ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

男性よりも女性のほうが「老後難民」になりやすい傾向が……“お金の増やし方”を資産形成の第一人者が超わかりやすく解説します

男性よりも女性のほうが「老後難民」になりやすい傾向が……“お金の増やし方”を資産形成の第一人者が超わかりやすく解説します
『「老後の資産形成をゼッタイ始める!」と思える本』発売中
「退職後の生活のための資産形成をゼッタイ始める!」と決意していただくための一冊です。
  • 夫婦で別々の口座を持っている
  • 家計簿をつけるのが得意
  • クレジットカードは使わない
……そんなあなたは老後難民になるかも
「老後資金3000万円」を作る 方法や 「3%運用4%引き出し」 の極意とは!

女性のほうが「老後難民」になりやすい、 資産形成と言われても、 何から始めたらいいのか……
まずは今の自分が置かれた状況を知ることから始めます。 それから資産運用です。

ではなぜ女性のほうが「老後難民」になりやすいのか。
理由の1つに「平均余命」があります。 2065年の人口推計によると女性の高齢化率は41.8%で、 「超高齢化社会」の本質は「超高齢化女子社会」だと言えると著者は語っています。

「老後難民女子」にならないためにはどうすれば良いのか?
老後難民 」という言葉を生み、 「 老後資金2000万円 報告書の作成 にもかかわり、
マネーセミナーのカリスマ講師 としても知られる著者が、 なぜ資産運用が必要なのかを説き、 定年後の準備とその具体的な方法を解説します。
「資産の何%を老後資金の準備にあてればいいのか? それを何%で運用し、 いつまでにどのくらいのお金を準備すればいいのか? さらに定年後は何%で運用し、 どのくらいのペースで取り崩せばいいのか?」といったギモンを具体的な「数字」で説明。

◎老後難民女子度チェックシート
◎老後難民女子度チェックシート

 マネー初心者の主婦をはじめ、 資産運用の経験がない人、 数字が苦手な人でも、 “簡単”に“わかりやすく”理解できます。

老後準備の「はじめの一歩」 を踏み出し、 今日から対策を始めましょう!


【著者プロフィール】
野尻哲史(のじり さとし)

合同会社フィンウェル研究所代表。
1959年生まれ。 1982年に大学を卒業、 国内外の証券会社調査部勤務を経て、 2006年からフィデリティ投信株式会社に勤務、 2007年よりフィデリティ退職・投資教育研究所所長。 20年以上にわたり資産形成・資産活用の啓発活動を続ける。 2019年5月、 定年後の雇用延長契約で同所長を続ける傍ら、 合同会社フィンウェル研究所を設立し、 資産形成を終えた世代向けに、 資産の取り崩し、 地方都市移住、 勤労などに特化した啓発活動をスタート。 行動経済学会、 日本FP学会などの会員、 日本アナリスト協会検定会員、 2018年9月からは金融審議会市場ワーキング・グループ委員。 著書に『老後難民 50代夫婦の生き残り術』『定年後のお金』(いずれも講談社+α新書)、 『定年に備えるお金の教科書』(学研パブリッシング)、 『脱老後難民 「英国流」資産形成アイデアに学ぶ』(日本経済新聞出版社)など多数

■新刊概要
タイトル:『「老後の資産形成をゼッタイ始める!」と思える本』
著者:野尻哲史
発売:2020年3月16日
定価:1430円(本体1300円+税)
判型:四六判
発売元:株式会社 扶桑社
ISBN:978-4-594-08426-4

■購入リンク
Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/4594084265/
楽天ブックス
https://books.rakuten.co.jp/rb/16219287/

■本書の内容、 取材などについては下記へお問い合わせください
株式会社扶桑社 宣伝部 PR担当
Mail:fusoshapr@fusosha.co.jp

プレスリリース素材ダウンロード

https://prtimes.jp/im/action.php?run=html&page=releaseimage&company_id=26633&release_id=431

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です