ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

<先行発売開始!>国際政治学の権威による”コロナ後の世界”とは?

<先行発売開始!>国際政治学の権威による”コロナ後の世界”とは?
株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン(本社:東京都千代田区、 代表取締役:伊藤 守)は2020年5月28日に『コロナの衝撃 感染爆発で世界はどうなる?』(小原雅博・著)を発売します。 また、 一部書店とネット書店で先行発売いたします。


「COVID-19」がもたらした世界の変化
感染症危機に際して、 私たちには本質的な世界の課題がより色濃く提示されることとなりました。
 
国家や社会と個人との関係の在り方や、 望ましいガバナンスはどういうものなのか。
また、 安全と自由やプライバシーの関係や政治・安全保障と国民一人一人の経済との関係はどうなるのか。

これまで政治家やメディアが語ってこなかったこうした課題を、 生活する個人一人一人が考える時代が、 強制的にもたらされたといえます。


感染症との人類の闘い、 武漢で何が起こったのか、 その後の国際政治
本書では、 「COVID-19」によって世界全体で何が起こり、 どう変化していったのかをまとめました。 政治と経済の観点から新型コロナウイルスがどのような影響を与えたのかを国際政治学の権威が論じ、 感染症と世界の変化を概観する一冊です。


コロナ後の世界で私たち一人一人は何をすべきか?
すでにコロナ後の世界に向けて人々の価値観や、 生活様式は変化をはじめており、 世界同時にそれが起こっています。
そして、 この感染症が終息したとき、 世界のパワーバランスは激変している可能性もあります。

そのとき、 日本はどうするのか。 国民一人一人はどう考え、 どう行動すべきなのでしょうか。 きたる未来に向けた提言を収録しています。

一部書店とネット書店で先行発売!
Amazon.co.jp、 楽天ブックスなど一部のネット書店では23日より先行発売が決定。
全国の一部書店では一足早く先行発売を開始しています。

*先行発売実施店舗一覧
丸善 丸の内本店
(株)八重洲ブックセンター本店
三省堂書店 有楽町店
HINT INDEX BOOK
有隣堂 ヨドバシAKIBA店
有隣堂 たまプラーザテラス店
三省堂書店 神保町本店
MARUZEN名古屋本店
MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店
ジュンク堂書店大阪本店
ジュンク堂書店天満橋店
紀伊國屋書店本町店
丸善京都本店
大垣書店四条店
ジュンク堂書店三宮店
丸善広島店
ジュンク堂書店 池袋店
紀伊國屋書店 新宿本店
ブックファースト新宿店
紀伊國屋書店 札幌本店
丸善仙台アエル店
ジュンク堂書店 福岡店
ジュンク堂書店 那覇店

【目次】
序章 感染症との闘い—新型コロナウイルスがもたらす複合危機
第1 章 武漢戦疫
第2 章 政治への審判
第3 章 世界の不況と分断
終 章 私たちは何をすべきか?
おわりに 



【著者情報】
小原 雅博(こはら・まさひろ)

東京大学大学院法学政治学研究科教授
博士(国際関係学)。 東京大学卒、 UC バークレーにて修士号取得。 1980 年に外務省に入り、 アジア大洋州局審議官、 在シドニー総領事、 在上海総領事などを歴任後、 2015 年より現職。 復旦大学(上海)他の客員教授も務める。 著書に、 『日本の国益』(講談社)、 『東アジア共同体』『国益と外交』(日本経済新聞出版社)、 『境界国家論』(時事通信社)、 『東大白熱ゼミ 国際政治の授業』『チャイナ・ジレンマ』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、 『日本走向何方』(中信出版社)、 『日本的選択』(上海人民出版社)など。 東大では、 現代日本外交を担当。 10MTV オピニオンにて「大人のための教養講座」配信中。

【書籍情報】
タイトル:『コロナの衝撃 感染爆発で世界はどうなる? (ディスカヴァー携書) 』
発売日:2020 年5 月28 日
ISBN:978-47993-2613-8
本体価格:1000 円(税抜)
刊行:ディスカヴァー・トゥエンティワン

【本書のご購入はコチラ】
Amazon  https://www.amazon.co.jp/dp/4799326139
楽天ブックス  https://books.rakuten.co.jp/rb/16310958/

プレスリリース素材ダウンロード

https://prtimes.jp/im/action.php?run=html&page=releaseimage&company_id=18193&release_id=377

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です