ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

リスナーの人生に寄り添う注目のシンガーソングライター 須澤紀信、会員制公式サイトをオープン!

リスナーの人生に寄り添う注目のシンガーソングライター 須澤紀信、会員制公式サイトをオープン!
サイトの設立に先立ち「プレ会員(無料)」を募集!会員登録いただくと、メールマガジン、チケット先行受付、会員限定WEBコンテンツの閲覧などの特典がお楽しみいただけます。
アーティスト・クリエイターのファンクラブ、 ファンサイトの企画・制作・運営を行う、 “FanTech”分野(※1)のパイオニア、 株式会社SKIYAKI(本社:東京都渋谷区、 代表取締役:宮瀬卓也、 以下「SKIYAKI」)は、 2017年6月2日(金)に、 須澤紀信(すざわきしん)のOfficial Website(URL: https://suzawakishin.com )を公開しました。


5歳でヴァイオリンを始め、 幼少期から音楽に触れてきたシンガーソングライター・須澤紀信。 「どちらかといえば歌声よりも詩をほめてほしいのが心情」と言う彼の作品は、 不安や孤独、 葛藤など、 人間の裏側に潜む部分と素直に向き合い、 懸命に前進する人々の心にそっと寄り添います。

2014年1月に行われた「The 7th Music Revolution」の頂点大会「JAPAN FINAL」に出場。 公式YouTubeチャンネルでは、 ライブ動画の他にカバー動画を多数アップしています。 哀愁漂う独自の世界観のみならず、 現時点で120曲以上ものレパートリーを持つ創作意欲の高さにも注目が集まっています。

2017年5月24日(水)には、 「渋谷7thFLOOR」「下北沢Laguna」の2ヶ所でライブを決行。 さらに、 6月3日(土)・4日(日)の2日間にわたり行われる、 東海地区最大のオムニバスライブサーキット「SAKAE SP-RING 2017」への出演も決定しています。 6月19日(月)には下北沢Lagunaでのライブも予定されており、 須澤紀信の生の魅力を味わえる機会が目白押しです。

更にヤマハミュージックコミュニケーションズより2017年秋頃デビューに向けて着々と準備が進んでいます。 「リスナーの人生に寄り添える語り手」として、 ファンを獲得してきた須澤紀信。 彼の紡ぐ世界観から目が離せません。

この度、 オープンしたのは、 須澤紀信の会員制オフィシャルWEBサイトです。 本サイトの設立に先立ち、 「プレ会員(無料)」を募集いたします。 同会員にご登録いただくと、 メールマガジンでの情報配信、 コンサート・イベントのチケット先行受付、 会員限定WEBコンテンツの閲覧などの特典をお楽しみいただけます。 本サイトについての詳細は、 下記をご確認ください。

▼ 須澤紀信Official Website
URL: https://suzawakishin.com

【 須澤紀信Official Website 詳細】

■URL
https://suzawakishin.com

■入会金・年会費
無料

■会員特典
・コンサート、 イベントなどのチケット先行受付
・メールマガジンでの情報配信
・会員限定WEBコンテンツの閲覧(動画、 会員ニュース、 Blogなど)
※会員特典は変更となる場合がございます。 予めご了承ください。


【会社概要】
社名:株式会社SKIYAKI
所在地:東京都渋谷区桜丘町15-14フジビル40 4F
代表者:宮瀬 卓也
資本金:374,000千円(資本準備金を含む)
事業内容:アーティスト・クリエイターのオフィシャルファンクラブ・ファンサイトサービス、 ECサービス、 電子チケットサービス、 サポートサービス、 アーティストドキュメンタリー映画制作、 オリジナルガジェット開発、 プラットフォーム開発

■Corporate: https://skiyaki.com/
■Facebook: https://www.facebook.com/SKIYAKIInc
■twitter: https://twitter.com/SKIYAKI_pr

当社は、 クリエイティブクラスの代表であるアーティストやクリエイターの活動によって世の中がさらに豊かになると考え、 その活動を支援するファンクラブ公式サイト制作、 運営及び公式グッズECサイト、 電子チケットサービスなどの開発を手がけております。 当社がアーティストやクリエイター、 企業、 およびファンの皆様から必要とされる存在であるために、 私たち自身もクリエイティブクラスでありたいという想いから、 「創造革命で世界中の人々を幸せに」という企業理念のもと、 全員が働きがいを感じ、 成長し続けることができる環境づくりを推進しております。


 (※1)“FanTech”とは、 “Fan×Technology”を意味する造語。 時代にあったテクノロジーを用い、 ファンとアーティスト、 クリエイター、 企業など創造主との新しい関係を生み出し、 これまでにない付加価値を生み出す動きのことを指します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です