ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

腕時計型端末で管理者に通知して見える化!生産性と安全性を向上する「WorkWatch(ワークウォッチ)」

腕時計型端末で管理者に通知して見える化!生産性と安全性を向上する「WorkWatch(ワークウォッチ)」
ラトックシステム株式会社(本社:大阪府大阪市浪速区、 代表取締役社長:岡村周善、 以下ラトックシステム)と株式会社汎建大阪製作所(本社:兵庫県明石市、 代表取締役社長:川村 純一、 以下汎建大阪製作所)は、 腕時計型端末で作業状況と実績を管理するIoT現場管理システム WorkWatch (R)を共同開発、 2017年6月下旬に出荷開始いたします。
■リリースURL
http://www.ratocsystems.com/info/news/2017/0530.html

■WorkWatchシステム基本セット
 型番:REX-WoW01-Ba
 価格:¥588,000(税別)
 出荷開始:2017年6月下旬

■WorkWatchシステム拡張セット
 型番:REX-WoW01-Ex
 価格:¥988,000(税別)
 出荷開始:2017年6月下旬

※いずれも別途専用アプリケーション(Windows対応)年間ライセンス費 60,000円(税別) が必要です

【システムの概要】
本製品は、 作業者が装着する「腕時計型端末」、 壁などに取り付ける「SubGiga-Bluetoothゲートウェイ」、 ゲートウェイからのデータを受信する「SubGigaホストアダプター」、 データ管理、 グラフ表示、 報告書出力をおこなう管理者用「Windowsアプリケーション」からなるシステムセットです。

WorkWatchハードウェア
WorkWatchハードウェア

WorkWatchアプリケーション
WorkWatchアプリケーション

作業員は腕時計型端末ワークウォッチ(R)で予定出来高数を受信、 作業の開始時と終了時にボタンを押して管理者へ通知します。 管理者はPCで各工程の進捗確認や作業員の動態・安全確認をおこないます。

腕時計型端末の装着
腕時計型端末の装着

作業進捗のリアルタイム監視、 作業実績を基にした生産計画、 非効率な箇所の洗い出し、 作業スペースの安全性向上など、 さまざまな現場の実情を把握することが可能となります。 本製品で進捗表示板や電子アンドンの機能を果たすこともできます(特許出願済)。 システム全体で、 作業員112名まで管理することが可能です。

構成図
構成図

基本セットは、 ホストアダプター1台、 ゲートウェイ1台、 腕時計型端末10台。 拡張セットは、 ホストアダプター1台、 ゲートウェイ2台、 腕時計型端末20台。 現場の規模に合わせて選んでいただけます。 さらにオプションを追加することで、 1台のゲートウェイに腕時計型端末を16台まで、 1台のホストアダプターにゲートウェイを8台まで増設できます。

【開発の背景】
本システムは、 本製品は生産現場の改善を進める汎建大阪製作所と、 パソコン向けシステムの開発をおこなってきた当社との共同開発となります。 実際に汎建大阪製作所の工場内に設置、 作業員に腕時計型端末を装着してもらい、 試験運用をおこないながら改良を重ねてきました。 製品化の経緯と今後の展開については、 導入事例でご紹介しています。
http://www.ratocsystems.com/products/jirei/iot/hanken.html

【展示会に出展】
汎建大阪製作所と当社共同で、 スマートファクトリー Japan 2017(東京ビッグサイト)、 センサ/IoT技術展 2017(大阪産業創造館)に出展。 本システムのデモをご覧いただけます。
  • スマートファクトリー Japan 2017
    会期:2017年6月7日(水)~6月9日(金) 10:00~17:00
    会場:東京ビッグサイト 東ホール
    主催:日刊工業新聞社
    入場料:1,000円(事前登録で無料)
    ブースNo:S-18
    URL: http://biz.nikkan.co.jp/eve/smart-factory/
  • センサ/IoT技術展2017
    会期:2017年6月14日(水) 10:30~17:00
    会場:大阪産業創造館 3F・4F ※受付は4F
    主催:大阪産業創造館
    入場料:無料(要予約)
    URL: https://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=23125/

■IoT現場管理システム WorkWatch
【特徴】
製造・建築現場の生産性・安全性を向上
・生産計画と実績をPCで管理して分析
・腕時計型端末で作業員へ通知・進捗を収集
・作業者の行動や環境を把握し安全性を向上
・ゲートウェイに目標値と出来高を表示
・管理棟と作業棟は最大1km(見通し)で通信可能

柔軟なシステム構成が構築可能
・WorkWatch基本セットと拡張セットを用意
・1台のゲートウェイに端末16台まで接続可能
・1台のホストにゲートウェイ8台まで接続可能
・最大16工程の製造ラインを7ラインまで設定可能

【対応OS】
Windows10、 Windows 8.1、 Windows 7(32ビット・64ビット両対応)

【関連URL】
ワークウォッチ製品情報
http://www.ratocsystems.com/products/subpage/workwatch.html
現場管理ソリューション
http://www.ratocsystems.com/solution/workwatch/index.html
ワークウォッチ導入事例
http://www.ratocsystems.com/products/jirei/iot/hanken.html
 

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です