ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

室井滋さんがハプニング続出の珍道中を綴った旅エッセイ集が「自宅で旅行気分が味わえる」とまたまた重版6刷に!

室井滋さんがハプニング続出の珍道中を綴った旅エッセイ集が「自宅で旅行気分が味わえる」とまたまた重版6刷に!

お蔭で自粛のストレスが癒えました
女優・室井滋さんが昨年9月に刊行した旅エッセイ集『ヤットコスットコ女旅』の6刷がこのたび出来した。 読者からはコロナ禍に本書を読み、 元気になったり励まされたりコロナ後の旅行に胸を膨らませたり……共感の声が続々と届いている。

●新型コロナの影響でどこにも行けませんが、 室井さんと一緒に旅行したような気分になり、 とても楽しかったです!(55歳・女性)
●コロナで外出自粛の今、 室井さんのエッセイは小気味よく痛快なので、 クスッと笑えて楽しく読みました。 (女性)
●文章が明るく楽しいのでステイホーム中に読むのにふさわしいです。 (68歳・女性)
●またこんなふうに、 あちこち旅ができるように早くなってほしい。 (45歳・男性)
●とても面白い。 これはもうエッセイを超えた傑作短編集。 室井さんの観察力と記憶力と文章力に脱帽です。 お蔭で自粛のストレスが癒えました。 (男性)

本書は、 ドラマ撮影や旅番組のほか、 「しげちゃん一座絵本ライブ」などで全国各地をめぐる室井さんが、 その旅の途中で遭遇したハプニングや出会った人たちとの交流をユーモラスにつづったエッセイを全67編収録したもの。 脳科学者の茂木健一郎さんは本書について、 「大笑いする話、 ホロッとする話……全編どれも面白いスーパーエッセイ集です!!!」と大絶賛している。

そのほか本書には、 室井さんが実際に持ち歩いている便利グッズを紹介した「『お邪魔じゃなければ連れてって』旅グッズ」、 意外と見落としがちな旅行の注意点を挙げた「『あらまあ、 お気をつけあそばせ』10か条」、 室井さんが実際に行ってみて良かったところを勧めた「シゲルおすすめ「生物的開運スポット」のスペシャルコラムも掲載している。

室井さん曰く「もう体がウズウズうずくの~」
室井さんは本書の「はじめに」で旅の魅力についてこんなふうにつづっている。

<「お父さ~ん、 いやがぁ、 行ったらイヤ~。 行かれんちゃあ、 お父さ~ん、 いやぁが、 いやぁが~」
これは田舎富山の小さな駅のプラットホームで泣き叫ぶ、 子供の頃の私のセリフ。 仕事でしばしば都会へ向かう父を、 見送るたびに大泣きしていた。
真夜中の寝台車が、 大切な父を自分の想像もつかぬ別世界へ連れて行ってしまうのだと思い込んで、 毎度毎度生涯の別れのような心境になっていたっけ。
時は過ぎ、 そんな父もとっくに本物の別世界へと旅立っているが、 大人になった私は今、 毎月のように父が行き来した道のりを辿るように列車に揺られている。
駅に私を見送る人は誰もなく、 泣いてくれる者もまったくいない。
目的が仕事中心なので、 “旅に出て心機一転”とか”自分を見つめ直す時間に“などといった覚悟や思惑のようなものが一切ない。
なのになぜだろう。 私は東京から故郷へ、 地方の様々な町への移動の列車や飛行機で過ごす時間が、 無性に好きなのだ。 ヘトヘトに疲れていても、 帰った途端に“また出掛けたい!”と思ってしまうのだから。
車中や機内で出会ったり見かけたりする人々や我が身に起こる出来事は、 まるで人生の縮図のようであり、 自分にいろんなことを教えてくれる。
オバサンになっても危なっかしいことの連続だけれども、 それらは“世の中って捨てたもんじゃない”と細やかな栄養を与えてくれている気がしている。
本書『ヤットコスットコ女旅』を手にして下さった皆さんにもその養分が染み渡ることを願い、 旅のお裾分けができたらなあと思っています。
さあ、 出発進行~~
旅人 室井滋>


緊急事態宣言が解除され、 街に人出が戻りつつあるものの、 感染のリスクはゼロではなく、 今すぐ旅行に東へ西へ――というムードではない。 早く旅に出たい、 と気持ちがはやる人も多いのではないか。

室井さんはこうコメントを寄せてくれた。
「も~~、 体がウズウズうずくの~~。 温泉も山登りもキャンプも海外のツアー旅行も。 あ~~、 私って、 こんなに旅好きだったんだ。 今は行きたい所を毎日ノートに書いて、 実現の時を待ち望む日々です」

皆さんも本書を読んで旅行気分を味わいながら、 その日を楽しみに待ってはいかがでしょう。

『ヤットコスットコ女旅』
 著/室井滋
 定価:本体1200円+税 判型/頁:新書判/256頁
ISBN978-4-09-396545-3
小学館より発売中

 本書の紹介ページはこちらです↓
https://www.shogakukan.co.jp/books/09396545

 

 【著者プロフィール】
室井滋(むろい・しげる)
富山県生まれ。 女優。 早稲田大学在学中に1981年『風の歌を聴け』でデビュー。 映画『居酒屋ゆうれい』『のど自慢』などで多くの映画賞を受賞。 2012年日本喜劇人大賞特別賞、 15年松尾芸能賞テレビ部門優秀賞を受賞。 ディズニー映画『ファインディング・ニモ』『ファインディング・ドリー』日本語版のドリーの吹替えなど声の出演も多い。 また絵本『しげちゃん』シリーズや、 自身が絵も手がけたてぬぐいあそび絵本『ピトトト トン よ~』やエッセイ集『むかつくぜ!』『東京バカッ花』『おばさんの金棒』『すっぴん魂』シリーズ他電子書籍化含め著書多数。 全国各地でしげちゃん一座絵本ライブを開催中。

プレスリリース素材ダウンロード

https://prtimes.jp/im/action.php?run=html&page=releaseimage&company_id=13640&release_id=705

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です