ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

江夏 豊・古田敦也・遠山奬志・山崎武司のインタビューから解き明かす! 『野村監督の教え~知と理と情の人間哲学~』が光文社より6月24日(水)発売

江夏 豊・古田敦也・遠山奬志・山崎武司のインタビューから解き明かす! 『野村監督の教え~知と理と情の人間哲学~』が光文社より6月24日(水)発売
読書情報サイト「本がすき。」で立ち読み版も無料公開中
6月24日(水)に、 光文社から『野村監督の教え~知と理と情の人間哲学~』(著・飯尾哲司)が発売されます。

南海代表・江夏 豊「夜の11時頃から朝5時まで毎晩、 野球の話」
ヤクルト代表・古田敦也「弱いチームに行って勝負する生き方がすばらしい」
阪神代表・遠山奬志「改めて野球のヤの字から教えてもらった」
楽天代表・山崎武司「ひとことで言うと『情』の人です」
――“野球の神様”野村克也の教えは、 どんな場面にも通じる


2020年2月11日(火)に逝去した野村克也氏は、 王 貞治氏に次ぐ通算657本塁打を放った名選手である一方、 監督としても、 南海・ヤクルト・阪神・楽天の4球団で指揮を執った名将。 そんな野村氏が育て、 また復活に手を貸した選手のなかから、 各球団で“一番弟子”とも言える方たちにインタビューし、 野村流「人の育て方・動かし方」「勝ち方」「人生観」などを解き明かした一冊です。
野球のみならず、 ビジネスや人生全般に通じる内容になっています。


【著者の言葉】
私は野村監督(周囲はずっとそう呼んでいた)関連の書籍制作に10冊以上携わらせていただいたが、 逝去を悼む「野球界以外」からの多くの声に、 野村監督の偉大な功績を改めて認識した次第だ。
野球界では直々の教え子はもちろん、 対戦した若い他チーム選手までもが生前の偉業に対して謝辞を寄せた。 その後も、 あらゆるメディアが依然取り上げ続けている。
多大な『教え』を遺した野村克也は、 「野球の神様」だったと言える。 書物はバイブルだ。 思えば、 イエス・キリストによって特別の伝道の使命を与えられた使徒がいたが、 この本を書くにあたってノムラ野球の「教えの伝道師」を、 あまたの名選手の中から編集部とともに4人厳選させていただいた。


★現在、 読書情報サイト「本がすき。 」で、 立ち読み版を無料公開中!
https://honsuki.jp/stand/35821.html


【著者プロフィール】
飯尾哲司(いいお てつじ)
静岡県生まれ。 ベースボール・マガジン社出身。 『週刊ベースボール』時代は、 「記録」「技術」「ルール」「選手名鑑」分野をおもに担当。 『ドラフト史』創刊スタッフも務める。 のちヤクルト球団発行物の制作スタッフとしてスワローズファンブック、 ファンクラブ会報誌、 選手カレンダー、 公式ホームページ(写真部門)を担当。 「野村ヤクルト」9年間を含む球場・現場取材歴は27 年以上に及ぶ。 野村克也関連の書籍は『私の教え子ベストナイン』(光文社新書)、 『リーダーとして覚えておいてほしいこと』(PHP 研究所)をはじめ、 計10 冊以上の制作に携わる。 ほかの制作書籍として『小倉ノート』(竹書房)など。


【書籍詳細】
書名:『野村監督の教え~知と理と情の人間哲学~』
著者:飯尾哲司
発売:光文社
発売日:2020年6月24日
判型:四六判ソフトカバー
定価:本体1,500円+税

プレスリリース素材ダウンロード

https://prtimes.jp/im/action.php?run=html&page=releaseimage&company_id=21468&release_id=426

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です