ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

メルボルンで美食の祭典 「メルボルン・フード&ワイン・フェスティバル」 開催!

メルボルンで美食の祭典 「メルボルン・フード&ワイン・フェスティバル」 開催!
毎年オーストラリア・メルボルンでは、初秋の3月に南半球最大規模の食の祭典「メルボルン・フード&ワイン・フェスティバル」が開催されます

(C)MFWF
(C)MFWF

「食とワイン」がテーマのイベント「メルボルン・フード&ワイン・フェスティバル」が今年も3月19日(木)~29日(日)の11日間にわたり開催されます。

期間中、 メルボルン市内や近郊のレストランや公園、 マーケットなどでは大小140以上ものプログラムが繰り広げられ、 地元の食材をふんだんに使った料理やワイン・カクテルを愛する30万人以上の美食家たちがこの地を訪れます。

 

メルボルンは「世界で最も住みやすい都市」に何度も選ばれており、 その理由のひとつに、 移民から伝承される多彩な食文化が息づいていることが挙げられます。 豊穣な穀物・野菜・果物、 健康な食肉の数々、 海の幸などの豊富な食材、 そして、 それらを活かし次々と新しいメニューを生み出すシェフ達が集結している街がメルボルンなのです。
1993年にスタートしたこのイベントで最も人気の「ザ・ワールド・ロンゲスト・ランチ(World’s Longest Lunch)」。 メルボルン中心部にあるトレジャリー公園内に約500mの世界最長テーブルを設置し、 1,600名の参加者が着席しコースのランチを楽しむ壮大なイベントになります。 木漏れ日の中、 隣り合った人達とおしゃべりをしながら舌鼓を打つ時間は、 忘れられないものとなることでしょう。

(C)MFWF
(C)MFWF

また今年は、 メルボルンの台所と呼ばれている南半球最大の市場「クイーン・ビクトリア・マーケット 」が新たに会場に加わり、 フライドポテトのフレーバー食べ比べや「世界のベストレストラン50(The World’s Best 50 Restrants)」にも選ばれる有名シェフのトークショーなどユニークな催しが目白押しです。

(C)MFWF
(C)MFWF

ほかにもメルボルンのさまざまなレストランや会場では、 このイベントのために用意された特別なプログラムが展開されます。 移民の街らしく世界各国の伝統的な料理をベースにアレンジしたもの、 懐石料理や日本のヘルシーな朝食メニュー、 ビーガンやベジタリアンのためのメニュー、 アフタヌーンティー、 ワインとのマッチングが楽しめるコース料理、 セレブリティーシェフの料理など盛りだくさん。 ただ食べるだけではなく、 学びの機会も多く作られており、 日本にはない食材との出会い、 新しい調理法の発見、 マスタークラス(料理クラス)の受講など、 食産業にかかわる人にも充実した内容となっています。

 

「美食の街メルボルン」があなたを待っています。

(C)MFWF
(C)MFWF

【開催概要】

◆開催日時:2020年3月19日(木)~29日(日)
◆場所:メルボルン市内および近郊
◆メルボルン・フード&ワイン・フェスティバル・オフィシャルサイト(英語): http://www.melbournefoodandwine.com.au/
(各イベント開催日や詳細・チケットの購入は、 公式ウェブサイトをご覧ください。 )

(C)MFWF
(C)MFWF

~メルボルン基本情報~

メルボルンはオーストラリアの南東に位置し、 19世紀の面影を残したビクトリア調の建物と現代アートの建物が融合した街並みが魅力なオーストラリア第2の都市です。 別名「ガーデンシティ」とも呼ばれるほど緑豊かな公園が点在し、 イギリスの雑誌「エコノミスト」の調査部門がまとめている「世界で最も住みやすい都市」ランキングでは2011年から2017年まで7年連続で1位に選ばれました。
また、 1年を通し国際的なイベントが多いのも特徴で、 スポーツやファッション、 アート、 フードなど多岐にわたります。
多民族国家として知られるメルボルンは食文化が発達し、 近年では「モダン・オーストラリア料理」と呼ばれる多国籍文化が融合した独特かつ繊細な料理は、 世界の美食家からも高い評価を得ています。 イタリア系移民によりコーヒー文化が発達した街でもあることから街のいたる所にはおしゃれなカフェが点在します。
一方、 郊外にはオーストラリアワインの名産地ヤラバレーやモーニントン半島、 「世界で一番美しい海岸線」と呼ばれるグレートオーシャンロード、 そして世界最小のリトルペンギンのパレードで有名な野生動物の宝庫フィリップ島など数多くの観光スポットがあります。
ビクトリア州政府観光局 公式日本語ウェブサイト: http://jp.visitmelbourne.com/ 

(C)PINP
(C)PINP

 

 

プレスリリース素材ダウンロード

https://prtimes.jp/im/action.php?run=html&page=releaseimage&company_id=16069&release_id=45

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です