ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

『ゼクシィ Premier』に橋本 マナミがモード系パンツドレス姿で登場!

『ゼクシィ Premier』に橋本 マナミがモード系パンツドレス姿で登場!
「2021年にはハワイでガーデンウエディングをしたい」結婚後のリアルな挙式イメージや年齢を重ねて変化した恋愛観を告白
株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都品川区 代表取締役社長:柏村 美生)が企画制作する『ゼクシィ』の姉妹版『ゼクシィPremier (プレミア)』は、 SPRING2020(2020年2月22日発売)で橋本 マナミさんを表紙に起用することとなりましたのでお知らせします。

昨年の芸能人結婚ラッシュの締めくくりともいえる11月27日に一般男性と入籍した橋本 マナミさん。 偶然、 撮影が結婚発表から数日後だったこともあって幸せオーラが溢れる中で、 理想のウエディングや年齢を重ね変化した恋愛観などを赤裸々に語ってくれました。


■来年には家族や友人とハワイでガーデンウエディングをしたい

結婚を夢見て書店で『ゼクシィPremier』を手に取ったこともあったという橋本さん。 今回のオファーが偶然にも入籍発表間近だったため、 「私のキャラクター上は結婚のイメージがあるわけではないのにこのようなお話をいただいたので、 最初はどこかから入籍の話が漏れたのかと思ってマネジャーさんに聞いてしまいました」と大変驚かれたことを笑いながら明かしてくれました。
今回の撮影で着たパンツドレスは、 今まで数十種類以上のドレスを着てきた橋本さんでも初めての経験だったようで、 「とてもファッショナブルでモード系ですよね。 結婚式では着こなせないくらい素敵だなと思って。 撮影で着られて本当に楽しかったです」とお気に入りなご様子。 そんな橋本さんに結婚式の予定を伺ってみると「来年(2021年)にしたいなと思っています。 披露宴はしないですが、 家族と友達を数人呼んで挙式はしたいです。 理想はハワイでガーデンウエディング。 一生に一度のことなので、 後悔のないように色々な方に聞いて情報を集めています」と旦那さまとの挙式プランを話してくれました。


■「メール1日100通」の恋愛から価値観が変わった30代
20代の橋本さんの恋愛はいわばジェットコースターだったそう。 「メールも1日100通送るほど、 依存体質だったんですよ。 浮き沈みのある激しい恋愛が好きでしたね」と振り返ってくれました。 しかし、 30代に入り「結婚は信頼関係がないと成り立たないので、 良い距離感が保てる相手を探すようになりました」と気持ちを切り替えてパートナー探しを始めたそうです。 夫との出会いは、 「2年ほど探してたけど中々見つからず、 難しいのかなと思っていたところに運命の出会いだったんですよね。 今の人と会えなかったら結婚していなかったかもしれません」と話してくれました。


■「まずは無理せず楽しんで、 自分だけのためではない式を」 同世代の花嫁へエール
最近後輩の結婚式に参加して、 改めて結婚式の良さを感じたという橋本さん。 「私は人に注目されるのは苦手な方ですが、 ドレスを着てメイクをすればだいぶ気持ちも変わります。 結婚式は自分だけでなく両親のためでもあると思うので、 まずは無理せずに楽しんでほしいですよね」と同世代の花嫁にエールを送りました。 また、 結婚後のご自身の活動に関しては「セレブ妻ではなく苦労する母親役など、 今までのイメージとは真逆な役にも挑戦して役の幅を拡げたいです」と女優業への意欲を明かしてくれました。


■媒体情報
33歳からの大人な結婚準備に役立つ『ゼクシィPremier(プレミア)SPRING2020』。 今号は付録も内容も豪華な1冊となっています。 付録はシンプルで上質感溢れるレザー調のトートバッグ&巾着&ポーチセット。 第一特集は「一生使える常識・マナー」、 第二特集は「30代のふたりが今、 話すべきこと」なっており大人花嫁のためになるノウハウが満載です。 さらに、 「“美骨見せ”で綺麗に見せるドレス&コーデBOOK」や「式直前1週間!肌ツヤV字回復ビューティ企画」など手軽に美しくなれるヒントも盛りだくさん。 また大人に支持の高い和婚別冊やジュエリー別冊も入っており充実の1冊となっています!詳細は公式サイト( http://zexy.net/mar/honshi/premier.html )。


■出演者情報

橋本 マナミ

1984 年 8 月 8 日生まれ山形県出身。 1997 年にデビュー。
NHK 連続テレビ小説『まんぷく』などに出演。 光文社『美 ST』 でレギュラーモデルを務め、 フジテレビ『とくダネ!』に出演 するなど女優・タレントとして活躍中。 7/7公開映画『癒しのこころみ~自分を好きになる方法~』に出演する他、 峯田和伸と共演した日台合作映画『越年 Lovers』が2020年秋に公開。


『ゼクシィPremier』編集長 横田 佳子が語る、 橋本さん起用理由 
大人の女性の代表としてカバーレディにオファーさせていただきました。 ご依頼したタイミングではご結婚の予定があることを知らなかったので、 ご結婚の発表は最高のサプライズでした! 女性らしいイメージの橋本さんですが、 表紙ではマニッシュなパンツスタイルに挑戦していただきました。 また、 インタビューページでは女神のような可憐なブライズスタイルで異なる魅力を引き出した撮影をしました。 橋本さんならではの大人のギャップを楽しんでいただければと思います。


■アザーカット

■特別付録は豪華レザー調トートバッグ&巾着&ポーチ3点セット!
今号は『ゼクシィPremier』史上トップクラスの豪華付録が付いてきます!アダム エ ロペ ル マガザンとのコラボで、 落ち着いたネイビーにシンプルなゴールド箔のロゴ・アクセントが刻まれた高級感のある付録です。 3点セットで使うのはもちろん、 それぞれ単体でも使いやすく、 普段使いから式当日の持ち込み、 ハネムーンの小物入れ等と大活躍間違いなしのアイテムです!


※『ゼクシィPremier』は今号を持ちまして休刊となります。 なお、 プレミアが培ってきたノウハウや実例は一部ゼクシィのサイトでご覧いただけるようにします。 今後はゼクシィが持つ結婚情報サービスを通して、 情報提供に努めてまいります。



 

プレスリリース素材ダウンロード

https://prtimes.jp/im/action.php?run=html&page=releaseimage&company_id=25184&release_id=297

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です