ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

「好きにしたい、自由でいたい、迷惑はかけたくない」を最期まで実現する、おひとりさまのガイドBOOK発売

「好きにしたい、自由でいたい、迷惑はかけたくない」を最期まで実現する、おひとりさまのガイドBOOK発売
【トピックス】
■おひとりさまの3大不安は「病気」「お金」「認知症」
■おひとりさまの大往生は、 早く動いた人が成功する
■おひとりさまのほうが在宅医療に向いている
株式会社主婦の友社は、 2020年3月11日(水)に 『おひとりさまの大往生ガイドBOOK』 https://www.amazon.co.jp/dp/4074409348/ を発売いたしました。


 日本人の平均寿命は女性87.32歳、 男性81.25歳で、 その差は6歳以上。 今ひとり暮らしの人も、 配偶者が先だったあとの将来のおひとりさまも、 子どもがいてもいなくても、 誰もがひとりで亡くなる可能性がある時代です。

 最期まで好きなように、 自由に暮らしたい。 でも、 甥っ子や姪っ子や、 遠い親戚には迷惑はかけたくない、 そんな人に読んでもらいたい1冊です。
 
  • おひとりさまの大往生は情報戦
  おひとりさまの大往生は情報戦です。 準備をして、 考えておいた人の勝ち です。 「縁起でもない」「歳をとってから考えればいい」と思いがちですが、 それでは遅いのです。 高い買い物をせざるを得なかったり、 不満足な選択肢しかなかったり、 という状況に陥ります。

  元気なうちから情報を集めていると、 いざ!というときに満足のいく選択肢があり、 ゆとりがもてます 。 情報があふれる中、 本書では、 どのポイントを押さえておけばよいのかがわかります。
 
  • 元気なうちに、 家の中を点検しておく
  元気なうちに、 おひとりさまがすべきことのひとつは、 ひとり暮らしの事故を防ぐ環境づくり です。
 日常生活における事故で緊急搬送された高齢者の8割が「ころんだ」ことが原因。 事故の発生場所でもっとも多いのは、 「居室・寝室」です。 ひとりで自宅でけがをして動けなくなると、 重症化するおそれがあります。


 ほかにも、 かかりつけ医を探す、 地域包括支援センターを訪ねるなど、 元気なうちに得た情報は、 いざというときの強い味方になります。
 
  • おひとりさまの入院には、 各種サポートを活用
 おひとりさまで入院したらと思うと不安が募ります。 身元保証人は? 入院中の日用品は誰が用意するの? 体調が悪いときにお金の管理はどうしたらいい? いざ退院することになったとして、 ひとりで暮らしていけるの?

 入院中の日用品はレンタルを活用できますし、 身元保証人についてはさまざまな問題を含んでいますが、 複数の相談先や対策があります。 知っているのと知らないのとでは大違い!です。
  • おひとりさまは在宅医療に向いている
 体が動かなくなる、 自由がきかなくなると、 在宅か病院かという問題が持ち上がります。 それぞれメリットとデメリットがありますが、 好きなものを食べたり、 好きな時間に起きたり、 好きな人に会ったりと自由がきくのは断然、 在宅医療です。

 最期まで自宅で過ごすと決めた場合は、 実はおひとりさまのほうが、 意思を貫きやすい面もあります。 家族がいっしょだと、 どうしても家族の介護負担が大きくなるため、 申し訳なく感じて在宅をあきらめる人がいるからです。
 おひとりさまなら、 自分ができないことは介護保険でヘルパーに依頼するなどして、 在宅で過ごすことは十分に可能です。
  • 在宅医療はこんなに進んでいる
 在宅では病院のようなケアが受けられないのでは、 と心配する人がいますが、 最近は医療機器の小型化、 軽量化が進んで、 病院とほぼ同じレベルの医療が受けられるようになりました。 在宅医が処方した痛み止めをきちんと服用すれば、 在宅でも痛みのコントロールは可能です。

 
  • おひとりさまの施設選び。 「高い施設=サービスがいい」ではない
 私は施設で暮らすのが気楽でいいわ、 という人の場合。 ちゃんと調べれば、 安くてよい施設は全国にたくさんあります。 早く探すほど、 いい施設が見つかる確率は高くなります。 施設希望の人は、 60代後半から70代前半には、 実際に施設を見学にいくことをおすすめします。

 
  • 「死後事務委任契約」なら安心
 亡くなったあとの事後処理をきちんと考えておくと安心です。
 おひとりさまにおすすめなのは、 生きているときに依頼する相手に伝えて委任する「死後事務委任契約」。 委任する内容は、 葬儀のこと、 病院や施設の手続き、 家賃や公共料金の支払い、 遺品整理、 役所への届出など、 さまざまです。


 おひとりさまの3大不安は「病気」「お金」「認知症」です。 具体的に何をどう考えたらいいのかを知っておくと安心できます。 まだ先のことだとしても、 早めの一歩を踏み出す提案です。
 
  • 【監修者プロフィール】
村松静子
在宅看護研究センターLLP代表・看護コンサルタント株式会社代表
日本赤十字社医療センターICU初代看護師長。 在宅看護研究センターを設立し、 老人訪問看護ステーション創始のモデルとなる。 メッセンジャーナース認定協会を立ち上げ、 「開業ナース」としての活動が認められ、 赤十字国際委員会より「フローレンス・ナイチンゲール記章」を受章。
  • 書籍情報

タイトル:おひとりさまの大往生ガイドBOOK
監修:村松静子
本文イラスト:タハラチハル
四六・160ページ
本体1400円+税
ISBN:978-4-07-440934-1
発売日:2020年3月11日(水)
[Amazon] https://www.amazon.co.jp/dp/4074409348/
[Kindle] https://www.amazon.co.jp/dp/B085KVCJYQ/


 
  • 本件に関するメディア関係者のお問い合わせ先
株式会社主婦の友社 広報・プロモ―ションユニット
TEL:03-5280-7577(直通)
pr@shufutomo.com (★は@に変換してお送りください))


 

プレスリリース素材ダウンロード

https://prtimes.jp/im/action.php?run=html&page=releaseimage&company_id=2372&release_id=1167

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です