ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

あの人気恐竜たちの、一日の過ごし方とは? のりもの絵本シリーズが累計84万部突破の人気コンビによる、「恐竜」が主人公のおはなし絵本2作を同時刊行!

あの人気恐竜たちの、一日の過ごし方とは? のりもの絵本シリーズが累計84万部突破の人気コンビによる、「恐竜」が主人公のおはなし絵本2作を同時刊行!
恐竜は、どのような日常を過ごしていたのでしょうか? 恐竜への関心が高まっている近年。なかでも王道で人気のティラノサウルスとトリケラトプスの生活について、リアルな絵と物語で学べる絵本です。
株式会社偕成社(出版社 本社:東京都新宿区 代表取締役社長:今村正樹)は、 『ティラノサウルスのはらぺこないちにち』『トリケラトプスのなんでもないいちにち』(竹下文子 作/鈴木まもる 絵)を、 2020年6月下旬に刊行します。 同じ1日を、 人気の肉食恐竜・草食恐竜それぞれの視点から見る絵本。 ほかの恐竜も多数登場します。

  • 子どもも大人も大好きな「恐竜」。 「恐竜博」の来場者は67万人も!

世代を問わず人気のある、 恐竜。 近年はその謎が少しずつ解明され、 情報が増えていることもあり、 注目度が高まっています。 東京・上野の国立科学博物館で昨年開催された「恐竜博2019」では、 67万人もの来場者があったといいます。
https://www.asahi.com/articles/DA3S14218863.html

今回偕成社が刊行するのは、 そんな恐竜の中でも高い人気を誇る、 ティラノサウルス、 トリケラトプスを主人公にした絵本2作。 特徴は、 「図鑑」ではなく「物語絵本」という形で、 恐竜の姿に迫る点です。
 

  • 「恐竜の一日のルーティーン」がわかる、 ユニークなおはなし絵本。

『ティラノサウルスのはらぺこないちにち』『トリケラトプスのなんでもないいちにち』は、 それぞれの恐竜を主人公に、 ある同じ一日を描いたおはなし絵本 です。

最強の肉食恐竜として知られ、 強くてかっこいいイメージの強いティラノサウルス。 でもいくら強くても、 すぐに獲物にありつけるとは限りません。 『ティラノサウルスのはらぺこないちにち』では、 ティラノサウルスがなかなか周囲の恐竜をつかまえることができず、 あちこちへ奔走します。


一方、 『トリケラトプスのなんでもないいちにち』では、 タイトルの通り、 草食恐竜であるトリケラトプスが、 草を食み平和な一日を過ごします。

でも、 その「なんでもない一日」は、 捕食される側の恐竜にとっては、 今日も無事で生き延びることができた、 という価値ある日 。 『ティラノサウルスのはらぺこないちにち』と合わせて読むことで、 それがより強く感じられます。


かっこいいだけじゃない、 強いだけじゃない、  可愛いだけじゃない、 リアルな恐竜の姿を身近に感じられる絵本。  7000万年前の恐竜が大事に生きていた一日を体感してみてください。  
 

  • ほかの恐竜も多数登場。 図鑑と違い、 生活ぶりがわかる。

2冊の絵本には、 その他の恐竜もたくさん登場します。

<登場する恐竜一覧>
ドロマエオサウルス、 パラサウロロフス、 パキケファロサウルス、 アンキロサウルス、 アラモサウルス、 オルニトミムス、 ゴルゴサウルス、 ハドロサウルス、 アルバートニクス、 ドロマエオサウルス、 マイアサウラ、 ランベオサウルス、 パウパウサウルス、 デイノスクス、 アラモサウルス、 プテラノドン

どの恐竜も、 日常の一部が切り取られて登場するため、 どんな暮らしぶりかがわかり、 図鑑とは違った視点で見ることができます。

恐竜に関する本は数多く出版されていますが、 それらの中でもいちばん最初に、 「はじめての恐竜絵本」として親しむのにぴったりな作品 です。 ぜひ貴媒体でご紹介ください。
 

  • 書籍概要

【著者紹介】
作:竹下文子
1957年、 福岡県に生まれる。 東京学芸大学卒業。 1995年に「黒ねこサンゴロウ」シリーズで、 路傍の石幼少年文学賞を受賞。 主な作品に『ピン・ポン・バス』『みんなで!いえをたてる』など多数。 翻訳の作品に、 『クリスマスのかね』など。 静岡県在住。

絵:鈴木まもる
1952年、 東京都に生まれる。 東京藝術大学中退。 「黒ねこサンゴロウ」シリーズで赤い鳥さしえ賞を、 『ぼくの鳥の巣絵日記』で講談社出版文化賞絵本賞を受賞。 おもな絵本作品に『みんなで!いえをたてる』『ピン・ポン・バス』『ざっくん!ショベルカー』『ねこのおすしやさん』『せんろはつづく』『どうぶつのあかちゃんうまれた』『だんろのまえで』などがある。 また鳥の巣研究家として『鳥の巣研究ノート』『鳥の巣みつけた』『鳥の巣の本』『世界の鳥の巣の本』『鳥の巣いろいろ』『ふしぎな鳥の巣』『鳥の巣ものがたり』『ツバメのたび』『ぼくの鳥の巣探検』『世界の鳥の巣をもとめて』などの著書があり、 全国で鳥の巣展覧会を開催している。

★竹下文子さんと鈴木まもるさんは、 コンビでこれまで数多くの絵本を手がけられています。 なかでも『ピン・ポン・バス』をはじめとした「のりもの絵本」シリーズは人気が高く、 パトカー、 救急車、 ごみ収集車などの人気の乗り物を主役にした絵本で、 シリーズ累計84万部を突破しています。


【書籍詳細】


書名:ティラノサウルスのはらぺこないちにち
   トリケラトプスのなんでもないいちにち
作:竹下文子 絵:鈴木まもる
定価:各1,200円 + 税
対象:3歳から
サイズ:21cm×26cm
ページ数:各32ページ
ISBN コード:
ティラノサウルス 978-4-03-221360-7
トリケラトプス 978-4-03-221350-8
発売:2020年6月
◎偕成社HP書誌情報:
ティラノサウルス  https://www.kaiseisha.co.jp/books/9784032213607
トリケラトプス  https://www.kaiseisha.co.jp/books/9784032213508

 

プレスリリース素材ダウンロード

https://prtimes.jp/im/action.php?run=html&page=releaseimage&company_id=26693&release_id=73

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です