ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

前田敦子らキャスト陣も祝福!第35回(2016年度)向田邦子賞贈賞式にて、受賞作『毒島ゆり子のせきらら日記』の脚本家・矢島弘一氏が喜びを語る。

前田敦子らキャスト陣も祝福!第35回(2016年度)向田邦子賞贈賞式にて、受賞作『毒島ゆり子のせきらら日記』の脚本家・矢島弘一氏が喜びを語る。
向田邦子賞委員会と株式会社東京ニュース通信社が主催する、 優れた脚本作家に贈られる向田邦子賞の第35回贈賞式が5月30日(火)18時30分より、 東京・千代田区の帝国ホテルで行われました。 第35回の受賞者は4月4日(火)に行われた選考会で、 矢島弘一(やじま・こういち)氏に決定し、 受賞作はTBSにて2016年4月20日~6月22日に放送された「毒島ゆり子のせきらら日記」です。

(C)東京ニュース通信社
(C)東京ニュース通信社

<矢島弘一氏コメント>
初めて書いた連続ドラマの脚本だったので、 プロデュサーや監督などのアドバイスに食らい付きながら、 ヘロヘロになって書き上げました。 だから執筆期間中のことは正直なにも憶えていないんです。 まさに無我夢中でした。 「毒島ゆり子のせきらら日記」を書いたことで人生が変わりました。 そして、 この賞を受賞したことで、 これから先の人生が変わっていくんだと思っています。 今まで支えてくれた家族、 そして劇団のみんなには感謝の気持ちしかありません。 彼らがいたから自分はここで受賞の挨拶をしています。 これから描いていくドラマで劇団の仲間に登場してもらうことが恩返しだと思っています。 これからも精進して参ります。 本当にありがとうございました。

<池端俊策選考委員>
まろやかで安定した作品よりも尖って緊張感のある作品を選ぶのが向田邦子賞であるならば、 この作品こそが相応しいと感じた。 相対的な価値観の狭間で揺れながら、 本当は絶対的な愛を求めている現代の女性をユーモラスに描いている。 それこそが矢島さんの才気だろう。

(C)東京ニュース通信社
(C)東京ニュース通信社

 

 

【「毒島ゆり子のせきらら日記」出演の方たちのコメント】
 

(C)東京ニュース通信社
(C)東京ニュース通信社

<前田敦子さん>
出来上がった状態で渡された全10話の脚本を読んだときから、 「よ~い、 ドン」で物語の世界に引き込まれていきました。 撮影期間中も朝から晩まで濃密で中々できない経験でした。 これからどんどん凄い脚本家になられていく矢島さんの一番最初の連続テレビドラマに出ることができて光栄です。 改めましてこのたびは受賞おめでとうございました。

<渡辺大知さん>
普段はバンドをやっている自分だからこそ表現できることを描いてくれていたと思います。 矢島さんに会ったことはないはずなのに、 自分のことを理解してくれているような脚本だと思いました。 だから迷うことなく役を引き受けさせてもらいました。 だから今回の受賞は本当にうれしいです。

<中村静香さん>
ドラマで女性同士の喧嘩をする場面があるんですけど、 共感しながら演じていたことがとても心に残っています。 こんなに繊細で女性的な脚本を書かれる方ってどんな人なんだろうと思っていて。 実際の矢島さんは凄く気さくな方でびっくりしました。 改めて素敵な作品に出演することができた感謝の気持ちを伝えたいと思います。

<矢島弘一氏プロフィール>  
1975年東京都出身。 2006年、 劇団東京マハロを旗揚げし、 主宰を務める。 テレビドラマ脚本として 「ふるカフェ系ハルさんの休日」(2015年 NHK Eテレ)第2話を担当し、 「毒島ゆり子のせきらら日記」 (2016年 TBS)が初めて連続ドラマ脚本となる。 舞台脚本としては、 主宰する「東京マハロ」の舞台のほか、 松竹映画「引き出しの中のラブレター」の舞台版脚本などがある。

<向田邦子賞とは>
故・向田邦子さんがテレビドラマの脚本家として、 数々の作品を世に送り出し活躍してきた功績をたたえ、 現在のテレビ界を支える優秀な脚本作家に送られる賞として、 1982年に制定されました。 主催は『TVガイド』を発行する東京ニュース通信社で、 選考は歴代受賞者らによる向田邦子委員会が担当しています。 前年度に放送されたテレビドラマを対象に、 選考委員がノミネート作品を選定。 本選を含めて4回の討議を経て受賞作品を決定しています。 選考委員は池端俊策氏、 冨川元文氏、 大石静氏、 岡田惠和氏、 井上由美子氏(向田邦子賞受賞順)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です