ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

いつでもつながる神社を実現する「スマート神棚コンセプト」と、新作神棚2018年モデルを発表

いつでもつながる神社を実現する「スマート神棚コンセプト」と、新作神棚2018年モデルを発表
~ IoT化された「スマート神棚」と新時代のお札「神社SIM」で「いつでもつながる神社」を実現する新コンセプト ~
人と神社をICTでつなぐ崇敬会支援事業を行う、 一般社団法人 神社崇敬会(事業所:東京都目黒区、 代表理事:秀島康右)が、 「スマート神棚コンセプト」と、 新作神棚2018年モデルを発表した事をお知らせいたします。
【URL】 http://sukei.jp


スマート神棚コンセプトモデル。
台座部分には電源ユニットと通信装置を内蔵し、 前面の人感センサーと音声感知センサーによって毎日の礼拝行動を検知する。 上部の社殿を模した内陣には御札の代わりに崇敬神社のSIMを差し込むことができ、 毎日の礼拝の情報は各崇敬神社に送信され、 神社側では毎朝の朝拝などでリストを読み上げるなどに利用する。
 


 

通信に利用するのは各神社から授与される御札型のSIMカード。



【法人概要】
法人名:一般社団法人 神社崇敬会
所在地:東京都目黒区八雲二丁目6番11号 1F
代表者:秀島康右
設立:2017年4月10日
URL: http://sukei.jp/
事業内容:崇敬会の創立及び運営に関する支援事業

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です