ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

2018年にBerghainで大反響を呼んだGoldieとMartynのB2Bセットを東京で披露!

2018年にBerghainで大反響を呼んだGoldieとMartynのB2Bセットを東京で披露!
一夜を通じてBPM130の実験的なクラブミュージックから、BPM160で繰り出される90年代のクラシックなジャングル/ハードコアの猛攻まで、多彩なフューチャーソウルミュージックが大地を揺るがす予定
  • Goldie | Boiler Room x VIVA! Festival ▼


 

Goldie
革新者であり、 今もなお異端であり続ける、 まさにKing of Drum’n Bass、 Goldie。 ソングライター/DJ/プロデューサー/ヴィジュアル・アーティスト/俳優と多岐にわたる彼のキャリア初期は、 UK屈指のグラフィティ・アーティストとして名を馳せており、 David Bowie、 Noel Gallagher、 KRS-Oneなど多くの著名なアーティストのビジュアルを担当していた。 従来の流行であったハードコアレイヴなサウンドからの脱却、 より豊かでトリッピーなテクスチャを構築し、 ダークコアと呼ばれるハードコア・ブレイクビーツの新潮流を築く土台となり、 ドラムンベースの金字塔となった。 また、 アートの分野でも引き続き活動しており、 個展を開催するなど積極的に活動している。 2016年、 音楽とアートの両方での功績を称えられたGoldieは大英帝国勲章MBEを授与された。
 
  • Martyn | Boiler Room x Sugar Mountain 2019 DJ Set ▼


 

Martyn
本名Martijn Deijkers。 様々な音楽スタイルを融合した革新的なエレクトロニックミュージックを提示し続けるオランダ人アーティスト。 2000年代後半、 ポスト・ダブステップのムーブメントに乗って台頭したMartynは、 デトロイトテクノの未来的感覚とシカゴハウスのパワフルなグルーヴをダブステップ通過後の感性で落とし込んだ楽曲により、 早くから広くファンを獲得してきた。 彼の音楽が持つ多様な魅力は、 先進的なヒップホップサウンドで知られるFlying Lotusのレーベル”Brainfeeder”や、 イギリス屈指の名門レーベル”Ninja Tune”からアルバムを発表してきたことからも明らかだ。 他にも、 鮮烈な色使いによるコラージュデザインで知られるレーベル”3024″のA&Rとしても手腕を振るい、 近年ではベルリンのクラブPanorama BarのレジデントSteffiとのプロジェクトDoms & Deykersの作品を発表している。 ときに大胆な選曲と滑らかなロングミックスで知られ、 世界中の主要クラブ/フェスティバルの常連となっている。
 
  • イベント詳細
2月28日(金) GOLDIE B2B MARTYN ALL NIGHT LONG

Open 22:00
Under 23 ¥1000, Before 11PM ¥1000, GH S Members ¥2800
w/Flyer ¥3300,  facebook Discount ¥3300, Door ¥3800

《前売券》
◎Resident Advisor https://jp.residentadvisor.net/events/1375815
◎clubberia https://clubberia.com/ja/events/290311/
◎iFLYER https://iflyer.tv/event/323072/
——————————————————————————–
Studio:
Goldie (Metalheadz | UK)
Martyn (Ostgut-Ton | US)

Contact:
Gonno (WC | Merkur | mule musiq | International Feel)
YMASA (Grace | Attahment)
kenjamode (Mo’House)
FELINE
 
Foyer: – Village Ram Floor – 
KI Drifter Live
秋本”HEAVY”武士 (DRY&HEAVY | REBEL FAMILIA)
DJ Auto (TENT SoundSystem)
tsukuru (shaman)
Village Ram DJ SET (Ya, 耕, DOI)
 
[Paint]
misako okamoto

『重低音の覇者が世代を超えて激突』
ふたりのDJの間でクリエイティブな相乗効果が生まれるとき、 ダンサーとDJの双方にとって魔法のような空間が誕生する。 まさにその空間を創り上げたのが、 2018年にBerghainでGoldieとMartynが披露したB2Bセットだ。 そして今回、 大反響となったその魅惑の体験をここ東京でも巻き起こすべく、 MartynがふたたびGoldieとタッグを組む。
エレクトロニックミュージック界でとりわけ大きな話題を呼んできた存在であるGoldieは、 90年代のUKハードコアとジャングルの台頭とともにストリートのタフな現場から成り上がったオリジネーターだ。 全ドラム&ベースの象徴と言っても過言ではないレーベル〈Metalheadz〉を設立後、 最重要アルバム「Timeless」を筆頭にプロデューサーとして常識をくつがえす革新的な作品をリリースしてきた。
そうして切り開かれたドラム&ベースの世界で、 当初、 切れのあるソウルフルなサウンドを標榜していたMartynは、 刺激的な音楽変異を促した00年代のポストダブステップへ電撃参入。 シーンに多大な影響を与えたアルバム「Great Lengths」を発表した自身のレーベル〈3024〉は、 にわかに進化を遂げたクラブミュージックを体現する急先鋒となり、 Martyn自身とともに、 楽曲のテンポ、 使用するサウンド、 リズムの構造にわたって、 実に多彩なスタイルを探求してきた。
世代の異なるGoldieとMartynのふたりを結びつけるものは何か? それはソウルと未来を感じさせるサウンドだ。 一夜を通じてStudio Xフロアを独占する今回のB2Bセットでは、 BPM130の実験的なクラブミュージックから、 BPM160で繰り出される90年代のクラシックなジャングル/ハードコアの猛攻まで、 多彩なフューチャーソウルミュージックが大地を揺るがす予定だ。 重低音の覇者がぶつかり合う一夜。 見逃すわけにはいかない!
 




















========================================
Contact
東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館地下2階
Tel: 03-6427-8107
http://www.contacttokyo.com
You must be 20 and over with ID
 

プレスリリース素材ダウンロード

https://prtimes.jp/im/action.php?run=html&page=releaseimage&company_id=24165&release_id=727

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です