ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

AVナビゲーションシステム彩速ナビゲーション「MDV-M907HDF」ほか計4モデルを発売

AVナビゲーションシステム彩速ナビゲーション「MDV-M907HDF」ほか計4モデルを発売
当社“彩速ナビ”として初となる、フローティング機構を採用した大画面9V型HDパネル搭載モデルが登場
株式会社JVCケンウッドは、 ケンウッドブランドより、 AVナビゲーションシステムの新商品として、 彩速ナビゲーション「MDV-M907HDF」「MDV-M907HDL」「MDV-M807HDW」「MDV-M807HD」の計4モデルを5月下旬より順次発売します。

今回発売する4モデルは、 高画質HDとハイレゾ音源再生に対応する、 当社“彩速ナビ”の上位シリーズ「TYPE M」の新ラインアップです。 「MDV-M907HDF」は、 “彩速ナビ”として初となるフローティング機構を採用した大画面9V型のHDパネル(1280×720)を搭載し、 約230車種への取り付けを可能としました。

また、 インダッシュタイプとして9V型の「MDV-M907HDL」と7V型の2モデル「MDV-M807HDW」「MDV-M807HD」もご用意。 従来のインダッシュタイプに、 新たに大画面フローティングタイプを追加してユーザーの選択肢を広げるとともに、 より多くの車種に対応します。

 


●企画背景と製品の概要
当社は2019年1月 、 ”彩速ナビ”として初めて高精細HDパネル(1280×720)を採用した大画面9V型モデル「MDV-M906HDL」を「TYPE M」シリーズより発売。 緻密で滑らかな高精細映像を大画面で実現し、 好評を得てきました。
そして今回、 ‟彩速ナビ“として初となるフローティング機構を採用した大画面9V型の「MDV-M907HDF」を企画・開発。 従来の7インチ開口への取り付けが可能となり、 新車や既販車において230車種以上に対応します。
従来のインダッシュタイプとしては、 9インチ開口のあるトヨタ車にフラットに装着できる9V型「MDV-M907HDL」のほか、 7V型の2モデル「MDV-M807HDW」(200mmワイド対応)と「MDV-M807HD」(180mm対応)の3モデルをラインアップしました。

高精細HDとハイレゾ音源再生に対応し、 高画質・高音質を特長とする‟彩速ナビ“の上位シリーズ「TYPE M」の世界を、 より多くの車種でお楽しみいただけます。


●「MDV-M907HDF」の主な特長

 

1.フローティング機構を採用し、 大画面9V型モデルが230車種以上に取り付け可能

 

 


‟彩速ナビ“として初となるフローティング機構を採用した大画面9V型モデルで

す。 同機構により、 従来の7インチ開口に、 大画面‟彩速ナビ”の取り付けを可能とし、 230車種以上に対応します。

 



 

2.当社独自の機構技術により、 走行時の振動によるディスプレイの不快なブレを大幅に低減

3.フラットな静電タッチキーの採用により、 フルフラットでスマートなフローティングスタイルを実現

●「MDV-M907HDL」の主な特長
1.大画面9V型モデルがRAV4/ヴォクシー/ノア/プリウス/C-HR/ハリアーなどのトヨタ車にフラットに装着が可能


●「MDV-M907HDF」「MDV-M907HDL」共通の主な特長
1.さまざまなソースのHD動画を手軽に楽しめるHDMI入力に対応


両モデルは、 HDMIの入力に対応。 スマートフォン、 デジタルカメラやビデオカメラなどとHDMIケーブル「KNA-20HC」(別売)を使って接続することにより、 ナビの大画面で高画質なハイビジョン映像再生を楽しむことができます。

2.従来比※1約1.3倍の高輝度カスタムLEDバックライトを搭載


 

※1:当社製彩速ナビ「MDV-Z905W/Z905」との比較。

●「MDV-M807HDW」「MDV-M807HD」の主な特長
開口部に応じて7V型取り付け車種に対応した2モデル「MDV-M807HDW(200mmワイドモデル)」「MDV-M807HD(180mmスタンダード)」をラインアップします。

●4モデル共通の主な特長


<高精細HDパネルを搭載>
1.高精細・広視野角のHDパネルを搭載
1)高精細HDパネル(1280×720)

 


2) 従来比※1約1.3倍の広視野角を実現






2.HD描画マップの採用により、 高精細HDパネルを生かした美しく見やすい地図表示を実現



 


<HD映像を伝送できるHDMI出力に対応>
1.リアモニターでもハイビジョン画質で楽しめるHDMI出力に対応


HDMI出力に対応し、 ナビで再生しているソースの映像をリアモニター「LZ-1000HD」(別売)でもHD画質で楽しめます。 リアモニターをHDMIケーブル「KNA-19HC」(別売)で接続することでスマートフォン※3の動画や地上デジタル放送など、 さまざまなメディアのハイビジョン映像が視聴できます。
※3: 「MDV-M907HDF/M907HDL」のHDMI入力による接続のみ対応。

2.ナビの地図画面をリアモニターに出力できるモニターミラーリング機能を搭載


リアモニターとHDMI接続することで、 ナビに映し出されているHD描画の高精細な地図画面が後部座席でも見ることができるモニターミラーリング機能を搭載。 さらに、 ナビ連携型ドライブレコーダー「DRV-MN940」(別売)をHD-TVI接続することで録画映像やライブ映像を後部座席でも鮮明に確認することができ、 あおり運転などの危険を同乗者全員で察知できます。

<ハイレゾ音源に対応した充実のオーディオ機能>
1.「DSD」をはじめ「FLAC」「WAV(192kHz/24bit)」といった、 さまざまなハイレゾ音源フォーマットに対応




2.ハイレゾ音源をBluetooth(R)接続で転送する高音質コーデック「LDACTM」に対応




*“Hi-Ress Audio”ロゴと“Hi-Ress Audio wireless”ロゴは日本オーディオ協会のライセンスを受けて使用しています。
*ハイレゾ品質で音楽を聴くにはプレーヤーからスピーカーまで全てハイレゾ対応製品でカーオーディオシステムを構成することを推奨します。

3.高音質フォーマット「MQA(Master Quality Authenticated)」に対応




4.ハイレゾ音源の再生に対応する高音質テクノロジーを搭載
・当社独自の高音質化技術「K2 TECHNOLOGY」の搭載により、 周波数帯域拡張、 波形補正を行うことで、 録音時に失われた信号成分を補完。 CDやMP3などの非ハイレゾ音源からハイレゾ音源まで、 より高音質化してマスター音源のクオリティーに近づけます。
・旭化成エレクトロニクス株式会社(以下、 AKM)製32bitプレミアムDAC(D/Aコンバーター)を搭載。 高分解能32bit処理に加え、 ノイズ耐性の高い設計の「VELVET SOUNDTM」テクノロジーによって開発された高分解能DACにより、 楽曲の持つ空気感まで表現し、 ハイレゾ音源を忠実に再現します。
・信号劣化の少ない高速で高品位なデジタル伝送を実現するジッターレス信号処理システムを搭載。 192kHz/24bitのハイレゾ音源などの高音質再生において音質追求の妨げとなるジッターを排除し、 純度の高い信号伝送により音像の定位感や立体感などを忠実に再現します。
・非ハイレゾソースのデジタルデータを、 DSP処理により、 さらに高解像度となる192kHz/32bitのデジタルデータにアップコンバートし、 AKM製32bitプレミアムDACにより再生します。 音楽だけでなく、 動画再生もより高音質で楽しめます。
・音質調整といったオーディオ信号処理を高速かつ高精度に行うAKM製トリプルコア浮動小数点演算DSPを採用。 高音質を維持したまま、 正確かつ効率的なデータ処理を可能にしました。
・音質劣化の大きな原因となるクルマ特有の電源の揺れに対応し、 安定した信号伝達を実現する、 独立中点回路システムを採用。
・高精度のクロックで音楽波形を整え、 音質を改善する「サンプリングレートコンバーター(SRC)」を搭載。 ハイビットにリサンプリングすることで、 滑らかで正確な音楽波形を実現し、 より原音に忠実な再生を可能にします。
・ナビ筐体の天板部分にクロス構造を採用。 クルマ特有の振動によるナビ筐体の共振を抑え、 音質を向上させています。

5.最適なリスニング環境や好みのサウンドを手軽に楽しめる各種サウンド調整機能
1)サウンドチューニングの主な機能

・リスニングポジション調整:座席の位置と各スピーカーからの音の到達距離を基準にして、 音が耳に到達する時間が同一になるように各スピーカーから出る音のタイミングを調整し、 最適な音質を実現。
・フロントフォーカス調整:あたかもリスナーの正面にアーティストがいて演奏しているかのように、 音像イメージを座席に合わせてリスナー正面に設定が可能。
・13 バンドグラフィックイコライザー:音楽ソースのジャンルに合わせて選択できる6つのプリセットモードを搭載。 また、 ユーザー独自に細かく調整も可能、

2)オーディオ効果の主な機能
・パッセンジャースリープ:運転席以外の人の眠りを妨げずに音楽を楽しむことが可能。
・クリアボイス:地上デジタル放送やラジオを視聴する際、 人の声を聞き取りやすくする機能。
・ミュージックバスブースト:「低音楽器のみ持ち上げ、 ボーカルは持ち上げない」といった低音補正を3段階で調整が可能。
・ミュージックラウドネス:小音量時に不足する低音と高音を補正。
・Drive Equalizer+:走行速度とAV音量に連動してリアルタイムに音質を自動補正することが可能。
・スピーカー設定:スピーカーのサイズ(口径)や位置などのスピーカー構成の設定や調整が可能。
・サウンドライザー:音像を持ち上げることで自然な臨場感が楽しめます。

6.理想的な高音質再生を可能にする「プロモードEQ」搭載
視聴位置やスピーカー位置などのポイントに合わせて周波数レベルや周波数帯域を細かく調整し、 車室内のリスニング環境における高音質再生のベースとなる最適な特性に整えることが可能です。

<高速レスポンスを実現する彩速テクノロジー>
1.「ジェットレスポンスエンジンIII」の搭載により、 高速レスポンスを実現

2.膨大な情報量を格納しながら、 高速レスポンスを実現するデータ圧縮技術「S3フォーマット」を採用
3.HDの高品位感と緻密なリアル感を生かす、 ユーザーインターフェース「オーガニックGUI」を搭載

 


<高精度で使いやすいナビゲーション機能>
1.傾いた路面でも高精度で測位し、 正しい自車位置を維持する「6軸慣性センサー」を搭載

2.「高精度測位環境補正プログラム」を搭載し、 高い自車位置精度を実現
3.GPS信頼度判定処理
当社独自のアルゴリズムにより、 GPS情報の信頼度を判定。 準天頂衛星「みちびき」に対応するとともに、 信頼度が高い情報のみを使用することで、 ビル街などのGPSの電波が届きにくい場所でも位置ズレを軽減します。
4.GPSに加えて準天頂衛星「みちびき」と衛星測位システム「GLONASS(グロナス)」にも対応
5. クルマの傾きと全国の傾斜データとをマッチングする「高測3Dジャイロ」を搭載
6.渋滞情報に加え、 気象・災害情報なども受信可能なFM多重放送「VICS WIDE」に対応
7.“彩速ナビ”をさらに便利にする主な機能
・ランドマークを高品位な3Dグラフィックで表示する「3Dポリゴンランドマーク表示」。
・スマートフォンのように入力できる「フリック入力」。
・日の出、 日の入りの時間に合わせて地図画面の色合いが変化する「日の出/日の入り地図画面」。
・ライトのつけ忘れを、 Infoウィンドウ内への警告表示と音声案内で知らせる「日没ライト案内/警告」。
・一時停止情報がある交差点で、 一時停止アイコンの表示と音声で知らせる「一時停止表示」。
・検索した施設が営業時間外の場合に「!」マークを表示する「営業時間外表示」。
・ルート案内時、 目的地や自宅※4に近づくと、 音楽再生などのボリュームを自動的にダウンする「ゴールオートボリューム」。
※4: 自宅が設定されている場合に動作します。
・長時間運転の疲労に配慮し、 90分ごとに音声で休憩を促す「リフレッシュ通知」。
・ナビとスマートフォン※5をケーブル接続したままクルマの電源をOFFにすると、 置き忘れを警告する「スマートフォン置き忘れ警告」。
※5: iPhoneのUSB接続時のみ動作します。
・高速道路を走行中に逆走状態をナビが検知した場合、 画面表示と音声で案内し、 危険運転の注意を喚起する※6「逆走警告案内」。
※6:GPS信号を受信できない場合や複雑な走行規制や複雑な構造のインターチェンジ付近を走行している場合、 地図データーベースには無い道路や形状が変更された道路を走行している場合などにおいては、 逆走中でも案内しないことや、 順走中に案内することがあります。
・有料優先、 道幅優先、 渋滞回避など、 さまざまな条件について優先度を設定できる「マイルートアジャスター」。
・案内ポイントまでの距離をカウントダウン表示する「ここです案内」。
・自車周辺の詳細地図をすばやく確認できる「ワンタッチルーペ」。
・車両メンテナンス項目について交換時期などを知らせる「車両メンテナンス」。
・スマートフォン感覚で文字入力ができる携帯キーボード入力機能。
・空港構内表示(成田国際、 東京国際(羽田)、 中部国際、 関西国際の4空港)、 盗難多発地帯、 冠水地点表示に対応。
・地図の拡大・縮小を簡単に操作できる「拡大・縮小スライダーバー」。
・高速スクロール時に、 自車位置を見失うことなく子画面で広域地図を表示する「フライビューマップ」。
・検索結果を地図上にピンで表示する「ピンドロップ周辺検索」。
・ガソリンスタンドやコンビニなどをアイコン表示できる「ランドマークアイコン表示」。
・細かいところまで分かりやすく表示できる「100m詳細図表示」。
・時速30キロの速度規制エリアを表示できる 「ゾーン30エリア表示」。
・新規開通の高速道路の表示にアップデートで対応する「開通予定情報」。
・全国の主要充電スポットを表示する「EV充電スポット表示」。
・豊富な検索メニューに加え、 音声検索による便利な各種検索機能※7。
※7:ご利用には入力支援アプリケーション「VOIPUT」が必要です。

<スマートフォン対応>
1.  スマートフォンとの連携を可能にする「MapFanアシスト」に対応※8

※8:「KENWOOD MapFan Club」への会員登録が必要です。
2.リアルタイムで機能を拡張できるスマートフォン用アプリケーション「KENWOOD Drive Info.」に対応
インターネット上のさまざまなコンテンツと連携し、 利用可能な情報サービスを拡張できるスマートフォン用アプリケーション「KENWOOD Drive Info.」が使用可能。
3.CDタイトル情報データを手軽に転送できるスマートフォンアプリケーション「KENWOOD Music Info.」に対応
4.ドライブの幅を広げるスマートフォン用アプリケーション「NaviCon」に対応
ナビと接続したスマートフォン※9から、 地図画面のリモート操作や目的地の設定などがスムーズに行えます。 また、 「NaviCon」と連動したアプリケーションも充実。 「友達マップ」で登録した人物のいる場所を、 ナビ画面の地図上に表示することも可能です。
※9:iPhoneはケーブル接続またはBluetooth(R)接続、 AndroidはBluetooth(R)接続時に動作します。
5. ワイヤレスでインターネットに接続できるBluetooth(R)テザリングに対応※10
※10:スマートフォンの場合は別途テザリング契約が必要です。 接続には通信費用が発生します。

<AV機能>
1.広いエリアで、 クリアな地上デジタル放送が楽しめる“広感度地デジチューナー”を搭載

2.Bluetooth(R)レシーバーの内蔵により、 ワイヤレスでiPhone / iPodなどの音楽再生が可能
3.映画DVDはもちろん、 地上デジタル放送番組の録画ディスクも楽しめるDVD再生機能
4.USBデバイスやSDカードに対応、 デジタルデータ(音楽/動画)を手軽に車内で再生可能
5.CDを最大約4倍速で内蔵メモリやSDカード(別売)に録音可能※11
※11:録音中は、 AVマルチブラウザ、 地上デジタル放送および録音先ソースは選択できません。
6.AM番組をFM放送で聴ける「ワイドFM」に対応
7.USBポートを2端子装備


<ナビと便利に快適につながるスマート連携機能(別売オプション)>
1.ナビ連携型前後撮影対応2カメラドライブレコーダー「DRV-MN940」との連携に対応
2.高精細でくっきりしたHD映像で後方を確認、 HDR対応のHDリアビューカメラ「CMOS-C740HD」に対応
3.10.1V型HD液晶リアモニター「LZ-1000HD」に対応
4.ハイレゾ音源対応スピーカーと組み合せることで、 ハイレゾ音源ならではの臨場感を再現
国内最高峰クラスの設備・技術を誇る「ビクタースタジオ」との共同チューニングを実現したハイレゾ音源対応のセパレートカスタムフィットスピーカー「KFC-XS174S/XS164S」と組み合せることで、 ハイレゾ音源ならではの臨場感を楽しめます。
5.ナビ連動型高度化光ビーコン対応ETC2.0車載器「ETC-N7000」、 ETC2.0車載器「ETC-N3000」に対応
6.ナビゲーションのタッチパネル操作に対応する「マルチビュー車載カメラ」に対応
フロント用マルチビュー車載カメラ「CMOS-320」、 リア用マルチビュー車載カメラ「CMOS-C320」を接続すると、 ナビゲーションのタッチパネル操作で、 さまざまなビューの切り替えが可能となり、 前・後方向の視認性が向上します。 さらにフロントカメラとして使用する場合、 車速と連動して使用が可能です。

<商標について>
●「彩速ナビゲーション」「S3フォーマット(ロゴ)」「彩速ナビ」「フロントフォーカス」「ミュージックラウドネス」「サウンドライザー」「広感度地デジチューナー(ロゴ)」「ミュージックバスブースト」「ここです案内」「高測3Dジャイロ」「KENWOOD Drive Info.(ロゴ)」「VOIPUT」「K2 TECHNOLOGY」「Drive Equalizer+(ロゴ)」「JET RESPONSE ENGINE III(ロゴ)」「パッセンジャースリープ」「フロントフォーカス」「フライビューマップ」「マイビューセッティング」「オーガニックGUI」「スマート連携」は株式会社JVCケンウッドの商標または登録商標です。 ●その他、 記載されている会社名、 製品名は各社の商標および登録商標です。
 

MDV-M907HDF
MDV-M907HDF


本件に関するお問い合わせ先
————————————————————————————————–
【報道関係窓口】 株式会社JVCケンウッド 企業コミュニケーション部 広報・IRグループ
   TEL : 045-444-5310 〒221-0022 神奈川県横浜市神奈川区守屋町三丁目12番地
【お客様窓口】 JVCケンウッド カスタマーサポートセンター
   TEL : 0120-2727-87(固定電話からはフリーダイヤル)/
   0570-010-114(携帯・PHSからはナビダイヤル) / 045-450-8950(一部IP電話から)
————————————————————————————————–
本資料の内容は発表時のものです。 最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
www.jvckenwood.com

当社プレスリリースURL
https://www.kenwood.com/jp/newsrelease/2020/20200512_01.html
当社製品ページURL 
https://www.kenwood.com/jp/products/carnavi/mdv-m907hdf/

プレスリリース素材ダウンロード

https://prtimes.jp/im/action.php?run=html&page=releaseimage&company_id=45133&release_id=33

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です