ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

~「東京2020みんなのエスコートキッズプロジェクト」本格始動~選手と一緒に入場する「エスコートキッズ」を募集

~「東京2020みんなのエスコートキッズプロジェクト」本格始動~選手と一緒に入場する「エスコートキッズ」を募集
 アサヒビール株式会社(本社 東京、 社長 塩澤賢一)は、 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(以下、 東京2020組織委員会)が主催する「東京2020みんなのエスコートキッズプロジェクト」に参画しています。 当社はそのプロジェクトの趣旨に賛同し、 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下、 東京2020大会)において子どもたちが選手入場のエスコート役となる「エスコートキッズ※1」を2月19日(水)~3月19日(木)の期間で募集します。 サッカーなど6競技の中から抽選で450名のお子様に「東京2020みんなのエスコートキッズプロジェクト」の参加権、 およびそのお子様と保護者1組2名様(合計450組900名)に当該競技の観戦チケットが当たります。

 「東京2020みんなのエスコートキッズプロジェクト」とは、 東京2020組織委員会が主催する取り組みで、 子どもたちが選手入場のエスコートを行うプロジェクトです。 東京2020大会をきっかけに、 未来を担う子どもたちにスポーツへの興味や関心を持ってもらうとともに、 既に競技に取り組んでいる子どもたちには、 競技への意欲をより一層高めてもらうことを目的にしています。 夢の舞台に選手とともに立てる機会として、 11競技、 合計約3,000人の参加を予定しており、 これまで日本で行われたさまざまな国内・国際大会や、 過去のオリンピック・パラリンピックと比べてもかつてない規模の子どもたちが参加できます。

<「東京2020みんなのエスコートキッズプロジェクト」概要>
■賞品
・東京2020みんなのエスコートキッズプロジェクト参加権(小学生のお子様1名様 合計450名様)
・当該競技の観戦チケット(小学生のお子様と保護者1組2名様 合計450組900名様)
■応募期間
2020年2月19日(水)~2020年3月19日(木)10:00
■応募資格
・保護者(応募者)満20歳以上の保護者の方
・小学生のお子様 2008年4月2日~2014年4月1日生まれの方
※保護者は、 親権者または未成年後見人の方となります。
※保護者、 お子様ともに大会期間中、 日本に在住している方が対象となります(国籍は問いません)。
■応募方法
専用ホームページ「アサヒWebサービス」からご応募ください。
https://www.asahibeer-cp.jp/olympic_paralympic/cp/0200219-20200319
■当選発表
・ご応募いただいた方の中からアサヒビール「東京2020みんなのエスコートキッズプロジェクト」事務局による厳正な抽選の上、 当選者を決定させていただきます。
・当選された方には、 アサヒビール「東京2020みんなのエスコートキッズプロジェクト」事務局より、 「アサヒWebサービス」にご登録いただいたメールアドレスに当選通知をお送りさせていただきます。
・当選通知は、 2020年4月上旬頃を予定しております。
※諸事情により多少遅れる場合もございます。 予めご了承ください。
■お問合せ先
<東京2020みんなのエスコートキッズプロジェクトに関するお問合わせ>
・アサヒビール「東京2020みんなのエスコートキッズプロジェクト」事務局(応募方法問合せ以外)
・電話番号:0120-560-653(東京2020大会組織委員会内)
・受付時間:午前9:00~午後6:00(土日祝日を除く)
<応募方法に関する問い合わせ>
・アサヒビール「東京2020みんなのエスコートキッズプロジェクト」応募方法問い合わせ事務局
・電話番号:0120-562-362
・受付時間:午前10:00~午後5:00(土日祝日を除く)

 

対象競技・種目、  会場、  日程
対象競技・種目、 会場、 日程

 当社は、 ビールメーカーで唯一の「東京2020ゴールドパートナー(ビール&ワイン)※2」※3です。 東京2020大会開催に向けて様々なプロモーションを展開し、 東京2020大会の機運醸成を図ります。
※1:「エスコートキッズ」とは、 選手と一緒に入場する小学生の子どもたちのことです。 選手が子どもたちにフェアプレーを誓う意味もあることから、 フェアプレーチルドレンと呼ばれることもあります。
※2:主なカテゴリー内商品は、 ビール類、 ワイン、 ノンアルコールビールテイスト飲料、 チューハイ〈焼酎ベース〉です。
※3:公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が実施するマーケティングの中核となる東京2020スポンサーシッププログラムにおける国内最高水準のパートナーと位置付けられており、 大会運営や日本代表選手団のサポート、 オリンピック・ムーブメントとパラリンピック・ムーブメントの推進や東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の盛り上げに積極的に参加する企業です。
 

プレスリリース素材ダウンロード

https://prtimes.jp/im/action.php?run=html&page=releaseimage&company_id=16166&release_id=550

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です