ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

デジタルマルチトラックレコーダー『DA-6400』およびアナログ/Danteコンバーター『ML-32D』、『ML-16D』がSMPTE ST 2110-30に対応

デジタルマルチトラックレコーダー『DA-6400』およびアナログ/Danteコンバーター『ML-32D』、『ML-16D』がSMPTE ST 2110-30に対応
ティアック株式会社(本社:東京都多摩市、 代表取締役社長:英 裕治)は、 TASCAMブランドDante対応製品であるデジタルマルチトラックレコーダー/プレーヤー『DA-6400』、 『DA-6400dp』、 およびアナログ/Danteコンバーター『ML-32D』、 『ML-16D』のSMPTE ST 2110-30対応DanteモジュールファームウェアV1.2.0.0をリリースいたしました。
 

※本日現在のSMPTE ST 2110-30対応製品は上記のみとなります。


64チャンネル デジタルマルチトラックレコーダー/プレーヤー DA-6400、 DA-6400dp
『DA-6400シリーズ』は、 MADIやDante(ST 2110対応)など様々なオーディオフォーマットに対応した64チャンネルのデジタルマルチトラックレコーダーです。 標準モデル『DA-6400』に加え、 電源の二重化に対応した『DA-6400dp』をラインナップ。 オプションカードスロット方式を採用し、 インターフェースカードを選択することで、 MADIやDante(ST 2110対応)のほか、 AES/EBU入出力やアナログ出力などフレキシブルな接続に対応します。 インターフェースカードは最大2枚の使用が可能で、 2種類のインターフェースでの同時録音や入出力信号の変換といった運用を可能にします。

 

Danteカード『IF-DA64』は、 64チャンネルのDante(ST 2110対応)入出力を可能とする、 DA-6400シリーズ用のオプションカードです。 プライマリポートとセカンダリーポートを装備し、 入出力の二重化に対応します。



32チャンネル アナログ/Danteコンバーター ML-32D
『ML-32D』は、 1Uのコンパクトなサイズで32チャンネル アナログライン入力/出力信号をDante(ST 2110対応)に変換するコンバーターです。 Dante入出力はプライマリポートとセカンダリーポートを装備し、 入出力の二重化に対応。 アナログライン入出力はD-sub端子を装備しています。


16チャンネル アナログ/Danteコンバーター ML-16D
『ML-16D』は1Uのコンパクトなサイズで16チャンネル アナログライン入力/出力信号をDante(ST 2110対応)に変換するコンバーターです。 Dante入出力はプライマリポートとセカンダリーポートを装備し、 入出力の二重化に対応。 アナログライン入出力はD-sub端子を装備しています。


■ SMPTE ST 2110について
SMPTE ST 2110とはSMPTE(米国映画テレビ技術者協会)が定めるビデオ・オーディオのIPネットワーク規格です。 ビデオ信号、 オーディオ信号、 アンシラリー信号を別々にエンベデットし送信するよう策定され、 編集したいパケットデータのみのディエンベデットが可能になり、 各機器のディエンベデット処理負荷やネットワーク負荷が軽減されます。 ST-2110-30ではPCMデジタルオーディオのIP伝送を実現し、 PTP(Precision Time Protocol):IEEE1588-2008による高精度同期や低レイテンシーでの送信が可能。 次世代の放送システムにおいて、 ネットワーク標準プロトコルになることが期待されています。
※ SMPTE ST 2110-30の運用にあたっては、 Audinate社が提供するネットワーク管理ソフトウェアDante Domain Manager(DDM)v1.1以上が必要です。 詳細は各製品サイトをご参照ください。

【製品サイト】
『DA-6400』 https://tascam.jp/jp/product/da-6400/
『IF-DA64』 https://tascam.jp/jp/product/if-da64/
『ML-32D』 https://tascam.jp/jp/product/ml-32d/
『ML-16D』 https://tascam.jp/jp/product/ml-16d/

 

TASCAMは、 確かな音質と高い耐久性で長年に渡り支持され世界中の放送・録音現場に導入されています。
その実績と経験を活かしプロフェッショナルのための音響に関わるトータルソリューションを提供するブランドです。

プレスリリース素材ダウンロード

https://prtimes.jp/im/action.php?run=html&page=releaseimage&company_id=21574&release_id=189

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です