプリ上に表示されます。 まち歩きを楽しみながらチームや地域について知ることができます。
※ホームゲーム開催日
9月22日(日)対横浜FC戦
9月29日(日)対FC琉球戦
10月13日(日)対鹿児島ユナイテッドFC戦
10月27日(日)対FC岐阜戦
11月10日(日)対レノファ山口FC戦
11月16日(土)対柏レイソル戦

(2)ウォークファンドによるサービス
エリアやFC町田ゼルビアのホームゲーム開催日によらず、 アプリがカウントする日々の全ユーザーの合計歩数が所定の目標歩数を達成した際に、 ユーザー同士で歓びを共有できるようなイベントやサービスが実現します。
サービス第一弾として、 FC町田ゼルビアのホーム最終戦終了までに1,000万歩を達成した際に、 特急ロマンスカー「ゼルビア号(仮称)」の運行を予定しています。
※詳細は、 運行が決定次第お知らせします
 
【参考1】アプリ説明会の開催
サービス開始後、 最初のホームゲーム開催日となる9月22日(日)には、 FC町田ゼルビアが主催する徒歩企画“男気コース!!”と協働し、 参加するサポーター向けのアプリ説明会を開催します。
日時:9月22日(日)12時00分
会場:鶴川駅前やすらぎ公園

【参考2】スポーツ共創戦略について
小田急グループが、 社会やお客さまへ価値を提供していきたい分野などを示す未来フィールドの1つ「くらし×楽しさ」が目指す価値の実現に向けて策定した戦略。 中期経営計画においても重要な施策として位置づけており、 基本方針を、 従来の協賛や広告宣伝に留まらず、 さまざまなスポーツパートナーと共に、 スポーツの多面的な力を用いて、 地域に新しい価値を創り出すこととし、 社会課題の解決や持続的な沿線活性化を実現する具体的施策を検討・実施していくものです。

以 上
 

プレスリリース素材ダウンロード

https://prtimes.jp/im/action.php?run=html&page=releaseimage&company_id=12974&release_id=615

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です