ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

青山エリアの新たなランドマークとなる、オフィス・ホテル・商業の複合ビル「the ARGYLE aoyama(ジ アーガイル アオヤマ)」竣工

青山エリアの新たなランドマークとなる、オフィス・ホテル・商業の複合ビル「the ARGYLE aoyama(ジ アーガイル アオヤマ)」竣工
大型サイネージやイベントスペース等を活用し、多様な人々・文化・情報の回遊拠点へ
 三菱地所株式会社は、 東京都港区北青山二丁目において開発を進めてきた「the ARGYLE aoyama(ジ アーガイル アオヤマ)」を2020年6月19日(金)に竣工しましたのでお知らせします。

 「the ARGYLE aoyama」は、 80年代のファッション業界の象徴的な建物として長年人々に地域のシンボルとして愛されていた「青山ベルコモンズ」跡地に建設されました。 その歴史を踏まえ、 多種多様な人々・文化の交流空間を創出することを目指し、 地上20階、 延床面積23,122.57平方メートル のオフィス・ホテル・商業ゾーンからなる複合ビルへと生まれ変わります。

 オフィスフロアは、 多くの引き合いを頂き竣工時点で満室稼働となります。 1~2階の商業ゾーンは、 2020年7月1日(水)よりバラエティ豊かな飲食・物販店舗が順次オープン予定であり、 東京初出店となる株式会社Plan・Do・See運営の「THE AOYAMA GRAND HOTEL(ジ アオヤマ グランド ホテル)」は2020年8月に開業予定です。 当社は、 「the ARGYLE aoyama」を通じて、 今後も青山エリアの新たな賑わい創出に寄与するとともに、 多様な人々・文化・情報等の回遊の拠点として同エリアにおける魅力向上に貢献していきます。

【本物件の特徴】
<オフィス機能>
・「外苑前」駅徒歩3分の交通利便性や「青山ベルコモンズ」跡地という
 歴史性等を評価いただき、 竣工時点で満室稼働。
・天井高約2,800mm、 整形なフロアプレート(専有面積約250坪)が
 特徴の高機能オフィス ホテル機能。

<ホテル機能>
・地域の特性を活かしたホテル運営で定評のあるPlan・Do・Seeが東京初出店。
 「青山ベルコモンズ」が一世を風靡した80年代を意識したライフスタイル型ホテル。
 客室数は全42室、 客室サイズは約30~60平方メートル 。
・4・19・20階:ホテルが運営するイタリアンや日本料理、 ルーフトップバーなど
 多彩なダイニング5店舗を用意。

<商業機能>
・1~2階:来街者・ワーカー・地域住民・ホテル宿泊者など様々な方が楽しめる飲食・物販店舗がオープン。

<防災・地域貢献機能等>
・防災機能:非常用発電機設備による電力供給(約48時間)やオフィス各フロアに防災備蓄倉庫等を設置。
・地域貢献機能:東京都総合設計制度を活用して容積率制限緩和による効率的な空間利用を実現したほか、
 歩行者空間のゆとり確保や広場状空地を配置。
・回遊機能:施設全体が交流・溜まりの空間となることを企図した施設構成で、 コミュニティや情報のハブ拠点へ
・情報発信機能:南青山三丁目交差点側の壁面に縦約5m×横約10mの大型デジタルサイネージを
 設置して情報発信

【外装デザインについて】
・青山通りと外苑西通りの交わる南青山三丁目交差点に位置する視認性の優れたこの地に、
 現代的でありながら周辺環境とも調和した、 ガラスファサードと縦フィンによる動きのある
 デザインとしました。
・青山エリアがファッションの中心地ということもあり、 縦と横の要素を織り込み、
 模様を紡ぎだすチェック柄やアーガイル柄等をイメージしてファサードに浮かび上がらせることで、
 ファッションの街“青山”の魅力を表現しました。 また、 低層部のデザインを切り替え、
 緑豊かで開放的な空間を演出することで、 圧迫感を抑えるとともに、
 周囲の街並みや景観との調和を図っております。

縦と横の要素を織り込んだ外観デザイン
縦と横の要素を織り込んだ外観デザイン

【建物用途構成について】
 20階     :ホテル(レストラン・ルーフトップバー)
 19階     :ホテル(客室・レストラン)
 16~18階  :ホテル(客室)
 5~15階    :オフィス
 4階    :ホテル(レセプション・レストラン)
 3階    :ホテル(イベントスペース)
 1、 2階   :飲食店舗・物販店舗
 地下1、 2階 :駐車場・駐輪場

 

  • 1.本物件の特徴について
【オフィス機能】
◆先進的な働き方を実現する高機能オフィス
・「the ARGYLE aoyama」は青山通りに面した視認性の高さに加えて、 東京メトロ銀座線「外苑前」駅、
 東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線「表参道」駅、 東京メトロ銀座線・半蔵門線「青山一丁目」駅の
 3路線3駅へのアクセスが可能で、 交通利便性の高い立地が特徴です。
・高い交通利便性に加え、 「青山ベルコモンズ」跡地という土地の歴史性や新たな文化・情報拠点としての
 可能性を評価頂き、 多くの引き合いを頂いて竣工時点で満室稼働となります。
・多様な働き方が求められる時代背景を反映し、 基準階フロアは、 様々なニーズに対応できる
 約250坪の空間となっています。

 

オフィス中層階からの眺望イメージ
オフィス中層階からの眺望イメージ

 

<基準階の標準スペック>
‣天井高:約2,800mm、 専有面積:約250坪の整形なフロアプレート
‣非常用発電設備:約48時間の電力供給が可能

 

オフィス基準階(13階)
オフィス基準階(13階)

フロアプレート(オフィス基準階)
フロアプレート(オフィス基準階)


【ホテル機能】
◆Plan・Do・Seeのホテルが東京初出店、 「THE AOYAMA GRAND HOTEL」が8月開業予定
・オリエンタルホテル神戸(神戸市)、 ウィズ ザ スタイル 福岡(福岡市)、 ザ・ルイガンズ.(福岡市)等、
 その地域の特性を活かしたホテル運営で定評のあるPlan・Do・Seeが東京で初出店となる
 「THE AOYAMA GRAND HOTEL」を2020年8月に開業予定です。
 ミッドセンチュリースタイルの落ち着いた雰囲気の客室をはじめ、
 洗練された空間と多彩なレストランを揃え、 80年代を意識したライフスタイル型ホテルとして
 豊かなひとときをお届けいたします。

<ホテル概要>
‣客室数/客室サイズ: 42室/約30~60平方メートル
‣開業予定時期     : 2020年8月
‣宿泊予約受付   : 受付中
‣ホテル公式URL  : https://aoyamagrand.com/

(左から)ホテルエントランスイメージ、  ロゴ、  ホテル客室イメージ
(左から)ホテルエントランスイメージ、 ロゴ、 ホテル客室イメージ

◆4・19・20階:ホテル運営の多彩なダイニング5店舗
・世界中からホテルに訪れる方々をおもてなしするため、 様々なジャンルのダイニングを用意します。
 クラシックでシンプルなイタリアンや鮨の名店や素材にこだわった日本料理、 カジュアルダイニング、
 街を一望できるルーフトップバー等、 様々なシーンに合わせてご利用いただけるダイニング5店舗の
 サービス提供を、 2020年8月のホテル開業以降順次開始します。

SHIKAKU(4階)
SHIKAKU(4階)

TRATTORIA ANDREA ROSSI(20階)
TRATTORIA ANDREA ROSSI(20階)


【商業機能】
 ◆1~2階:商業ゾーン
・1~2 階の商業ゾーンには、 バラエティ豊かな飲食店舗・物販店舗を配置し、 来街者・ワーカー・
 地域住民・ホテル宿泊者など、 「the ARGYLE aoyama」にお越し頂く様々なお客様に
 楽しんで頂ける空間を創出します。 オープン時期が確定した店舗は、 以下の通りです。

 

【防災・地域貢献機能等】
◆防災機能・環境配慮等
・ BCP 対策に配慮し、 非常用発電機設備による電力供給(約48時間)及び防災備蓄倉庫を設置しています。
・北西側広場では、 緑豊かな広場空間を整備するとともに、 災害時には温かい食事等が提供できる
 かまどベンチを設置し、 地域コミュニティに役立てます。
・周辺環境への配慮として、 屋上に太陽光パネルを設置し、 建物内に電気を供給します。

◆地域貢献機能:東京都総合設計制度を活用
・青山エリアにおける新たなランドマークとすべく、 東京都総合設計制度を活用しました。
 これにより、 容積率制限の緩和(約675%→約850%)を受けて効率的な空間利用(下段にて詳述)が
 可能となったほか、 空地を敷地面積の約30%確保することで、 歩行者空間のゆとり確保や、
 広場状空地の配置により地域貢献に寄与します。

◆回遊機能:施設全体が交流・溜まりの空間となることを企図した施設構成
・1~2階の商業、 3階のイベントスペース、 4階のホテルラウンジ、 5~15階のワークプレイス、
 最上階のルーフトップバー等、 縦積みの複合用途として施設構成を行うことで、
 人が自然と集まるような仕掛けを取り入れ、 施設全体が交流・溜まりの空間となることを企図しました。
 入居テナントや来街者・ホテル宿泊者といった利用者だけでなく、 エリアワーカーや生活者をも巻き込み、
 建物という箱を超えたバリューチェーンを創出して相互にシナジーを生むことで、
 エリアにおけるコミュニティや情報のハブ拠点となることを目指します。
 これは、 流行や文化の発信拠点であった「青山ベルコモンズ」の歴史を継承・再生するものです。
・3階のホテルが運営するイベントスペース「AOYAMA GRAND HALL」には、 ホール(約220平方メートル 、
 天井高約4.5m)、 ホワイエ(約90平方メートル 、 天井高約4.5m)、 テラス(約60平方メートル )があり、
 約300名規模のイベント開催が可能です。 片面窓の開放的なフロアと、 充実した設備を備える
 多目的スペースとして、 様々な文化が息づく青山の新たな発信拠点を提供します。
 新作発表会や展示会等の会場としてもご活用いただけます。


◆情報発信機能:大型デジタルサイネージによる、 地域に根差した情報の発信
・「the ARGYLE aoyama」では、 情報発信機能として、 南青山三丁目交差点側に縦約5m×横約10mの
 大型デジタルサイネージを設置し、 交差点(=cross-point)に位置することから名称は
 「the ARGYLE aoyama cross-point(クロスポイント)」としました。
 歩行者から視認性の高い目線位置のLEDビジョンとなっており、 街を行き交う人々に向けて、
 入居テナントの宣伝広告のほか情報のハブ拠点として地域に根差した様々な情報発信を行っていきます。
・the ARGYLE aoyama cross-point広告掲出に関するお問い合わせ:
 株式会社ケシオン 事業開発部 原井氏/小山氏 TEL:03-6418-7707

(左から)サイネージを視認性の優れた交差点側に配置、  「大型デジタルサイネージ」活用イメージ
(左から)サイネージを視認性の優れた交差点側に配置、 「大型デジタルサイネージ」活用イメージ

 
  • 2.計画概要
建物名称   :the ARGYLE aoyama
所在地    :東京都港区北青山二丁目14番4号(住居表示)
アクセス   :東京メトロ銀座線「外苑前」駅徒歩3分
敷地面積   :2,264.27平方メートル (684.94坪)
建築面積   :1,261.25平方メートル (381.53坪)
延床面積   :23,122.57平方メートル (6,994.58坪)
地域地区   :商業地域
主要用途   :事務所(5~15階)、 ホテル(3・4・16~20階)、 店舗(1・2階)、 駐車場(地下1・2階)
階数     :地上20階、 地下2階
構造     :S造、 地下一部SRC造
建築主    :第6メック都市開発特定目的会社(三菱地所の連結子会社、 出資構成比100%)
開発業務受託者:三菱地所株式会社
設計者    :株式会社三菱地所設計
施工者    :株式会社錢高組
着工     :2017年12月11日
竣工     :2020年6月19日

周辺地図
周辺地図


 

プレスリリース素材ダウンロード

https://prtimes.jp/im/action.php?run=html&page=releaseimage&company_id=16002&release_id=58

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です