ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

絶好調!集英社ファッションサイト『SPUR.JP』が2300万PVを突破。

絶好調!集英社ファッションサイト『SPUR.JP』が2300万PVを突破。
2016年1月のリニューアル以降、約1年で300%の成長率!
2017年5月期、 大躍進を続けるファッションサイト「SPUR.JP」(集英社)が2300万PVを突破しました。 SNSやニュースメディアを中心に拡大するリーチ力、 雑誌編集で培われた企画力を活かしたデジタルコンテンツ、 ユーザーを楽しませる運営方針など、 オリジナリティ溢れるメディア展開と今後の成長にご期待ください!

                     https://spur.hpplus.jp/

 

 株式会社集英社ブランド事業部が運営する「HAPPY PLUS(ハピプラ)」は、 集英社が発行する9つの女性誌の公式ウェブメディアプラットフォームです。 その中のひとつ、 日本発信のナンバー1・モード誌『SPUR』のウェブサイト「SPUR.JP」( https://spur.hpplus.jp/ )は、 “ファッションの今、 ファッションのその先へ” をコンセプトに、 ファッションマニアからモードエントリー層をターゲットにコンテンツを展開しています。 ファッションはもちろん、 ビューティ・ジュエリー&ウォッチ・ライフスタイル・カルチャーなど、 すべてをファッションと捕らえ、 ニュース・最旬トレンド・新しいスタイルの発信など、 他にはないオリジナルコンテンツを大充実させています。 さらに、 Instagram・Facebook・Twitter・LINEなど、 各デジタルチャンネルごとに用意されたコンテンツにも注目です。 たくさんのユーザーに情報を届けられるリーチ数の拡大、 ここでしか楽しめないオリジナリティの追求、 ソーシャルファーストなメディア運営など、 デジタルのトレンドをバランスよく取り入れ、 大きな成長と独自の価値を構築し続ける「SPUR.JP」( https://spur.hpplus.jp/ )にぜひご注目ください。

オリジナリティ溢れるコンテンツとエディター陣の個性が溢れるコラムが人気。
オリジナリティ溢れるコンテンツとエディター陣の個性が溢れるコラムが人気。

 

《継続成長のポイント》 
1.オーディエンス数増と広がる外部提携先でリーチ数がアップ
公式LINEの友だちが66万人、 LINE NEWS の友だちが21万人を突破し、 SPURへのロイヤルティが高いユーザーの囲い込みと流入率アップを引き継ぎ強化。 また外部チャンネルにヤフーニュースが加わり、 情報のリーチ力はさらにパワーアップしました。
 


2.既存コンテンツのリニューアルと新規企画でユーザー満足度を向上
注目ニュースの  “読みどころ=Editor’s Eye(エディターズ・アイ)” が加わり独自視点でお届けしている「ニュース」、 ゲッターズ飯田さんも嫉妬する話題の占い師・水晶玉子先生による「フルーツ・フォーチュン占い」、 読者のお悩みに美容界で大活躍の小田切ヒロさんが答える「小田切ヒロの肌ネツ教室」、 実際にあったエピソードをコンテンツ化する「SPUR ナショナル・ファッションストーリー・プロジェクト」など、 他にはないコンテンツが続々と公開。


3.ソーシャルファーストなコンテンツ作りとサイト改善
ソーシャルエンゲージメントの高い写真、 タイトル、 時間帯にこだわってコンテンツを企画。 さらに、 外部から流入するモードエントリーなユーザーを視野にいれたUIを定期的に改善。 新規ユーザー獲得と回遊率を上げることでユーザー数は130万人(3月)から140万人(5月)に、 回遊率は5.7PV/SS(3月)から6.5PV/SS(5月)と約10%アップしました。


《編集長より》
 SPUR.JP の月間PV が5月期に2300 万PV を超えました。 ここへきて大きく数字を伸ばすことができたポイントを、 “お店の経営” にたとえて言うならば以下の3 つになるでしょうか。

・「エントランスの間口を大きく広げて数も増やして、 お客様が入りやすくしました」 → リーチ数アップ
・「商品は質にこだわり、 さらにバリエーションも多く買い付けました」 → コンテンツリニューアル
・「店内で買い物をするお客様のことを第一に考え、 きめこまやかな接客を心がけました」 → ソーシャルファーストの徹底

  SPUR.JP はこれからも皆様に愛されるお店 = ウェブサイトであり続けます。 さらに “ALL SPUR” を合言葉にデジタルと本誌で培ってきた企画力とビジュアル表現を掛け合わせ、 ひとつのコンテンツを本誌、 ウェブともにマルチ編集できる環境を整えていきます。 今後ともどうぞご注目ください。

SPUR 編集長 山崎貴之
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です