ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

音楽のある生活を愉しむ 新世代スピーカークロックを発売

音楽のある生活を愉しむ 新世代スピーカークロックを発売
セイコークロック株式会社(本社:東京都江東区/代表取締役社長:萩原 健二)は、 音楽再生やワイドFM放送を高音質で楽しめるクロック「セイコー SS501」1機種2モデル(オープンプライス)を7月中旬より全国で発売いたします。
 


大画面&ハイコントラスト液晶を使った見やすいデジタルクロックに、 スマートフォンなどの Bluetooth(R) 対応機器からのワイヤレス転送やUSBメモリに保存した音源を使って手軽に音楽再生を楽しめる高音質スピーカーを搭載しました。 更にワイドFM放送にも対応し、 また心地よい眠りと目ざめをアシストするオリジナルメロディを内蔵するなど、 様々な音と音楽に対応したマルチサウンドクロックです。

【商品の特長】
大画面&ハイコントラスト液晶 視認性に優れた時計
お部屋のマスタークロックとしていつでも見やすく時刻を表示します。 水晶発振式(クオーツ)のクロックとしてお使いいただける他、 スマートフォンの時刻に同期させる専用アプリもご利用いただけます。

 

利用イメージ(リビングルーム)
利用イメージ(リビングルーム)


オーディオの老舗Onkyoが認めた高音質
リビングのシェルフやベッドサイドにも置きやすいコンパクトな一体型ながら、 内部で左右が独立したスピーカーボックス構造を採用。 ノイズを抑えた、 クリアで長時間のリスニングでも疲れにくいナチュラルなサウンドは特にヴォーカルが引き立つ音づくりです。
Powered by Onkyoはオーディオメーカーの老舗オンキヨーに認められた印です。

スマホ音源、 USB音源などを手軽に再生
スマートフォンなどのBluetooth対応機器からのワイヤレス転送により、 離れた場所でもスマートフォンの音源を愉しめます。 NFC※対応端末とはワンタッチで更に簡単に同期できます。 またUSBメモリに保存した音源も手軽に再生できます。
※近距離無線通信(Near Field Communication)の国際規格

AMラジオ番組もクリアな音声で聴けるワイドFMに対応
FM周波数帯を利用してAMラジオ番組を雑音の少ないクリアなステレオ音声で聴けるワイドFM(FM補完放送)※に対応しています。
※ワイドFM(FM補完放送)
AM放送局の放送区域において、 災害や電波障害に強いFMの周波数を使ってAMラジオの番組を放送することで、 全国各地で対応放送局が増加中です。

利用イメージ(ベッドルーム)
利用イメージ(ベッドルーム)


快眠セラピスト三橋美穂氏監修のメロディ
心地よい眠りへ誘うメロディ(1曲)と、 爽やかな目ざめをアシストするアラームメロディ(3曲)を内蔵しました。 いずれも快眠セラピストとして著名な三橋美穂氏監修によるものです。

※快眠セラピスト三橋美穂氏
わかりやすく実践的なメソッドがテレビや雑誌等で支持を集め、 睡眠のスペシャリストとして多方面で活躍中です。

快眠セラピスト三橋美穂氏
快眠セラピスト三橋美穂氏


※三橋美穂氏監修のメロディ
適度な意外性と規則性がバランスよく調和した「1/fゆらぎ」を含んだオリジナルメロディです。 快適性や癒し効果を与えると言われています。 注)心地よい眠りへ誘うメロディ、 アラームメロディともにその効果を保証するものではありません。

マルチサウンドクロック セイコーSS501は、 従来からの置時計の概念を超え、 生活者のニーズに応えるべく誕生した実用性とインテリア性を兼ね備えたクロックです。 クロック流通に留まらず、 拡大しているブルートゥーススピーカー市場での需要も見込んでおり、 今後も商品ラインアップを拡充していく予定です。

【製品仕様】
  • 高さ100×幅280×奥行90mm 1.3Kg
  • 電源 AC100V
  • 表示輝度3段階切替
  • アラーム(内蔵3種) 快眠アシストメロディ(内蔵1種) スリープタイマー
  • 出力10W(5W+5W)
  • Bluetooth転送、 ラジオ(ワイドFM対応)、 USB(MP3、 WMA)の再生
2017年7月14日発売予定

※Bluetoothは、 Bluetooth SIG Inc.の登録商標であり、 ライセンスに基づきセイコークロック株式会社が使用しています。
※「Onkyo」「Powered by Onkyo」はオンキヨー株式会社の商標ならびに登録商標です。

この件に関するお問い合わせ先
プレス関係 セイコークロック(株)企画部 広報・宣伝担当 03-5639-6290
一般のお客様 セイコークロック(株)お客様相談室 0120-315-474

本商品のプレスリリース  http://www.seiko-clock.co.jp/news/2017/20170608.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です