ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

国宝・彦根城上空に自衛隊のブルーインパルスが来城!城から飛行を眺める『彦根眺城フェス』開催内容決定!

国宝・彦根城上空に自衛隊のブルーインパルスが来城!城から飛行を眺める『彦根眺城フェス』開催内容決定!
渋滞必至、彦根城へは鉄道で!『国宝・彦根城築城410年祭』12月10日(日)まで開催中@彦根城及び城下町

国宝・彦根城築城410年祭推進委員会(会長:小出英樹)は、 2017年3月18日(土)に開幕した「国宝・彦根城築城410年祭」の一環で、 航空自衛隊のブルーインパルス展示飛行に合わせ、 6月4日(日)に金亀公園一帯にて開催される野外イベント「彦根眺城フェス」の開催内容が決定いたしました。

当日はブルーインパルス展示飛行中の解説やパイロットによるトークショーなどが行われるステージプログラムのほか、 「彦根名物となる丼」をテーマに趣向を凝らしたオリジナル丼で人気を競う「井伊椀グランプリ」も開催され、 盛りだくさんの内容で来場者をおもてなしさせていただきます。

なお、 6月4日(日)は彦根城内堀沿い道路を交通規制するため、 通常の観光駐車場が使用できなくなります。 県内外からも多数の来訪者が訪れることで大規模な渋滞が予想されますので自家用車での来訪はくれぐれもお控えください。 国宝・彦根城築城410年祭推進委員会では、 鉄道利用による来訪を推進するため、 彦根駅前で15000枚限定の彦根眺城フェス特製うちわも配布いたします。

「国宝・彦根城築城410年祭」は12月10日まで開催。 今後も様々なイベントや施策を実施いたしますのでぜひご注目ください。


<彦根眺城フェス 開催概要>
●日時: 平成29年6月4日(日) 午前10時~午後3時(開場9時15分)
●場所: 金亀公園一帯(ステージ・飲食ブースは多目的競技場)
●内容:
1.パイロットも出演! ブルーインパルスを100%楽しめるステージイベント!
ブルーインパルス展示飛行中の解説や、 パイロットによるトークショー、 お笑いライブ、
地元近江高校吹奏楽部、 陸上自衛隊第3音楽隊による演奏などを行います。

 <ステージプログラム>
10:00  オープニング
10:30  近江高校吹奏楽部による演奏
11:00  お笑いライブ、 映画「関ヶ原」PR ステージ
12:00  陸上自衛隊第 3 音楽隊による演奏
13:00  ブルーインパルス展示飛行解説
14:00   ブルーインパルスパイロットのトークショー、 井伊椀グランプリ発表
15:00  閉幕 


2.彦根名物の丼を決定! 『井伊椀グランプリ』開催!
会場内に飲食ブースを設置して、 来場者へのおもてなしを図るとともに、 「彦根の名物となる丼」をコンセプトに趣向を凝らしたオリジナル丼で人気を競う「井伊椀グランプリ」を開催します。

販売価格は一律500円、 ごはんの量を100g程度に統一して、 販売個数と来場者による SNS投票によりグランプリを決定いたします。

<出店数>
☆井伊椀グランプリ参加ブース: 13 店
☆その他の飲食ブース:15店
☆物販ブース:6店


3.当日限定!ブルーインパルスが入った特製デザイン「彦根城観覧券」販売
彦根城周辺上空でのブルーインパルス展示飛行を記念して、 特別デザインの彦根城観覧券を6月4日(日)当日限定で販売します(デザインは下記参照)。

※デザインを変更するのは、 彦根城観覧券(おとな1,000円、 小中学生300円)のみで、 販売価格の変更はありません。 また、 彦根城博物館単独の観覧券、 玄宮園単独の観覧券、 彦根城・彦根城博物館共通券についてはデザイン等の変更はありません。

(売り切れの場合は、 通常デザインの観覧券を販売します)
※通常の券売所に加え、 金亀公園内に設置する臨時券売所で販売します。  
 

大人券
大人券

 

小中学生券
小中学生券

4.渋滞必至、 彦根城へは電車で! 電車利用者限定うちわを配布!
6月4日(日)は彦根城内堀沿い道路を交通規制することで通常の観光駐車場が使用できなくなることや、 県内外から多数の来訪者が訪れることで、 大規模な交通渋滞が予想されます。 自家用車での来訪を控えていただくよう事前に告知するとともに、 鉄道利用による来訪を推進するため、 当日午前8時30分から彦根駅前において特製うちわを配布します。
<配布枚数> 15,000 枚 (なくなり次第、 終了)  

 

■「国宝・彦根城築城410年祭」とは
2017年、 国宝・彦根城の天守が完成して410年を迎え、 NHKでは大河ドラマ「おんな城主 直虎」が放送されています。 それを機に記念祭を開催し、 彦根城をはじめとする彦根の町の歴史、 伝統、 文化等、 彦根の魅力を国内外に発信します。 会期は3月18日から12月10日までの268日間。 2017年度の彦根城入山者数90万人を目標としています。 主な内容は、 重要文化財の天秤櫓や西の丸三重櫓で、 江戸期の彦根城や城下町をコンピューターグラフィックスで再現する動画の上映会、 戦国・江戸期をテーマとしたアート展、 開国記念館や彦根城博物館での大河ドラマ展――などを開くほか、 市南部でも花火と食に関するイベントなどを企画しています。

「国宝・彦根城築城410年祭」オフィシャルホームページ: http://hikone-410th.com/

▼国宝・彦根城築城410年祭PV第1弾『彦根に集え!』

 

▼国宝・彦根城築城410年祭PV第2弾『Stunning aerial image of HIKONE CASTLE』

 

 

 

■「HIKONE ART CASTLE 2017 天秤櫓特別展」
・開催期間:2017年9月23日(土)~12月10日(日)
・場所:彦根城 天秤櫓
・概要
「国宝・彦根城築城410年祭」の一環として、 2017年9月23日(土)から12月10日(日)まで、 日本で初めて国宝・彦根城を舞台に開催する現代アートフェス「HIKONE ART CASTLE 2017(通称:HAC)」国宝・彦根城築城410年祭のプロモーションムービーなどの制作に関わった4組のアーティストによる「城・戦国江戸期の不易流行表現」をテーマとしたアート展を開催。 アーティストによる現代的センスとの融合により、 今もなお現代に活きる最先端の文化発信拠点として機能させることで、 国宝・彦根城の新たな魅力を創出し、 新しい世代への継承と発展へと繋げていくことを目的としています。
・参加アーティスト(50音順)
淺野健一(彫刻家)、 CEKAI(クリエイティブアソシエーション)、 前田鎌利(書家)、 MAHARO(イラストレーター)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です