ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

上海航空が名古屋ー温州線を新規就航

上海航空が名古屋ー温州線を新規就航
中部国際空港セントレアで温州への就航は初めてとなります。
上海航空(FM、 CSH)は、 2019年12月27日(金)から、 中部国際空港セントレア(以下「セントレア」)=温州路線の運航を開始します。 運航スケジュールは毎週月曜日・金曜日の週2便運航となります。

 上海航空(中国語: 上海航空股分有限公司、 英語: Shanghai Airlines)は中国、 上海市を拠点とする航空会社です。 今年4月に就航した名古屋ー広州路線と今回就航した温州路線でセントレアへの就航は2都市目となります。


【温州市について】
 

温州市は、 浙江省東南沿岸に位置し、 北部は台州市、 南部は福建省と接する都市であり、 浙江省の三大都市(杭州、 寧波、 温州)のひとつです。 温州は唐の時代、 温暖な気候であることから温州という名で定着し、 古くから手工業が有名で、 技能を身につけ、 中国や世界の各地で商業に従事し、 商才に長けたていたことから、 温州の人は温州商人ともよばれていました。 温州の観光資源としても中国十大名山の1つ蕩山や「天下第一江」の楠溪江、 南麂島、 烏岩嶺など、 自然豊かな見どころがたくさんあります。


【上海航空温州路線 新規就航情報】
■就航日 :2019年12月27日(金)
■就航地 :名古屋(中部国際空港)=温州
■運航頻度: 毎週月曜日・金曜日(週2便)
■機材:B738(ビジネス8席、 エコノミー155席)
■運航スケジュール:
 

※スケジュール・機材等は都合により変更となる場合がございますので予めご了承下さい。

プレスリリース素材ダウンロード

https://prtimes.jp/im/action.php?run=html&page=releaseimage&company_id=24522&release_id=214

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です