ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

レーザー光源採用 超短焦点プロジェクター<PG-LU400Z/PG-LU300Z>を発売

レーザー光源採用 超短焦点プロジェクター<PG-LU400Z/PG-LU300Z>を発売
わずか約49cm(※1)の投写距離から100型の映像を表示。最大150型まで投映可能

レーザー光源採用 超短焦点プロジェクター<PG-LU400Z>
レーザー光源採用 超短焦点プロジェクター<PG-LU400Z>

 シャープは、 わずか約49cmの投写距離から100型の映像を映し出せる、 レーザー光源採用の超短焦点プロジェクター2機種<PG-LU400Z/PG-LU300Z>を発売します。 最大150型まで投映可能なので、 大画面を活かして、 会議室や学校、 商業施設など幅広いシーンで活用いただけます。

 本機は、 短い距離から大画面の投映が可能な超短焦点タイプです。 スクリーンの前に人が立っても影が映り込みにくく、 またショーウィンドウのような奥行きが限られたスペースでも利用できます。 最大150型(投映画像サイズ:高さ約187cm×幅約332cm)まで投映でき、 等身大の人物など臨場感のある映像を映し出せます。

 約20,000時間(※2)交換不要なレーザー光源を採用。 従来の水銀ランプに比べ、 約7倍(※3)長持ちするので、 メンテナンスコストを削減できます。 さらに4,000ルーメン(※4)の高輝度なので、 教室やショーウィンドウなど明るい場所でも鮮明な映像を映し出せます。

 本機を、 展示会「デジタルサイネージ ジャパン2017(※5)」に出展します。

■ 主な特長
1.わずか約49cmの投写距離から100型の映像を表示。 最大150型まで投映可能
2.長寿命なレーザー光源採用により、 ランプ(光源)交換が約20,000時間不要
3.4,000ルーメン<PG-LU400Z>の高輝度により、 明るい場所でも鮮明に表示

※1   投写窓中心からスクリーンまでの距離。 16:9表示の場合。
※2   使用環境・条件により異なります。
※3   従来の水銀ランプは約3,000時間で交換が必要。
※4   PG-LU400Zのみ。 PG-LU300Zは3,000ルーメン。 出荷時における本製品全体の平均的な値を示しており、 JIS X 6911:2015データプロジェクターの仕様書様式に則って記載。
※5   6月7日(水)~9日(金)、 幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催。

本製品に関する情報は、 以下のウェブサイトでもご覧いただけます。
http://www.sharp.co.jp/business/projector/

■ 利用シーン(イメージ)

●画面はいずれもハメコミ合成です。  実際の表示とは異なります。
●画面はいずれもハメコミ合成です。 実際の表示とは異なります。

● 本製品は屋内専用です。

※ ニュースリリースに記載されている内容は、 報道発表日時点の情報です。
  ご覧になった時点で、 内容が変更になっている可能性がありますので、 あらかじめご了承下さい。

【プレスリリース全文】
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/170602-a.html

【プレスリリース全文(PDF版)】
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/170602-a.pdf

【画像ダウンロードサービス】
http://www.sharp.co.jp/press/p170602.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です