ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

バルト三国のひとつ<ラトビア>に残る、編み込み模様のミトンを紹介。編み図に加え、現地の作家やショップ、博物館所蔵品も掲載!

バルト三国のひとつ<ラトビア>に残る、編み込み模様のミトンを紹介。編み図に加え、現地の作家やショップ、博物館所蔵品も掲載!
株式会社誠文堂新光社(東京都文京区)は、 2019年11月6日(水)に、 『増補改訂 ラトビアの手編みミトン』を刊行いたします。

スカンジナビア半島の南、 バルト海を臨む森と湖の国・ ラトビア

バルト三国のひとつであるこの国には、 伝統工芸 として受け継がれている愛らしい 編み込み柄のミトン があります。 極細の毛糸 で編まれた模様は 地方によって異なり 、 それらの模様が持つ 意味 も様々です。

本書では、 ラトビアのミトンの 歴史や伝統柄 、 繊細な 配色 技法 を紹介し、 自分の手でミトンを編む楽しみをお伝えします。

現地のニットショップ やラトビアの手仕事にふれる 民芸市 、 貴重な 博物館の所蔵品 も紹介。
伝統のミトンを伝承する人々の 横顔 や素朴で美しいラトビアの 暮らしぶり 、 首都の リガ散策など の情報も満喫できる一冊です。

現地で入手したミトン 26点 のパターンを丁寧に掲載しています。 ぜひ、 お楽しみください。


※本書は、 2013年10月に刊行した『ラトビアの手編みミトン』に日本人に人気が高く、 使いやすい絵柄の新作6点を追加し、 増補改訂したものです。 ラトビア民族研究家、 マルタ・グラスマネ氏ほか、 現地TLMS(ラトビア手工芸団体)に今年2019年4月新作を依頼した、 最新の作品です。

【目次抜粋】
1 ラトビアのミトンのはなし 
2 ミトンを編む 
3 森の中の民芸市 
4 受け継がれる伝統ミトン
5 作り手を訪ねて 
6 花を愛する国 ラトビアの花柄ミトン 
7 ミュージアムコレクション 
8 リガ旧市街散策

【編者プロフィール】
中田 早苗(なかた・さなえ)
手芸関連の雑誌、 書籍を中心にフリーランスのエディター、 ライターとして活動。 初心者に向けたニット本や『世界のかわいい編み物』『ラトビアの手編み靴下』『エストニアの手編みこもの』などの編集を手掛ける。

【書籍概要】
書 名:増補改訂 ラトビアの手編みミトン
編 者:中田 早苗
仕 様:B5変判、 176ページ
定 価:本体2,200円+税
配本日:2019年11月6日(水)
ISBN:978-4-416-71932-9

【書籍のご購入はこちら】
紀伊國屋書店: https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784416719329
楽天ブックス: https://books.rakuten.co.jp/rb/16050066/?l-id=search-c-item-text-01
ヨドバシ.com: https://www.yodobashi.com/product/100000009003190414/
Amazon: https://www.amazon.co.jp/dp/4416719329
honto: https://honto.jp/netstore/pd-book_29879707.html
オムニ7: https://7net.omni7.jp/detail/1107035670

【書籍に関するお問い合わせ先】
株式会社 誠文堂新光社
〒113-0033 東京都文京区本郷3-3-11
ホームページ: http://www.seibundo-shinkosha.net/
フェイスブック: https://www.facebook.com/seibundoshinkosha/
ツイッター: https://twitter.com/seibundo_hanbai

プレスリリース素材ダウンロード

https://prtimes.jp/im/action.php?run=html&page=releaseimage&company_id=12109&release_id=863

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です