ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

テレビ大阪「おとな旅あるき旅」が2週連続90分SP!!第1弾の2月29日(土)は初登場の“藤あや子”と“伍代夏子”がスペシャルゲストに登場。三田村邦彦とともに京都・祇園~太秦までを巡る。

テレビ大阪「おとな旅あるき旅」が2週連続90分SP!!第1弾の2月29日(土)は初登場の“藤あや子”と“伍代夏子”がスペシャルゲストに登場。三田村邦彦とともに京都・祇園~太秦までを巡る。
テレビ大阪製作「おとな旅あるき旅」2月29日(土)夜6:30~7:57放送
伍代夏子と藤あや子、 両手に花状態で京都を満喫した三田村邦彦は「本当に時が止まって!」と思ったほど楽しかったそう。 今回のロケは伍代と藤を京都でおもてなしするというテーマ。 終始リラックスモードだった3人は“素”が出過ぎてしまった様子。 京都らしい品々を前に美女2人が思わず爆買いする様子は必見!!

2月29日(土)放送の『おとな旅あるき旅 京都90分スペシャル』に、 伍代夏子と藤あや子がスペシャルゲストとして登場。 三田村邦彦とともに京都の祇園・太秦・嵐山などを1泊2日でめぐる。 1日目は、 アンティーク着物を扱う呉服屋、 老舗蒲鉾店などに立ち寄って買い物を楽しみ、 有名中華店でフカヒレや小籠包に舌鼓を打った3人。
 

『おとな旅あるき旅』初登場の藤は「仕事とプライベートの区別が付かないくらい楽しい」と終始ご満悦。 昨年、 『天神祭生中継』で三田村と共演した際に、 三田村から「『おとな旅あるき旅』に出ていただけませんか」と相談され、 「ぜひお声かけしてください」と応えたことをふり返り、 「ようやく叶いました」とにっこり。 これを受けて三田村も、 「社交辞令が多い中、 ちゃんと出てくださって嬉しいです」と喜んだ。 一方、 伍代は4回目の出演。 それだけに「この番組は仕事じゃないです、 という感じなので(笑)いつも楽しく食べて飲んで」と余裕の笑顔。


今回のロケは、 伍代と藤を京都でおもてなしするテーマで、 伍代に「前回とテンションが全然違う」とツッコまれると、 「テンションは高いですが、 ものすごく気がラクです」と三田村。 これを聞き、 藤は「じゃあ良かった。 私たちも自然体でいられます。 ‟素”が出すぎちゃってちょっとまずいかな」とリラックスムード。 三田村は、 特にふたりが買い物する姿に癒やされたと話し、 「本来の『おとな旅あるき旅』は、 60歳くらいのリタイアした方たちが、 ご夫婦でちょっといい旅がしたいね、 という発想から始まった番組。 ご主人が、 奥さんを『いつもありがとうね、 行きたいところ、 ある?』と、 そういうイメージで始まったんです。 だから今回は、 そういう意味では本来の番組の姿に近づいているのかな、 と思いますね」と満足げ。
 

また、 この日回ったお店を振り返り、 特に2軒目に立ち寄った呉服店では帯留めなどを買ったそうで、 伍代が「3点買ったら安くなるというので買っちゃった」と言うと、 「あれ、 私が言い出しっぺで。 欲しいのが3つあって迷ってたんですが、 もしかして3つ買ったらマケてくれるという手があるのかなと思って一応言ってみたら、 いいですよと言ってくれたので。 それで勉強していただきました」とにっこり。 伍代も「ああいう時は買わなきゃ損ですよね」と嬉しそう。 買い物するふたりを見ていたという三田村は「このおふたりが値切る姿、 いいなぁって(笑)。 こういうところがラクなんです。 遠慮して値切らないより、 値切ったほうが人間的ですごく素敵だな、 いいなぁって思いました」と目を細めた。

着物を着る機会が多いため、 京都にはよく買い出しに来るそうで「京都ではだいたい小物を買うことが多いですね」と藤。 伍代も「以前は縁起を担いで、 11月の終わり頃、 まだ紅葉が少し残っている時期だけど観光客が減った時期に、 翌年の1年分の足袋や襟、 かんざしを買いに来ていました。 昔はそうしたものを、 お正月に新しくしたいというのがあったんですよ。 でも最近は忙しくなっちゃって、 なかなか来れなくて」と明かした。 藤は「私達は先輩たちを見てきて、 自分たちもいつか着物を買ったりドレスを作ろうというのが目標だったりしますから」と語った。 また、 伍代も「後はやっぱり着物が好きだから。 コレクションとして買い集めちゃうんです」と明かした。

また、 『おとな旅あるき旅』が長寿番組へと育った秘訣を三田村は、 「この歳になると、 店で料理人やシェフの方の人生観を聞くのがとても楽しみ。 黒澤明監督が『ひとりの人生には映画1本分撮れるくらいの人生があるんだよ』と言っていたんですが、 まさにその通り。 面白い人生を歩んでる方がたくさんいらして、 その話を聞くのが結構楽しみです」と旅先での人との出会いも楽しんでいる様子。 さらに「予約が取れない店ならそう言いますし、 行列ができる店なら並んでいるところも紹介します。 ほとんどドキュメンタリー方式で、 きちっと伝えないと嘘は見破られちゃって大変になるじゃない」とも話した。 藤も「嘘がないからこそ、 の良い番組なんですね」とうなずいていた。

今回で出演が4回目の伍代は長寿番組の秘訣を「三田村さんのゆったり感だと思います」とし、 最初に出演したロケで「私と一緒にゲスト出演したコロッケさんとそれぞれ買い物に夢中になっていたら、 いつの間にか三田村さんがいなくなっちゃって。 どこ行ったんだろうと思ったら、 串揚げ屋さんで一杯やっていて(笑)。 行きあたりばったりで、 伸び伸び自由にやらせてもらって、 何があるかわからないというのが魅力かなと思います」と笑顔で語った。

この日、 初めて三田村とロケに行った藤も「自然体で良いですよね。 なんて自然体で優しくて、 穏やかな方なんだろう、 と」と三田村のジェントルマンぶりを絶賛。 また、 京都にも思い入れは強いそうで「私は秋田出身なので京都には憧れがあります。 高校時代に修学旅行で訪れましたが、 回るところも決まっていたし。 でも今回のロケで、 何も決めずに適当に高そうな店でも『入っちゃう?』みたいな感じで入るのは大人ならでは、 この番組ならでは。 三田村さんは兄貴!って感じで、 頼りにしてます」と笑顔で語った。

 

  •  【番組内容】
今回は、 京都1泊2日の旅。 旅は明智光秀ゆかりの町・亀岡からスタート。 パートナーはスペシャルゲスト、 伍代夏子と初出演の藤あや子。 1日目にまず三人が向かったのは、 丹波亀山城の城下町。 立ち並ぶ築100年以上の古民家をぶらり散策します。 昼食は三田村おすすめの名店へ。 京野菜を使った家庭料理を堪能します。 お腹を満たした三人が次に向かったのは嵐山。 竹林の小径をゆったり歩きながら、 続いて京都屈指の禅寺へと向かいます。 そこでは、 明智光秀ゆかりの特別公開を見学。 歴史を感じた後は、 三人も時代劇などで馴染みのある太秦映画村へと向かいます。 そしてお待ちかねの夕食は、 三条会商店街にある焼肉屋へ。 厳選された黒毛和牛の希少部位をいただきます。 2日目は祇園へ。 まず三人が向かったのは古美術などが立ち並ぶ新門前通り。 アンティークの着物や食器にかんざしなど、 伍代と藤の買い物が止まりません。 昼食は元お茶屋だった建物を改装した中華のお店へ。 人気のフカヒレ料理に盛り上がります。 続いては花見小路をぶらり散策。 ここでも伍代と藤の買い物が止まらず、 三田村が案内される格好に。 そして最後の夕食は、 三田村行きつけのお店へ。 ランチでは幻のカレーを販売するこのお店、 夜は店主オリジナルの料理が続々。 今宵もお酒がすすみます!
 
  • 【放送概要】
番組名:「おとな旅あるき旅 京都90分SP」
放送日時:2月29日(土)よる6:30~7:57放送
番組HP: https://www.tv-osaka.co.jp/ip4/tabi/
さらに翌週の3月7日(土)は2週連続90分SPの第2弾!泉ピン子&坂本冬美と奈良を満喫スペシャル!
 

プレスリリース素材ダウンロード

https://prtimes.jp/im/action.php?run=html&page=releaseimage&company_id=20945&release_id=647

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です