ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

今注目の「ヒュッゲ」をテーマにした日本初のリゾートヴィラ「東急バケーションズ山中湖グランドヴィラ」が10月に開業します!

今注目の「ヒュッゲ」をテーマにした日本初のリゾートヴィラ「東急バケーションズ山中湖グランドヴィラ」が10月に開業します!
 当社は、 全国15施設を保有する会員制シェアリングリゾート 「東急バケーションズ」において、 デンマーク語で「居心地の良い時間・空間」を意味する「ヒュッゲ」をテーマにした日本初のリゾートヴィラ「東急バケーションズ山中湖グランドヴィラ」(以下、 本施設)を開業します。 本施設は、 山中湖畔のタイムシェア別荘「フェザント山中湖」の中に位置する2階建てログハウスタイプの宿泊施設で、 2017年10月11日(土)の開業を予定しています。
 本施設のテーマである「ヒュッゲ」とは、  「ゆったりとした心地良い時間を過ごすこと」として関心を集めるデンマーク発の文化です。 2016年オックスフォード英語辞書の選ぶ「世界の今年の言葉」の最終選考に残り、 SNSのインスタグラム上では「#hygge」とタグ付けされた写真が200万件を超えるなど、 欧米では一大ブームとなっており、 日本でも家族や友人との時間の過ごし方として注目が高まっています。
 本施設は、 全4棟のログハウスから構成されており、 1棟あたり最大8名まで宿泊可能です。 ログハウスは、 三世代や二家族などの大人数で利用し空間を共有できる、 「ヒュッゲ」を体現した造りとなっています。 全棟の室内に薪ストーブ、 屋外にはプライベートの焚火場を備えるなど、 季節を問わず家族や友人と火を囲んで団欒を楽しめる、 これまでの旅行とは一味違う癒しを体験できる施設となります。

 「東急バケーションズ」は、 2017年4月よりブランド名を「ビッグウィーク」から「東急バケーションズ」に変更し、 1泊からの宿泊を可能にするなどより気軽な利用方法を導入し、 新たに多様な「シェアリングリゾート」の楽しみ方を提案しています。
 「東急バケーションズ山中湖グランドヴィラ」の概要は別紙の通りです。


以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です