ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

国内有数のデジタルマーケティングの広告賞「コードアワード2017」のファイナリスト30作品決定!~本日6月12日(月)より、「パブリックベスト賞」を決める一般投票の受付けを開始~

国内有数のデジタルマーケティングの広告賞「コードアワード2017」のファイナリスト30作品決定!~本日6月12日(月)より、「パブリックベスト賞」を決める一般投票の受付けを開始~
株式会社D2C(本社:東京都中央区、 代表取締役社長:宝珠山卓志、 以下D2C)は、 国内有数のデジタルマーケティングの広告賞「コードアワード2017」に寄せられた応募作品の中から、 最終審査に進むファイナリスト30作品を選定しました。 また、 本日6月12日(月)より、 ファイナリスト30作品を対象にした「パブリックベスト賞」の一般投票受付けを開始します。

「コードアワード2017」は、 広告主や広告会社、 制作会社を対象に、 2017年3月22日(水)から 5月12日(金)にかけて、 作品エントリー募集を実施し、 過去最高となる国内外から合計147件のデジタルを有効活用したマーケティングコミュニケーション作品が集まりました。

本日より投票を開始する「パブリックベスト賞」は、 全応募作品の中から、 一次審査を経て最終審査に残ったファイナリスト作品を対象に、 審査員により選ばれる賞とは別に、 一般からの投票を受付け、 最も得票数が多かった作品に贈られる賞です。 6月12日(月)~6月18日(日)にかけて、 専用サイト上( www.codeaward.jp/vote/ )にて一般投票を受付けます。 一般投票では、 マーケティングコミュニケーションの視点から秀逸と思われる作品を1作品選出していただきます。 なお、 投票は一人1回限りとなります。

本アワードは、 2016年4月1日から2017年3月31日の期間、 各種デジタルを活用し実施・開始されたマーケティングコミュニケーションの事例を対象としています。 作品の最終選考においては、 PARTYクリエーティブディレクターの伊藤直樹氏が「コードアワード2017審査員長」に就任。 その他、 Rhizomatiksクリエーティブディレクターの齋藤精一氏、 Takramデザインエンジニアの田川欣哉氏、 アビームコンサルティング株式会社の本間充氏など3名の審査員を新たに迎え、 クリエーティブ、 テクノロジー、 マーケティングなど国内外のスペシャリスト計8名により厳正なる審査を行います。 結果発表は、 7月中旬を予定しており、 贈賞式は、 8月2日(水)に開催を予定しています(於:D2Cホール)。

D2Cは、 「コードアワード」を通じ、 デジタルを活用した広告コミュニケーションおよびマーケティングの 一層の普及と発展に貢献するべく努めてまいります。


「コードアワード2017」 ファイナリスト全30作品 一覧

 

 (順不同)


【参考】

<コードアワード 」とは
「コードアワード」は、 モバイル広告およびモバイルマーケティングの健全な発展と普及を目的として、 2002年より開催されてきた「モバイル広告大賞」を前身とし、 2014年よりその対象をデジタル全域へと拡大させた、 デジタル広告・マーケティングのアワードです。
デジタルマーケティングの「いま」を刻み、 「未来」を拓くアワードとして、 より多くの秀逸な作品を顕彰し、 デジタルを活用した広告コミュニケーションおよび、 デジタルマーケティングの活用事例を発信します。
URL: http://www.codeaward.jp/
facebook: https://www.facebook.com/codeaward/
twitter:@code_award

<トロフィー>


<D2Cとは>
株式会社D2Cは、 2000年6月1日に、 株式会社NTTドコモ、 株式会社電通、 株式会社NTTアドの3社合弁で設立された、 デジタル広告/マーケティング会社です。 D2Cでは、 デジタル領域を軸に、 統合デジタルマーケティングの提案・実施までをワンストップで提供する「デジタルマーケティング事業」、 ドコモメディアや各種一般メディアにおける広告を取り扱う「ドコモ事業」、 アジアを中心とした国々での広告・マーケティング事業を行う「海外事業」の3つの事業を展開しています。
URL: http://www.d2c.co.jp/

【一般のお問い合わせ先】
株式会社D2C内
コードアワード運営事務局
E-mail:info@codeaward.jp
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です