ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

リモートで握手会を再現したWebサービス「Re:Meet LIVE」(リミートライブ)の開発を開始

リモートで握手会を再現したWebサービス「Re:Meet LIVE」(リミートライブ)の開発を開始
密にならずに今、会いに行ける――
株式会社ヴァレント(本社:東京都、 代表:柴 美津恵)は、 コロナ禍の情勢下でライブイベントを行えないアイドルやタレントが、 オンライン上で模擬的な握手会やサイン会を実施するためのサービスを一刻も早く提供するべく、 「Re:Meet LIVE」(以降、 リミートライブ)の開発を開始したことをお知らせします。


ビデオチャットやライブ配信だけではなく、 アトラクションとして体験するリモートツール

 

リミートライブは握手会やサイン会、 ディナーショー等の、 アイドルやタレントがファンと直接会話を行う企画に特化したサービスです。
アイドルやタレントによる握手会やサイン会を、 「並ぶ・体験する・形に残す」という一個のアトラクションと捉え、 「現場の空気感」を実現する機能と1on1で「独占する」プレミア感、 さらにデジタルならではの新しい文化と体験を可能にします。

 

リミートライブサービスの流れ図解
リミートライブサービスの流れ図解

 


順番待ちではなく「プレアトラクション」としての待合機能

リミートライブ整理券チケット発行画面
リミートライブ整理券チケット発行画面


リミートライブは、 握手券の代わりに整理券を発行(基本無料)します。 整理券を受け取ったファンは所定の時間まで待機することになりますが、 待機中のみ聞くことの出来るPodcastやSNS連携、 直前コメント表示、 呼び込み機能などオフライン握手会とは違った新しい文化を体験できる様々は仕掛けを開発中です。 さらにファストパスやファンクラブ限定入場などプレミア感を演出出来る機能を開発しています。

1on1ライブ配信で自分だけの体験を

タレント側が指定したパフォーマンスをファン側が選、 互いに共有する「応援うちわ」やデジタルの強みを生かした縦横変更可能な「デコショット」を使った新しいコミュニケーションをファンとアイドルで共有できます。 またファンがイヤホンで音声を聞くことを前提とした「ウィスパーボイス」は、 普段近づくことのできない距離感を体験出来るオンラインならではの楽しみ方が可能になります。

リミートライブ直前待機画面とリモート握手会ルームの画面
リミートライブ直前待機画面とリモート握手会ルームの画面



投げ銭ではなく体験を形にするスーベニアストア

2ショットで撮影した画像は基本自動的にメールで送信されますが、 タレントがデジタルサインやデコレーションを書き込める機能を有し、 日付やシリアルなどを自動描写します。 タレントのリアルなサインやメッセージが加われば、 複製不可能な世界に一つだけのプレミアムグッズを作り購入できるECカートを用意。 サイン本や物品などの配送の管理機能(開発中)をご用意しています。


withコロナ、 afterコロナでも利用可能

リミートライブはコロナ禍の中で苦境に陥るエンタメ業界を私たちにできる形で応援したく、 開発を行っておりますが、 コロナ禍が去ったあとの貢献価値も見据えております。
地方や海外居住など、 距離の制約によってイベントに参加ができないファンの潜在需要を喚起する大きな可能性や、 入院中の患者や介護施設の入居者など、 身体的(内部障害を含む)な事由によって、 今までオフラインイベントに参加ができなかったファンにもエンターテインメントを提供するなど、 社会貢献的な展開も可能となります。


アイドルだけに収まらないエンターティンメント

これまで実際に握手やサイン会を開催してきたアイドルやタレント、 お笑いはもちろん、
海外に遠征中のスポーツ選手や地方で活躍するご当地キャラ、
リアルなイベントを開催しづらいバーチャルアイドルや顔出しのできない声優、
ネットで人気のペットやキッズYoutuberなど、 リミートライブの活用で更なる活躍が期待されます。


スムーズな運営とマネタイズを可能にする運営機能

リミートライブはライブハウスの箱貸し方式を採用予定しております。 搭載されたネット決済は運営者自身のアカウントで売上の管理を可能にし運営に直接売上を計上します。
基本的にリミートライブ側からの個別の運営サポートはありませんが、 見守り機能等を搭載し安全なイベント運営に寄与いたします。
またリミートライブを使ったギャランティ方式の企画イベントを行っていただける企画運営・代理店様を募集しています。


オンライン握手会を実施したいイベント主催者様、 運営者様を募集

早期のリリースに向け、 テスト版を利用したいマネージメント事務所、 イベント運営者様を募集しています。
本サービスを必要とする運営者様には、 運営者向けグループへ参加をしていただき、 機能要望やご意見などをいただきたく思います。
ファンクラブ専用などの組み込み用パッケージの開発を予定しています。

デモイベントの実施について
デモイベントはクローズドで行われています。
参加される場合は、 下記のフォームからお問い合わせください。

開発のきっかけ
リミートライブは、 東京渋谷に2019年11月にオープンした東急スクランブルスクエア15Fにあるコミュニティスペース「SHIBUYA QWS」で毎週開催されているコミュニティセミナーがコロナ禍でオンライン開催になり、 より細かいコミュニケーションが会員同士で可能になったことがきっかけで開発がスタートしました。
代表が、 QWSのBOOSTER会員として参加している起業家養成ブログラミングスクール「G's ACADEMY TOKYO」を修了しており、 年齢や専門領域を問わず、 幅広いグループ間の交流や領域横断の取り組みから新しいサービスの創出を可能しています。

SHIBUYA QWSは、 年齢や専門領域を問わず、 渋谷に集い活動するグループのための拠点です。 コミュニティコンセプトを「Scramble Society」とし、 グループ間の交流や領域横断の取り組みから科学変化が生まれ、 未来に向けた価値創造活動を加速させます。

https://shibuya-qws.com/

G's ACADEMYは、 セカイを変えるGEEKになろう。 をコンセプトにできるだけ多くの若い人に本格的なプログラミングスキルを学ぶ機会をつくりたい。 そして願わくば、 この場所から世界中の人が利用するサービスやアプリが産まれてほしい。 そんな思いでデジタルハリウッドが運営し、 SHIBUYA QWSでは山崎大助学校長のもと、 卒業生から選抜された「G's Creative Garage」が活動を行っている。

https://gsacademy.tokyo/

安定した運営へ向けての提携先を募集
本サービスはコロナ禍後にも続けて大きなニーズに応え、 安定した運営を行っていくため、 サービス継続と運営にご興味のある企業様を募集しております。

サイトURL
https://remeet.live/

リミートライブTwitter
https://twitter.com/remeetlive

お問い合わせについて

以下のフォームからお問い合わせください。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScviZR3mgeyAO0f7ckb9BgXUBOr2PvfUpmtlTFbOsBS4mN3Sg/viewform?usp=sf_link

——–
会社概要
株式会社ヴァレント
代表者:代表取締役 柴 美津恵
設立:2010年4月
事業内容:インターネット関連事業
URL: https://virlent.com/

プレスリリース素材ダウンロード

https://prtimes.jp/im/action.php?run=html&page=releaseimage&company_id=57781&release_id=1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です