ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

TimeTree「Mizuho Innovation Award」を受賞

TimeTree「Mizuho Innovation Award」を受賞
全世界1,700万登録ユーザーのカレンダーシェアアプリ提供
スマートフォン向けカレンダーシェアアプリ「TimeTree(タイムツリー)」を提供する、 株式会社TimeTree(本社:東京都新宿区、 代表取締役:深川 泰斗)は、 株式会社みずほ銀行(本社:東京都千代田区、 取締役頭取:藤原 弘治)が有望なイノベーション企業を表彰する「Mizuho Innovation Award 2019 2Q」を受賞しましたことをお知らせいたします。
Mizuho Innovation Award 」とは
みずほ銀行がイノベーション企業の成長支援を目的に、 四半期ごとに、 ビジネスモデルの優位性、 チーム力、 成長可能性などを評価の軸として対象企業を選定し、 表彰するアワードです。


受賞理由について (みずほ銀行コメント)
以下の3点が高く評価されました。
プロダクト
 ・URLだけで簡単に予定共有が出来ること
 ・全世界に1,700万を超えるユーザーを保有していること
ビジネスモデル
 ・予定情報をターゲティングとした広告出稿が可能なこと
経営チーム
 ・Yahoo! JAPAN、 KAKAO JAPAN出身の優秀なメンバーが在籍していること

今後の展望について
TimeTreeはこれまで「カレンダーのシェア」という 新しい 形の 予定管理・コミュニケーション方法 を提案してきました結果、 おかげさまで 登録ユーザー 数が 全世界で 1,700万 を超える までに至りました。 今後は、 ユーザー自身が予定を入力して管理するだけではなく、 それぞれにフィットした情報に出会い、 行動を選択できる マッチング・プラットフォーム となることを目指しております。 またビジネスオーナーやコンテンツオーナーにとりましては、 未来の 情報をユーザーに提案できる 場所 としてご活用できるようになります。

具体的には、 下記のような機能群の開発・普及促進に努めてまいります。
・予定情報を元にターゲティング可能な広告 配信プラットフォーム TimeTree Ads」
TimeTree 外部から予定の入力や呼び出しを可能にする「 TimeTree API」


株式会社 TimeTree について
株式会社TimeTreeは2015年3月24日より、 iOS/Android、 Web対応のカレンダーシェアアプリ「TimeTree(タイムツリー)」を提供しております。

社名:株式会社TimeTree(英語表記:TimeTree, Inc.)
代表取締役:深川泰斗
設立:2014年9月1日
所在地:160-0023 
東京都新宿区西新宿6-6-3
新宿国際ビルディング新館503

<公式サイト>
https://timetreeapp.com/intl/ja/

カレンダーシェアアプリ「 TimeTree 」について
家族や恋人、 サークルや仕事のチームでの予定共有が簡単にできることが特徴で、 相手と目的に応じて複数のカレンダーを共有し合うことが可能です。 「スマホの中の壁掛けカレンダー」といったイメージで、 生活アプリとして毎日使われています。 2019年9月には登録ユーザー数が1,700万を突破し、 海外でも多数のユーザーに利用されています。

サービス名:TimeTree(タイムツリー)
主な機能:カレンダーの複数保持、 カレンダーと予定の共有、 予定ごとのメッセージや写真の投稿
言語:日本語、 英語、 韓国語、 中国語(繁体字・簡体字)、 ドイツ語、 ロシア語など13言語に対応
料金:無料
アプリ版対応OS:iOS 10以降(watchOS 2以降)/Android 5.0以降
Web版対応ブラウザ:Safari/Google Chrome/Internet Explorer 11/Firefox/Microsoft Edge
ダウンロードURL: http://timetr.ee/dl

TimeTree の特徴

プレスリリース素材ダウンロード

https://prtimes.jp/im/action.php?run=html&page=releaseimage&company_id=17462&release_id=25

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です