ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

味噌煮込み、ういろう、名古屋コーヒー!名古屋を見て・聞いて・体験する「まちなか寺子屋」全20講座、9月18日(水)よりチケット販売開始。

味噌煮込み、ういろう、名古屋コーヒー!名古屋を見て・聞いて・体験する「まちなか寺子屋」全20講座、9月18日(水)よりチケット販売開始。
「名古屋の山車と祭礼」「名古屋と遊郭文化」「名古屋城図の読み方」など名古屋を学ぶ講座も!
やっとかめ文化祭実行委員会(主催:名古屋市他 実行委員長:月東靖詞)は、 10月26日(土)から名古屋の魅力を一堂に集めた都市文化の祭典「やっとかめ文化祭」を開催します。 まちを教科書に学ぶ「まちなか寺子屋」や「まち歩きなごや」、 狂言のストリートライブ「辻狂言」、 有名料亭での「お座敷ライブ」など80を超える多彩なプログラムを11月18日(日)までの期間実施。 「まちなか寺子屋」のチケットを、 9月18日(水)より販売開始する。

 

やっとかめ文化祭が開催される10月26日(土)から11月17日(日)までの3週間、 まち中で様々な体験ができる学びの場が全20講座開催されます。 ものづくり、 食べ物、 芸能などテーマは幅広く、 大人も子どももみんなが寺子屋で一緒に学ぶことができます。 「深く知るともっと楽しくなる」を経験ください。
 

  • 楽しみ方~その1 名古屋の食文化を楽しむ

名古屋の食文化の代表格には、 きしめん、 赤味噌、 手羽先、 和菓子や喫茶文化など挙げたらきりがないくらい様々にあります。 まちなか寺子屋では、 いろんな角度から名古屋の食を楽しむことができます。 (写真は、 「和菓子づくり体験」(2018年度開催)より)

名古屋の麺食文化 ~学んで、 食べる「味噌煮込うどん」~


名古屋グルメの王道、 味噌煮込うどん。 麺の打ち方から一般的なうどんとはまったく違い、 こだわり抜かれています!名古屋の味噌煮込みうどんの有名店「山本屋本店」の工場で“日本一ビッグサイズのうどん手打ち”を見学し、 大門本店にて実食します。

日時:10/27(日)10:00~13:00
場所:山本屋本店 工場 名古屋市中村区野田中深33-2
講師: 大竹敏之(フリーライター) 岩井伸泰工場長(山本屋本店)
https://yattokame.jp/2019/terakoya/324.html


ういろうトークと和菓子づくり体験


近年、 全国からも注目される名古屋の和菓子。 ういろうの特徴を、 百貨店和菓子バイヤーと名古屋和菓子屋の若旦那に解説していただきながら実食します。 ぜひ、 蒸したてのういろうを召し上がりください。

日時:11/10(日)14:00~16:00
場所:愛知県菓子会館 名古屋市西区新道2-15-17
講師:畑主税(高島屋全店和菓子バイヤー) 名古屋生菓子組合青年会のみなさん
https://yattokame.jp/2019/terakoya/268.html



名古屋コーヒー学


名古屋の喫茶店文化を支えてきたのは、 なんといってもコーヒー豆の卸企業が多く存在したから。 大正8年にコーヒー豆を販売していた老舗企業で、 名古屋のコーヒーの歴史と文化を学ぶ。 後半は、 名古屋発祥の抽出法を実際に体験して、 その場で味わいながら、 名古屋独自のコーヒーについて考察します。

日時:11/4(月・祝)14:00~16:00
場所:松屋コーヒー本店 名古屋市中区大須3-31-9
講師:松下和義(松屋コーヒー本店) 鳥目散帰山人(日本珈琲狂会)
https://yattokame.jp/2019/terakoya/299.html

 
  • 楽しみ方~その2 名古屋の歴史を紐解く


名古屋のまちの文化や歴史を様々な角度から、 まちなか寺子屋で学ぶことができます。 (写真は、 「名古屋スポーツスタジアムの歴史」(2018年度開催)より)

なごやものづくり文化の結晶 名古屋の山車と祭礼


台地の上に開かれた新しいマチ「名古屋」。 その城下では新しい祭り、 山車と警固の祭りがはじめられた。 藩主から庶民まで城下をあげて山車祭りに熱狂した。 名古屋の山車祭りの歴史をご紹介しながら、 中村区の花車神明社祭、 二福神車を実際に現地で見学する。

日時:11/4(月・祝)13:30~16:00
場所:名古屋学院大学 丸の内サテライト(名古屋市中区丸の内1-17-19 キリックス丸の内ビル7階)
講師:纐纈 茂(名古屋市教育委員会 文化財保護室 学芸員)
https://yattokame.jp/2019/terakoya/302.html


名古屋と遊郭文化


名古屋市都市景観重要建築物に指定されるなど、 貴重なたたずまいを見せる遊郭跡「旧松岡旅館」。 この場所を会場にして、 名古屋のまちが受け入れ、 栄えた特異な文化や慣習を紐解く。

日時:10/26(土)15:00~16:30
場所:松岡健遊館本店(旧松岡旅館) 名古屋市中村区寿町25
講師:渡辺豪(遊廓専門書店カストリ書房店主・遊廓家)
https://yattokame.jp/2019/terakoya/327.html




名古屋城下図の読み方


江戸時代の名古屋のまちの変遷を城下図から探索。 名古屋城下図を丹念に読み込んでいくと、 いろんなことが見えてくる。 古文書の記録と対照して、 時間と地理空間がリンクした歴史の世界を見よう。

日時:11/10(日)15:00~16:30
場所:勝鬘寺 名古屋市中区栄3-33-10
講師:松村冬樹(元 名古屋市蓬左文庫 調査研究員)

https://yattokame.jp/2019/terakoya/263.html


 
  • チケットの取り扱いについて
チケットは、 「チケットぴあ」での販売になります。 (チケットぴあ:0570-02-9999)
お近くのセブンイレブンでも、 直接お買い求めいただけます。 購入の際、 それぞれの公演についているPコードが必要になります。

 
  • 最後に
全20講座をお届けする「まちなか寺子屋」。 上記に挙げたのは楽しみ方の一例にすぎません。 まちなか寺子屋ならではの機会がたくさんあります。 ご自身の知識を深めるだけではなく、 まちなか寺子屋の開講を機に、 名古屋のことを学びませんか?


やっとかめ文化祭とは

公式ホームページ: http://yattokame.jp

2013年よりスタートし、 今年で7年目を迎える「やっとかめ文化祭」は、 長い歴史の中で育まれてきた名古屋の魅力を一堂に集めた、 都市文化の祭典。 名古屋市内各所を会場に、 狂言のストリートライブ「辻狂言」、 有名料亭での「お座敷ライブ」、 街を教科書に学ぶ「まちなか寺子屋」や「まち歩きなごや」など、 80を超える多彩なプログラムが開催される。 尾張徳川家のもとで優れた文化を育んできた「歴史」と「文化」が息づく都市をやっとかめ文化祭を通じて、 感じてみてはいかがだろうか。 今年は、 10月26日(土)から、 11月17日(日)までの開催。

プレスリリース素材ダウンロード

https://prtimes.jp/im/action.php?run=html&page=releaseimage&company_id=11104&release_id=6

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です