ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

クールビズ…何を着ていいかわからない貴方に!【クールビズ診断】

クールビズ…何を着ていいかわからない貴方に!【クールビズ診断】
2017年6月6日(火)発売『MEN'S EX 7月号』
クールビズ文化はすっかり浸透したが、 いまだに盛夏の服装に迷う声は多い。 6月6日(火)発売の『MEN'S EX 7月号』では貴方のクールビズタイプを診断するチャートを作成。 取り入れるべきアイテムと最適な装いが見付かります!
クールビズ文化はすっかり浸透したが、 いまだに盛夏の服装に迷う声は多い。 服装規定が格段に緩くなるこの時期、 基準となるのは会社ごとのルールとTPO、 そしてその中でどう装いたいかという貴方の志向だ。
そこで、 貴方のクールビズタイプを診断するチャートを作成。 各タイプごとに、 取り入れるべきアイテムと最適な装い方を紹介する。
 


◆"動く"ビジネスマンの理想をイージーセットアップが叶える!

外回りや出張など、 社内外で動き回る機会の多いビジネスマンにとって、 快適さ&きちんと感の両立は最大の課題。 その最新回答として今、 大ヒット中なのが、 極軽仕立てで機能的、 上下単品使いもできるイージーセットアップだ。 形はスーツでも、 着心地は別物。 その違いを解説!


1.革命的に軽い!

従来のアンコンジャケットよりもさらに軽量化し、 シャツのような着心地を実現。 写真のジャケットとの比較では一般的なジャケットより約3倍も軽いという結果に。 仕立て技術の進化により、 超軽量でもしっかりスーツ然と見える。

2.機能性全部盛り

近年いっそうの進化を見せる高機能素材を採用しているのもイージーセットアップの特徴。 防シワ、 伸縮、 吸水速乾などに加え、 昨今は洗えるスーツも珍しくない。 汗まみれになる盛夏も安心なのだ。

3.着回し超万能

スーツでなくセットアップが人気なのは、 上下をそれぞれ単品使いもできる汎用性ゆえ。 TPOや気候に合わせて様々に着回しできるのも魅力だ。

MACKINTOSH PHILOSOPHY -マッキントッシュ フィロソフィー-(上写真右のジャケット)
ベストセラー「トロッター」シリーズの一着。 クールマックスファブリックのシアサッカー地で、 超軽量、 洗える、 吸水速乾、 伸縮、 耐シワと至れり尽くせり。 ジャケット3万円、 パンツ1万6000円(以上SANYO SHOKAI)

◆上着なしでも、 パンツ一本でクラシックに


装うアイテムが少ないこともあって、 着こなしが単調になりがちなシャツ一枚のクールビズスタイル。 周囲と差別化を図るうえで、 最も頼りになるのがパンツの存在感だろう。 素材や色はもちろんシルエットやディテールなど、 旬のクラシックパンツを取り入れることで、 涼感を意識しながらも、 洒脱さをアピールしよう。

●ノープリーツでもクラシックに映える >> ソラーロ素材
INCOTEX -インコテックス-
軽快なノープリーツパンツも、 イタリアの伝統的な夏素材、 ソラーロでクラシックなムードを取り入れたい。 光が当たると生地の表面がキラキラと玉虫色に輝き、 個性を主張してくれる。 トラディショナルな意匠のビットローファーとの相性は抜群だ。

パンツ3万7000円/インコテックス(ザ スローウエア ストア 東京ミッドタウン店) シャツ2万300円/ギ ローバー(シップス 銀座店) ベルト1万4000円/サドラーズ(ビームス ハウス 丸の内) 靴3万8000円/カルミナ(ザ ソブリンハウス) 時計〈スタイリスト私物〉

●腰回りのゆとりが粋の要 >> 2プリーツ
GTA -ジーティーアー-
クラシックかつエレガントな意匠といえば、 2プリーツ。 なかでも、 ビームス限定「エリック」には要注目。 人気定番モデル「プリモ」をベースに裾幅を0.5mm細くし、 よりテーパードを強調したシルエットに。 タッセルが付き、 英国伝統の意匠のメダリオンがトウに入ったローファーならドレッシーさは極まる。

パンツ2万8000円/GTA、 ベルト1万円/サドラーズ(以上ビームス ハウス 丸の内) シャツ1万6600円/シップス(シップス 銀座店) 靴8万3000円/クロケット&ジョーンズ(ジャケットリクワイヤード 表参道店) 時計〈スタイリスト私物〉

●ビスポーク感で上級者に見せる >> ベルトレス
RING JACKET -リングヂャケット-
最旬のディテールをビジネスパンツで堪能するならこちら。 2プリーツのベルトレス、 サイドアジャスター付きの、 ビスポークパンツのような表情。 シャリシャリとした強撚ウールは、 肌にひんやりと心地よく馴染む。 ライトグレーの軽快さを茶スエードが引き立て、 伝統的なシングルモンクの意匠も上品に馴染む。

パンツ3万9000円/リングヂャケット(リングヂャケットマイスター 青山店) シャツ1万8000円/エディフィス(エディフィス 渋谷) 靴12万円/ストール マンテラッシ(トレーディングポスト青山本店) 時計〈スタイリスト私物〉
 


<目次>
●10年前と同じ格好していませんか?
 「土日の服が分からない」にすべて答えます!
●貴方の会社で許されるのはどこまで?クールビズ診断
●バーゼル発表の新作で分かった!
 100年愛せる時計の選び方 etc・・・
 <刊行概要>
『MEN’S EX 7月号』
■発売日:2017年6月6日(火)
■定価 :820円(税込)
■公式HP: http://www.mens-ex.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です