ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

スマートフォンアプリのユーザー体験を簡易診断する 『Simple CX Survey for App』の提供を開始

スマートフォンアプリのユーザー体験を簡易診断する 『Simple CX Survey for App』の提供を開始
プレイドとEmotion Techの協業第2弾サービス、2020年8月末まで無料で利用可能

 


◆ 実施背景
2020年5月25日(月)、 Emotion Techとプレイドは、 CX(顧客体験)向上を軸とした戦略的パートナーシップの締結を発表しました。 今回の『Simple CX Survey for App』は、 その第二弾となるサービスです。
ニールセンデジタル株式会社が2020年3月に発表した調査結果※によると、 18歳以上の男女におけるスマートフォン利用時間のうち92%はアプリが占めており、 1ヶ月に1回以上利用されるアプリの数は平均34.6個で、 昨年比で約4個増加しているといいます。
アプリ専業の事業者はもちろんのこと、 企業と顧客の重要なタッチポイントとして存在感を増す状況を踏まえ、 アプリ利用者のCX(顧客体験)を正しく計測、 理解して課題を見つけ、 アプリの改善活動のヒントにしていただきたいという想いから、 「Simple CX Survey for App」の提供開始を決定いたしました。

※(出典)ニールセンデジタル株式会社が提供するスマートフォン視聴率情報「ニールセンモバイルネットビュー(NielsenMobile NetView) 」のデータをもとに、 2019年の12月の日本におけるスマートフォンの利用時間やアプリの利用個数などの利用状況発表資料より抜粋

 
◆ サービス概要

・サービス名
「Simple CX Survey for App」

・価格
無料(8月末までの利用申込みに限る)

・サービス内容
 

調査設計や集計などの工数なく、 簡単にアプリ上でCX調査が可能

本サービスの利用を希望する企業は、 用意されたタグを設置し、 簡単な設定を行うだけで、 希望のページにアンケートをポップアップ表示することが可能です。
調査の設計やアンケート作成などは一切行う必要がありません。

 
数分で完了する、 回答負担が少ないアンケート内容

アプリに訪れたユーザーは、 NPS(R)(ネット・プロモーター・スコア)を中心とした簡単なアンケートに回答することで、 下記レポートを作成するための十分な情報を得ることができます。


自社アプリの強み・弱みを、 他社比較をしながら明確に特定するレポート

レポートでは顧客がどの体験を魅力的と感じてアプリの利用を続けるのか、 また一方でどの体験が顧客の不満を募らせてしまっているのかを、 明確に特定することが可能です。
また、 他社平均データと比較して自社サービスのどこが強みでどこが弱みかも簡単に把握できます。

 

■ご利用申込みについて
サービス利用は下記よりお申し込みいただけます。

https://karte.io/product/simple-cx-survey


※   本文中に記載されている会社名、 製品名は、 各社の登録商標または商標です。
※ネット・プロモーター(R) 、 ネット・プロモーター・システム(R) 、 ネット・プロモーター・スコア(R)及び、 NPS(R)は、 ベイン・アンド・カンパニー、 フレッド・ライクヘルド、 サトメトリックス・システムズの登録商標です。

 

プレスリリース素材ダウンロード

https://prtimes.jp/im/action.php?run=html&page=releaseimage&company_id=10620&release_id=139

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です