ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

6月4日が「武士の日」と正式認定(制定者:NPO法人ゼロワン)300名以上の武士が見守る中、日本記念日協会 加瀬氏が登壇、記念日登録証授与式でゼロワン理事長米田が登録証を受け取りました!

6月4日が「武士の日」と正式認定(制定者:NPO法人ゼロワン)300名以上の武士が見守る中、日本記念日協会 加瀬氏が登壇、記念日登録証授与式でゼロワン理事長米田が登録証を受け取りました!
 NPO法人ゼロワン(本部:大阪府大阪市、 理事長:米田真介)は、 一般社団法人日本記念日協会(所在地:長野県佐久市、 代表理事:加瀬清志)から、 6月4日を「武士の日」として記念日登録認定されました。 同日20:00より記念日登録証の授与式を行い、 ゼロワン理事長の米田は日本記念日協会代表理事の加瀬氏より、 記念日登録証を受け取りました。
 会場となった東京体育館にはチャンバラ合戦イベントを終えたばかりの300名を超える武士たちが見守る中「武士の日」という新たな記念日の誕生を共に祝福しました。

当日参加者の武士約300名
当日参加者の武士約300名


 ◾️ 日本記念日協会 代表理事 加瀬 清志 氏のコメント
 「武士の日」制定は、 日本の歴史の再認識にもつながる大変喜ばしいことと感じています。 日本記念日協会は上田市の隣にあります。 その上田を舞台にし昨年放映されたNHK の大河ドラマ「真田丸」は大変な人気でした。 今回の「武士の日」制定を記念して、 是非、 このチャンバラ合戦を上田 城の前で開催することがあれば私としても嬉しいです。 「武士の日」制定を契機に、 チャンバラ合戦-戦IKUSA-のますますの発展を祈念しています。

 

(左)一般社団法人 日本記念日協会 代表理事 加瀬 清志 氏 (右)NPO法人ゼロワン 米田 真介
(左)一般社団法人 日本記念日協会 代表理事 加瀬 清志 氏 (右)NPO法人ゼロワン 米田 真介


◾️ NPO法人ゼロワン理事長 米田 真介 のコメント
 2011年にチャンバラ合戦-戦IKUSA-を考案して以降、 当初は地方創生イベントなどで展開していましたが、 最近では大手企業の社員研修などでも導入されるなど、 その活動のすそ野は広がっています。
 今回の「武士の日」記念日登録は、 我々の活動のさらな る飛躍をはかる上で大きな後押しになると確信しています。 今後も国内に限らず、 海外なども視野に入れたダイナミックな活動を目指しますので、 これからも我々の活動にご期待ください。

 

 

 

(左から)ゼロワン東京代表 元親、  理事長 米田真介、  記念日協会 加瀬清志氏、  広報 山口美波、  副理事 赤坂大樹
(左から)ゼロワン東京代表 元親、 理事長 米田真介、 記念日協会 加瀬清志氏、 広報 山口美波、 副理事 赤坂大樹

 

 

※「武士の日」とは
 6月4日は、 6(ぶ)4(し)と読める語呂合わせがあること、 また、 戦国時代最後の戦いと言われる、 大坂夏の陣で豊臣氏が滅亡した日が6月4日(新暦表記)であるという説に由来しています。
 日本史上の戦国時代は6月4日に終結したが、 武士道を引き継ぎ、 世界一平和な戦、 チャンバラ合戦-戦IKUSA-は終わることなく続いていくという想いが込められています。

「武士の日」記念日登録証
「武士の日」記念日登録証

【NPO法人 ゼロワンについて】
代表者:米田真介
設立:2013年12月
<所在地>
大阪事務局:大阪市北区池田町17-7
東京事務局:東京都豊島区東池袋2-39-2大住ビル1001
TEL:070-1431-8129 (ゼロワン窓口担当連絡先、 受付は平日 10:00~19:00)
MAIL:ikusainfo@gmail.com
URL: http://tyanbara.org/
活動目的:チャンバラ合戦を通して地域の活性化と日本の文化の発信に貢献する事

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です