ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

アパグループ 新潟駅前万代エリアに東日本最大級※のホテル&マンション一体開発起工式開催

アパグループ 新潟駅前万代エリアに東日本最大級※のホテル&マンション一体開発起工式開催
 ホテルとマンションを全国展開する総合都市開発のアパグループ(本社:東京都港区赤坂3-2-3  代表:元谷外志雄)は、 新潟駅前万代エリアにおいてアパホテル&リゾート〈新潟駅前大通〉(全1001室)及びザ・プレミア〈新潟駅 万代〉 (全212邸)(新潟県新潟市中央区万代5丁目地内)の起工式を執り行った。
※ホテル&マンション一体開発のプロジェクトでは、 ホテル(室数)・マンション(邸数)で最大(自社調べ)。

万代五丁目計画 完成予想外観パース
万代五丁目計画 完成予想外観パース

 記者会見において、 アパグループ代表 元谷 外志雄は、 「現在、 新型コロナウイルスで大変な時期ではあるが、 新型コロナウイルスが収束すれば、 日本はまた観光大国化していくと考えている。 今般のプロジェクトは、 約2年後の完成となるため、 新型コロナウイルス収束後の観光振興に期待したい。 現在アパグループが進めている約50ヵ所の新規計画・建設工事は変更なく進めていく。 厳しい時ほどピンチをチャンスに変えて、 ホテル業界におけるシェアアップを目指していきたい。 」と述べた。

  本プロジェクトは、 JR「新潟駅」から徒歩7分、 また新潟屈指の商業エリア「万代シティ」至近であり、 新潟を代表する非常に希少性の高い好立地にある。
 当プロジェクトはホテルとマンションを一体開発として計画することで、 外観デザイン・色調に統一感を持たせ、 街並みに連続性を作っている。 アパホテルのデザインの特徴である重厚で高級感あるファサードをマンションにも踏襲し、 泊る人・住む人が誇りを持って過ごすことができるホテル&マンションの総合都市開発事業として誕生する。

 過去にアパグループでは全国12カ所(仙台・千葉・高崎・名古屋・富山・石川・京都・大阪)でホテル&マンションプロジェクトの供給実績があり、 今回のプロジェクトは13カ所目となる。

 アパホテル&リゾート〈新潟駅前大通〉は鉄骨造、 地上19階建て、 高さ約60m、 客室数は全1,001室となり、 高品質・高機能・環境対応型を理念とする、 アパホテルの「新都市型ホテル」仕様となる。 2階には大浴場を計画しており、 宿泊者は無料で利用することができる。 新潟県内のアパホテルは当ホテルを含めると全8ホテル、 1,993室(フランチャイズホテル含む)となる。

 アパホテル&リゾート〈新潟駅前大通〉の主な特徴は以下の通りとなる。

1.   大浴場・露天風呂・プール・ジム・エステ・レストラン等の充実した施設を設置
2.   地球環境に配慮した「エコ仕様」

全館LED照明採用。 ガスヒートポンプエアコンにより電気使用量を削減。 高効率ガス給湯器、 ガス・コージェネレーションシステムにより排熱を有効利用。 Low-E複層ガラス・遮熱カーテンにより断熱効果を向上。
3.   全客室にエコと快適性を兼ね備えた「アパホテルオリジナルユニットバス」導入
ゆったり入浴できる卵形浴槽(通常より約20%節水)、 サーモスタット付定量止水栓、 節水シャワーを採用。
4.   全客室※に、 ベッド下にスーツケース等を収納できるスペースを確保した「アパホテルオリジナルベッド『Cloud fit grand(クラウド フィット グラン)』」導入(※DXツインルームは「Cloud fit(クラウドフィット)」)
5.   全客室ベッド幅1,400mm (※DXツインルームはベッド幅1,200mm)。 さらに、 ベッドとの相性を科学的に検証し開発したオリジナル3Dメッシュまくら(エアーリラックス)、 高級羽毛布団(デュベ仕様)を採用し、 完全遮光カーテンを採用し、 「眠りへのこだわり」を追求。
6.   全客室にリュックサック等を掛けるフック、 スリッパ収納を設けた多機能姿見を設置し、 空間を立体的に活用
7.   全客室に空気中の花粉やカビ菌などのウイルスを無効化・脱臭効果のある「ナノイーX」を搭載し、 従来機より人にやさしい風の流れを追求した新型エアコンを設置
8.   全客室に50型以上の大型テレビを設置

最上階のデラックスツインルームには60型クラスの大型テレビを採用予定。 全客室にVODアパルームシアター(1泊1,000円で162タイトル以上見放題)完備。
9.   全客室のテレビ画面上に館内案内や大浴場の混雑状況をリアルタイムでデジタル表示した「アパデジタルインフォメーション」導入
10.   BBCワールドニュース 無料放映
11.   「明るいホテル」をコンセプトとして、 全客室にLEDシーリング照明を設置
12.   客室の照明・エアコンのスイッチ・リモコン・USB充電専用コンセントを全てベッド枕元に集約
13.   訪日外国人旅行者に対応した「ユニバーサルコンセント」を設置。 ※ほぼ全世界のコンセントプラグに対応
14.   無料Wi-Fi接続サービスの導入

ロビー及び全客室に通信速度とセキュリティ面で優れたWi-Fi無料接続完備。
15.   ハイグレードアメニティの導入
16.   業界初※となる全ての予約経路に対応したオリジナル仕様の「チェックイン機」や現金対応に代えて、 クレジットカード及びキャッシュレス時代を見据えたスマホ決済(楽天ペイ(アプリ決済) / LINE Pay / au PAY / d払い(R) / PayPay / ゆうちょPay / メルペイ / J-Coin Pay)に対応した小型の「卓上型チェックイン機」導入 ※自社調べ
17.   エクスプレスチェックアウトポスト(ルームカードキーを投函すると自動でチェックアウト処理が行われる)導入 ※特許出願中


 また、 プレミアマンションシリーズとしては新潟県内で第7弾となるザ・プレミア〈新潟駅 万代〉は、 地上19階・地下1階建、 高さ約60m、 全212邸の環境対応型マンション。 1LDK~3LDK、 44.06平方メートル ~99.26平方メートル の全22タイプで構成し、 シングルからファミリーまで幅広いニーズに対応する。
 ザ・プレミア〈新潟駅 万代〉は主に次の4つのキーワードをテーマに商品企画した。

アパホテルをマイホテルに:
 マンションオーナーは隣接のアパホテル&リゾート〈新潟駅前大通〉〈全1,001室〉を、 遠方の家族や特別な友人のためのゲストルームとして特別価格(シングル3,000円、 ツイン5,000円)で利用できる。 全国でホテル展開を行うアパグループだからこそ提案できる「マイホテル」という発想である。
 また、 マンションオーナーは、 同ホテル内の施設(準天然光明石温泉大浴場・露天風呂・プール・ジムなど)を優待価格で利用できる予定となっており、 住まいながらにして心身を癒せるマンションライフを提供。

APA Premium Keys(Premiereオーナー特典):
マンションオーナーは次の特典を受けることができる。
(※詳しくはホームページにてご確認ください。 )
マイベストレート :全国のアパホテルをWeb割ベストレートより1,000円引きの料金でご優待。
マイスイート :アパホテル&リゾート〈東京ベイ幕張〉のスイートルームを特別価格でご優待。
マイリゾート :アパホテル&リゾート〈上越妙高〉、 〈札幌〉を1名様1,000円でご優待。
マイゴルフ :上越妙高の森ゴルフコース、 アパリゾート栃木の森ゴルフコースを特別価格でご優待。
マイ割烹温泉旅館 :アパホテル&リゾート加賀片山津温泉 佳水郷を特別価格でご優待。
ハイセキュリティ
正面エントランスからの入館はエントランス・エレベーター・各住戸玄関でのトリプルセキュリティとし、 ノンタッチキーを採用することによりスムーズな入館を両立。 また、 共用部各所に録画機能付き防犯カメラを設置する。

エコ仕様:
住戸内のダウンライトに長寿命・省電力のLED照明を採用。 また、 優良住宅取得支援制度「フラット35」Sの技術基準である住宅性能表示制度による「断熱等性能等級4」を満たしている。

駐車場率100%を確保
街中でありながら住戸212邸に対して駐車場213台分を用意(敷地内129台、 敷地外84台)、 設置率100%を確保。

 本プロジェクトのデザイン監修は株式会社辻本デザイン事務所、 設計・監理は株式会社日企設計、 施工は熊谷組・加賀田組・植木組共同企業体が担当し、 竣工はホテルが2022年3月末、 マンションが2022年8月末を予定している。
尚、 アパ株式会社新潟支店(新潟市中央区笹口2-12-10アパ新潟駅南ビル1F)内にザ・プレミア〈新潟駅 万代〉マンションギャラリー(フリーダイヤル:0120-78-2424)を設け、 本年8月にプレオープンを予定している。
現在、 物件の最新情報を優先的に受けられるプレミア倶楽部会員を募集中。
物件ホームページURL   http://apamansion.com/p-bandai /

【アパグループ】
 アパホテルネットワークとして全国最大の656ホテル※101,402室(海外、 FC、 パートナーホテルを含む)を展開しており、 年間宿泊数は約2,613万名(2019年11月期末実績)に上る。 2010年4月にスタートした「SUMMIT 5(頂上戦略)」では東京都心でトップを取る戦略を開始。 現在東京23区内で直営ホテル77ホテル・18,853室※を展開している。 2015年4月にスタートした「SUMMIT 5-II(第二次頂上戦略)」では、 東京都心から地方中核都市へとエリアを広げ、 大型タワーホテルの出店も積極的に進めていき、 アパホテルネットワークとして10万室展開を達成。 現在、 首都圏・関西を中心にタワーホテル4棟・5,405室を含む49棟・16,699室を建築・設計中である。 2020年4月にスタートした「SUMMIT 5-III (第三次頂上戦略)」では、 国内で圧倒的なNo.1ホテルチェーンとなるべく、 2025年3月末までにアパホテルネットワークとして15万室展開を目指す。 ※建築・設計中含む  

アパホテルズ&リゾーツ新規オープンホテル一覧
https://www.apahotel.com/news/

アパグループリリース資料
https://prtimes.jp/a/?f=d18265-20200521-8932.pdf

アパホテル&リゾート〈新潟駅前大通〉及びザ・プレミア〈新潟駅 万代〉物件概要
  https://prtimes.jp/a/?f=d18265-20200521-8250.pdf

「アパ直」からなら、 比較なしで最安値。
https://www.apahotel.com/

アパホテル公式アプリ「アパアプリ」
https://apahotel.com/qr_app/

プレスリリース素材ダウンロード

https://prtimes.jp/im/action.php?run=html&page=releaseimage&company_id=18265&release_id=340

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です