ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

見た目が丸ごとひつじのラッピング電車「ひつじでんしゃ」を運行します

見た目が丸ごとひつじのラッピング電車「ひつじでんしゃ」を運行します
こどもの国線で大人気の「うしでんしゃ」に新たな仲間が加わります!
 東急電鉄株式会社(以下、 東急電鉄)、 社会福祉法人こどもの国協会、 および株式会社雪印こどもの国牧場(以下、 こどもの国牧場)は、 こどもの国(神奈川県横浜市青葉区)の魅力を発信し、 より多くの方にお越しいただくため、 2020年3月29日(日)から、 こどもの国牧場の羊をイメージしたラッピング電車「ひつじでんしゃ」を運行します。 また、 2020年3月末までの運行を予定していた「うしでんしゃ」も好評につき、 継続して運行することを決定しました。
 こどもの国線は田園都市線長津田駅とこどもの国駅を結ぶ3駅から成る路線で、 沿線にお住まいの方のほか、 こどもの国に来園される方の利用も多い路線です。 こどもの国に併設されている雪印こどもの国牧場では約30頭の羊や、 約40頭の牛などの動物が飼育されており、 実際に動物に触れ合い、 バター作りや乗馬、 乳搾りなど、 さまざまな体験ができます。

 2018年10月に運行を開始した「うしでんしゃ」は、 車体を丸ごと牛に見立てた外観、 牧場風景の内装が人気を集め、 Instagramにはこれまでに1,000件以上の投稿が寄せられています。
 「ひつじでんしゃ」は、 こどもの国線の列車1編成(2両編成)を羊に見立て、 外観を雪印こどもの国牧場にいる可愛らしい「羊」をイメージし、 ホワイト系とブラウン系を各1両ずつ、 2種類の模様でラッピングします。 内装(壁面・床面)は牧場風景のラッピングを施しており、 電車に乗りながら牧場にいるような感覚を楽しめます。
 今回、 「ひつじでんしゃ」の内装には牛と羊が共に描かれ、 さらにこどもの国線沿線では「うしでんしゃ」と「ひつじでんしゃ」がすれ違う様子を目にすることもできるため、 これまで以上に、 電車の内外で、 牧場気分をお楽しみいただけます。
 今後も、 引き続き3社が連携してこどもの国の魅力を高めるとともに、 東急電鉄のその他路線でも沿線の魅力を活かしたさまざまな取り組みを実施していくことで、 東急線沿線全体の魅力を高めていきます。

▲ ひつじでんしゃ外観正面

▲ ひつじでんしゃ内装

プレスリリース素材ダウンロード

https://prtimes.jp/im/action.php?run=html&page=releaseimage&company_id=10686&release_id=463

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です