ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

オリジナルクラフトビールが少量から醸造できる“ナノ”ブルワリー「ZERO LABO」が稼働!

オリジナルクラフトビールが少量から醸造できる“ナノ”ブルワリー「ZERO LABO」が稼働!
株式会社柴田屋ホールディングス(本社:東京都中野区、 代表取締役:柴 泰宏)のグループ会社である株式会社麦酒企画(本社:東京都中野区、 代表取締役:柴 健宏)は、 飲食店が店のオリジナルクラフトビールを実験的に少量から仕込むことができる醸造所「ZERO LABO」(ゼロ ラボ)をオープンしました。
報道関係各位
2020年2月19日
                                                     株式会社柴田屋ホールディングス


オリジナルクラフトビールが少量から醸造できる“ナノ”ブルワリー「ZERO LABO」が稼働!

株式会社柴田屋ホールディングス(本社:東京都中野区、 代表取締役:柴 泰宏)のグループ会社である株式会社麦酒企画(本社:東京都中野区、 代表取締役:柴 健宏)は、 飲食店が店のオリジナルクラフトビールを実験的に少量から仕込むことができる醸造所「ZERO LABO」をオープンしました。

 



ナノブルワリー ZERO LABO とは
醸造所の規模がごく小さいことを指すマイクロブルワリー。 それよりもさらに小規模の醸造所がナノブルワリーと呼ばれており、 「ZERO LABO」では40L~と少量仕込みが可能です。


世界で唯一のビール


クラフトビールを出す飲食店が増えた日本の外食市場で、 他とは違う、 オリジナルのクラフトビールを造りたいというオーナーの希望を叶えます 。 お店の料理に合わせて、 あるいは自分好みの味わいにするなど、 ビールのタイプ設定は自由自在です。 シリーズ化することで 「新しいビール」がお客様の再来店動機になり、 集客にもつながります

【実験醸造】

50L~と少量で仕込むことで、 レシピが商品として出せる味わいなのかを確認することができ、 「こんな味になるはずではなかった」というリスクを回避して商品化 ができます。 その後売れ行きを見ながら、 人気のあるタイプは160L、 240L、 1200Lとサイズを挙げて醸造することでコストダウンも図れます。

 

 

造りたい味をサポート
依頼主が造りたい味わいについてしっかりヒアリング。 醸造家がそれを実現するレシピを提案するので、 店舗で使っている、 売りにしている原料を使ってクラフトビールを仕込むことも可能 です。 一例として、 ある飲食店様は自店で人気のレモンサワーに使用している国産レモンを使い、 看板料理に合い、 なおかつトレンドである低アルコールタイプに仕上がるようなオリジナルクラフトビールを仕込みました。
 


ZERO LABO 誕生の背景
年間700回以上と圧倒的醸造経験を誇る株式会社麦酒企画が、 業務用酒類卸業の株式会社柴田屋ホールディングスとタッグを組み生まれた醸造所。
「LABO」とあるように実験的な小仕込みを行い、 今までにないクラフトビールを生み出していきます。




【醸造所概要】
醸造所名:ZERO LABO
所在地:東京都中野区中央5-3-11-1F
TEL:03-3382-3666
営業時間:9:00~18:00
定休日:不定休


【会社概要】
会社名:株式会社柴田屋ホールディングス
所在地:東京都中野区中央5-3-11-2F
代表者:柴 泰宏
設立:1935年
URL: https://www.shibataya.co.jp/
事業内容:業務用酒類卸業


【お問い合わせ先】
株式会社柴田屋ホールディングス(代表)
TEL:03-3382-3666
e-mail:info@shibataya.co.jp

 

プレスリリース素材ダウンロード

https://prtimes.jp/im/action.php?run=html&page=releaseimage&company_id=51815&release_id=3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です