ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

全文公開第二弾!ユヴァル・ノア・ハラリ氏(『サピエンス全史』ほか)が予見する「新型コロナウイルス後の世界」とは?FINANCIAL TIMES紙記事、柴田裕之氏による翻訳を特別全文公開。

全文公開第二弾!ユヴァル・ノア・ハラリ氏(『サピエンス全史』ほか)が予見する「新型コロナウイルス後の世界」とは?FINANCIAL TIMES紙記事、柴田裕之氏による翻訳を特別全文公開。


世界的歴史学者・哲学者のユヴァル・ノア・ハラリ氏は、 2020年3月20日付のイギリス経済有力紙FINANCIAL TIMESに「新型コロナウイルス後の世界――この嵐もやがて去る。 だが、 今行なう選択が、 長年に及ぶ変化を私たちの生活にもたらしうる(原題:the world after coronavirus ― This storm will pass. But the choices we make now could change our lives for years to come)」と題した記事を寄稿した。

『サピエンス全史』ほか同氏の全著作を日本において翻訳・出版する株式会社河出書房新社(東京都渋谷区/代表取締役社長 小野寺優)は、 ハラリ氏の著作全てを訳した柴田裕之氏による本記事の翻訳を、 本日2020年4月7日より自社サイト「Web河出」で特別全文公開する。

現代における「知の巨人」が、 “今、 人類に迫られている選択”、 “この危機を乗り切った後、 私たちが身を置く世界”を持ち前の鋭さで論考する本稿は必読である。 (全文日本語訳 約8,000字)

→「Web河出」
http//web.kawade.co.jp/bungei/3473/



〈記事内でハラリ氏が記している見解〉
○私たちにとって最大の危機――二つの選択肢のどちらをとるのか

私たちの世代にとって最大の危機ともなり得る“新型コロナウイルス”。 ハラリ氏が提言する、 今人類に迫られる二つの重要な選択とは何か。

○監視社会は新しい段階へ進みかねない
政府、 企業が高度なテクノロジーを駆使して行う人々の追跡、 監視、 操作は、 今回の感染症流行により、 「体外」から「皮下」にまでおよぶ恐れがあるとハラリ氏は指摘。 また、 新型コロナウイルス危機が政府による監視体制を正当化し、 個人のプライバシーを脅かす転機となる危険があると警鐘を鳴らす。

○自由を放棄しなくても健康を守ることは、 できる
人々が日々手を洗うのは、 怠慢を取り締まる“石鹸警察”を恐れるからではなく、 科学を信頼し、 手洗いの効用を理解しているからだ。 自らの健康を守るための方法は、 全体主義的な監視政治体制と厳しい処罰だけではない。

○グローバルなプランを!――科学を信頼し、 進んで情報を提供し、 謙虚に助言を求めよ
情報の共有、 医療用品・機器の生産と流通、 経済、 国際的な移動等、 グローバルな協力と行動計画が必要だ。 不和の道を進むのか、 それとも、 グローバルな団結の道を選ぶのか、 人類は選択を迫られている。
 

■著者プロフィール
ユヴァル・ノア・ハラリ Yuval Noah Harari
1976年生まれのイスラエル人歴史学者・哲学者。 オックスフォード大学で中世史、 軍事史を専攻して博士号を取得し、 現在、 エルサレムのヘブライ大学で歴史学を教えている。 軍事史や中世騎士文化についての著書がある。 オンライン上での無料講義も行ない、 多くの受講者を獲得している。 著書『サピエンス全史』、 『ホモ・デウス』、 『21Lessons』(いずれも株式会社河出書房新社刊)は世界的なベストセラーとなっている。






すでにこの寄稿記事は日本でも紹介され、 「クーリエ・ジャポン」(3/28)、 「日経電子版」(3/30)、 「日本経済新聞」(3/31朝刊、 抜粋)に別訳が掲載されています。
 

 

書名 :『21 Lessons(トゥエンティワン・レッスンズ) 21 世紀の人類のための21 の思考』
著者 :ユヴァル・ノア・ハラリ/柴田裕之[訳]
体裁 :単行本 46 判/ 472 ページ
定価 :本体2,400 円(税別)
ISBN :978-4-309-22788-7
好評発売中!!

http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309227887/




 

プレスリリース素材ダウンロード

https://prtimes.jp/im/action.php?run=html&page=releaseimage&company_id=12754&release_id=299

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です