ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

新潟の専門学校グループ所属のアイドルユニット 観客と一体化したCDリリースイベントを開催

新潟の専門学校グループ所属のアイドルユニット 観客と一体化したCDリリースイベントを開催
NSGグループの専門学校グループに所属するアイドルユニット、 MyDreams.jp(マイドリームス・ドット・ジェイピー=以下「マイドリ」)が2019年12月21日(土曜日)、 CD「そらがきれい」をリリースし、 これに合わせたイベントを開催した。


マイドリは、 NSGカレッジリーグ28校の在校生の中から希望者を募り、 オーディションを行なって編成されたユニット。 メンバーの一年生の夏から二年生の夏にかけて、 丸一年間の期間限定で活動を行うプロジェクトで、 今期で第3期メンバーとなっている。
メンバーは、 プロのアーティストを目指す学生もいるが、 キャビンアテンダントや事務職など、 芸能とは異なる業界を目指すメンバーもおり、 学業と両立しながらマイドリの活動を行なっている。

この日のイベントはマイドリ恒例となったもので、 CDのリリースに合わせて、 「メンバーと観客とで同時にCDを開封し(開封の儀)」、 「収録された音源を大音量で聴き(みんなで聴くの儀)」、 「会場全員で大合唱する(みんなで歌うの儀)」 というもの。 メンバー自身も、 この日初めて自らのCDを手にして喜びを隠せない様子で、 ジャケットデザインを眺め、 完成した音源を聴き、 観客とともにマイクを持たずにタイトル曲「そらがきれい」を大声で合唱した。
 

細川沙久良さん
細川沙久良さん

メンバーの一人、 細川沙久良さん(18歳・埼玉県出身)は、 国際音楽・ダンス・エンタテイメント専門学校のK-POPエンタテイメント科でK-POPダンスとヴォーカル、 韓国語を中心学んでおり、 将来はアーティストになることを目指している。
今回のイベントについて細川さんは、 「私たちの初めてのCDリリースの嬉しさや感動を、 ファンの方々と共有することが出来て本当に幸せでした。 これからも何にでも挑戦して、 多くの方にマイドリを好きになっていただけるように精一杯頑張ります」と、 この日を迎えたことへの想いとともに、 これからの抱負を語った。
イベントに引き続き行われた定期ライヴは、 クリスマスソング2曲を交えた全13曲・80分の内容で、 満員となったライヴハウスには熱気に満ちた歓声が響き渡った。

マイドリは、 毎月一回のワンマンライヴを定期開催している他、 新潟県内の各種イベントに出演している。
次回の定期ライヴは、 2020年1月25日(土曜日)18時30分から、 新潟市中央区古町7番町の「ライヴハウス新潟SHOW!CASE!!」にて開催予定。


MyDreams.jp(マイドリームス・ドット・ジェイピー)公式サイト
https://maidori.jp/



 

プレスリリース素材ダウンロード

https://prtimes.jp/im/action.php?run=html&page=releaseimage&company_id=32951&release_id=222

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です