ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

『ファクトフルネス』2020年上半期ビジネス書1位。日本国内85万部突破、世界で発行部数トップに

『ファクトフルネス』2020年上半期ビジネス書1位。日本国内85万部突破、世界で発行部数トップに
日経BP(本社:東京都港区、 社長:吉田直人)の書籍『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』(ハンス・ロスリングほか著)が、 2020年上半期のビジネス書ランキングで1位となりました(日販・トーハン・オリコン調べ)。



■翻訳書がビジネス書1位になるのは6年ぶり
本書は2019年1月の発売から1年を経ても売れ続け、 2020年5月末時点での発行部数は累計で85万部(紙書籍74万部、 電子書籍は11万部)を超えました。 本書は、 スウェーデン人の医師で公衆衛生学者のハンス・ロスリング氏と息子夫婦が執筆した書籍の翻訳版で、 翻訳書がビジネス書のランキングで1位となるのは、 2014年(『まんがでわかる7つの習慣』フランクリン・コヴィー・ジャパン監修、 宝島社)以来6年ぶりのことです(日販調べ)。


■日本で85万部突破! 世界で300万部のうち日本の売上がトップに
『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』は2018年4月に英語版が発売され、 その後世界各国で翻訳版が発売されています。 世界では2020年5月末時点で約300万部のベストセラーとなっていますが、 このうち日本が85万部超と約28パーセントを占め、 イギリスやアメリカを超え、 世界でトップの部数となっています。


■コロナ禍で「今こそ読むべき」という声が上がる
本書は発売当初から好調に売れ続けてきましたが、 2020年に売上を伸ばしました。 2019年12月に、 中田敦彦さんの「YouTube大学」で取り上げられ、 2020年2月に「ビジネス書グランプリ2020」(主催:グロービス経営大学院、 フライヤー)総合1位を受賞し、 5月にNHK「あさイチ」に共訳者の関美和さんが出演して本書が紹介され、 大きな反響がありました。

さらに、 本書は著者がアフリカで感染症対策を行っていた医師であり、 感染症の危機を前にすると人間が「恐れ」「焦り」など10の本能に惑わされる様子を描いていたこともあり、 SNSなどで2月頃から「新型コロナウイルスが脅威となっている今こそ読むべき」という多くの声が上がりました。 その結果、 5月には13万部の増刷を決め、 部数を伸ばしてきました。

「恐怖を煽る情報に振り回されずにデータをもとに考えることの大切さが、 新型コロナウイルスの件で実感した」(30代・女性)

「本書で世界のリスクとして、 感染症を1番にあげていることに驚愕しました。 こんな状況だからこそ、 ファクトフルネスを実行することの重要さを痛感します」(40代・女性)

「データに基づいて行動すべき今、 読むべき本」(40代・男性)


<本書について>
ファクトフルネスとは ・・・データや事実にもとづき、 世界を正しく読み解く習慣。 賢い人ほどとらわれる10の思い込みから解放されれば、 癒され、 世界を正しく見るスキルが身につきます。
本書では世界の本当の姿を知るために、 教育、 貧困、 環境、 エネルギー、 人口など幅広い分野を取り上げています。 いずれも最新の統計データを紹介しながら、 世界の正しい見方を紹介します。 これらのテーマは一見、 難しくて遠い話に思えるかもしれませんが、 著者のハンス・ロスリング氏のTEDトークの動画は、 累計3500万回も再生され、 面白くてわかりやすいと評判です。 また、 本書では数式はひとつも出てきません。 「GDP」より難しい経済用語も出てきませんし、 「平均」より難しい統計用語も出てきません。 誰にでも、 直感的に内容を理解できるように書かれています。

また、 著者は感染症の専門家としてエボラ出血熱と戦うため、 アフリカ諸国を訪問して対応した経験があります。 このため、 感染症と向き合うためには人間の恐怖や焦りなどの本能を克服し、 データを基に世界を見ることの重要性を解いています。 世界のリスクとして、 感染症を第一にあげています。

『FACTFULNESS(ファクトフルネス)——10の思い込みを乗り越え、 データを基に世界を正しく見る習慣』
ハンス・ロスリング、 オーラ・ロスリング、 アンナ・ロスリング・ロンランド著
上杉周作、 関美和 訳      定価:1800円+税        ISBN978-4-8222-8960-7

<著者 ハンス・ロスリング氏について>
医師、 グローバルヘルスの教授、 そして教育者としても著名である。 世界保健機構やユニセフのアドバイザーを務め、 スウェーデンで国境なき医師団を立ち上げたほか、 ギャップマインダー財団を設立した。 ハンスのTEDトークは延べ3500万回以上も再生されており、 タイム誌が選ぶ世界で最も影響力の大きな100人に選ばれた。 2017年に他界したが、 人生最後の年は本書の執筆に捧げた。

 

プレスリリース素材ダウンロード

https://prtimes.jp/im/action.php?run=html&page=releaseimage&company_id=41279&release_id=23

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です