ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

東京2020オリンピック公式ビデオゲーム『東京2020オリンピック The Official Video Game(TM)』「トップアスリートに挑戦!」第14弾配信開始!

東京2020オリンピック公式ビデオゲーム『東京2020オリンピック The Official Video Game(TM)』「トップアスリートに挑戦!」第14弾配信開始!
株式会社セガゲームスは、 PlayStation(R)4/Nintendo Switch(TM)用ソフトウェア『東京2020オリンピック The Official Video Game(TM)』について、 本日3月20日(金)に無料アップデートを実施し、 「トップアスリートに挑戦!」第14弾を配信開始いたしました。

■「トップアスリートに挑戦!」第14弾配信開始! メイキング映像も公開中!
日本を代表するトップアスリートが、 ゲーム内に対戦相手として登場する無料アップデート「トップアスリートに挑戦!」第14弾の配信を開始いたしました。
第14弾では、 「スポーツクライミング」に野口啓代、 楢崎智亜、 「ビーチバレーボール」に坂口佳穂、 村上礼華、 「柔道」に井上康生が対戦相手として登場します。
彼らのアバターは非常に高い能力を持っており、 勝利数に応じて特別な称号を獲得することができます。 また、 ご本人にそっくりなアバターのほか、 本作のためにボイスを新規収録しました。
また、 収録の様子を撮影したメイキング映像も公開中です。 ぜひご覧ください。

<野口啓代>
メイキング映像→ https://www.youtube.com/watch?v=T7eETuMf1QA


<楢崎智亜>
メイキング映像→ https://www.youtube.com/watch?v=OwM96RwN044


<村上礼華>
坂口佳穂、 村上麗華メイキング映像→ https://www.youtube.com/watch?v=Z5IwFu0ivW4

 


<村上礼華>
坂口佳穂、 村上麗華メイキング映像→ https://www.youtube.com/watch?v=Z5IwFu0ivW4


<井上康生>
メイキング映像→ https://www.youtube.com/watch?v=-4L-NlN6dxo


配信スケジュール
第14弾 3/20(金)~4/2(木)
競技:スポーツクライミング
選手:野口啓代、 楢崎智亜
競技:ビーチバレーボール
選手:坂口佳穂/村上礼華
競技:柔道
選手:井上康生

第15弾 4/3(金)~4/16(木)
競技:スポーツクライミング
選手:野口啓代、 楢崎智亜
競技:200m個人メドレー
選手:松田丈志
競技:100m
選手:山縣亮太

第16弾 4/17(金)~8/9(日)
競技:全種目
選手:吉田沙保里
競技:各種目
選手:全アスリート
※敬称略

【製品概要】
商品名 : 東京2020オリンピック The Official Video Game™
対応機種 : PlayStation(R)4/Nintendo Switch™
発売日 : 発売中(2019年7月24日(水)発売)
価格 : 4,990円(税抜)
ジャンル : オリンピック公式スポーツゲーム
プレイ人数 : 1~2人
※オンライン時は最大8人
※Nintendo Switch™版 ローカル通信プレイ対応:2~4人
発売・販売 : 株式会社セガゲームス
CERO表記 : B区分(12歳以上対象)
著作権表記 :
TM IOC/TOKYO2020/USOC 36USC220506. (C) 2019 IOC. All Rights
Reserved. (C)SEGA.
公式サイト :  https://www.olympicvideogames.com/tokyo2020/jp/

■記載されている会社名、 製品名は、 各社の登録商標または商標です。

セガグループについて:
セガグループは、 株式会社セガホールディングスを中心に、 コンシューマ事業、 アミューズメント機器事業、 トイ・映像事業、 そしてアミューズメント施設事業の4つの事業グループを手掛け、 様々なエンタテインメントを通じて世界中のお客様に感動体験をお届けしてまいります。
弊社は、 2016年に東京2020オリンピック競技大会を題材にしたゲームソフトの開発・販売に関するサブライセンスを国際オリンピック委員会(IOC)のライセンシーであるInternational Sports Multimedia(本部:米国ジョージア州、 会長兼CEO:Raymond Goldsmith、 以下:ISM)より独占取得いたしました。 これまでにも全世界に向け、 2008年の北京、 2010年バンクーバー、 2012年ロンドン、 2014年ソチ、 2016年リオのオリンピックを題材としたゲームを提供しております。   https://sega.jp/

ISMについて:
ISMはエンターテインメントソフトウェアの管理及び開発を行っています。 インタラクティブエンターテインメントソフトウェアに関する国際オリンピック委員会の独占ライセンシーであることに加え、 数多くのスポーツ運営組織と協業しスポーツファンタジーゲームを提供するリーディングカンパニーの一社です。 詳しくはISMの公式サイトをご参照ください。 http://www.ismltd.com/

プレスリリース素材ダウンロード

https://prtimes.jp/im/action.php?run=html&page=releaseimage&company_id=5397&release_id=3199

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です