ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

話題の『ドライブスルー八百屋』が北海道帯広市でオープン!!

話題の『ドライブスルー八百屋』が北海道帯広市でオープン!!
2020年6月26日発表

話題の『ドライブスルー八百屋』が 北海道帯広市でオープン !!
『もったいない野菜セット』を 帯広市内 販売へ!!

外食向けに青果の卸業を営むフードサプライ(東京都大田区、 代表取締役:竹川敦史、 以下:フードサプライ)が、 新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐため、 接触を極力無くした安心・安全な「ドライブスルー八百屋」のサービスを開始して約2.5か月。 全国 15拠点で販売しておりますが、 この度、 外食産業を営む株式会社エイムカンパニー のグループ会社である株式会社一心商店(北海道帯広市、 代表取締役: 飯塚忠志、 以下:一心商店)と事業協力し、 北海道帯広市でも「もったいない野菜セット」の販売を開始いたします。
           


新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、 接触を極力無くした安全な方法で野菜をご提供する「ドライブスルー八百屋」を北海道帯広市でも販売を開始いたします。
現在全国15か所で開催しており、 生産者支援、 地域の活性化、 お客様のニーズにお応えするために、 更に拠点を拡大します。 商品は、 (株)一心商店(北海道帯広市)まで車でお越しいただければ、 ドライブスルーの要領でお客様は下車することなくトランクにスタッフが積み込みを行いますので、 待ち時間が無く人との接触を極力避けることができます。
「スーパーマーケットでの購入は接触が不安だ」「ネットの注文は送料がかかるのでどうしても割高な上、 現在は注文が集中しておりすぐに届かない」そういった方々にも満足してご利用いただいており、 飲食店向けの契約産地への支援にも繋がっております。

 


販売するのは、 十勝の契約生産者が生産した野菜や卵、 牛乳、 帯広卸売場直送の果物などをお得に詰め込んだ「もったいない野菜セット」
今回は5,000円(税込)でお米、 玉子などを含んだ野菜セット、 3,500円(税込)のお米無しのセットの2種類の販売で展開しています。

「もったいない野菜セット」は売切れ次第終了とさせていただく為、 メールにて事前にご予約いただくのがおすすめです。

新型コロナウイルスの影響で外食産業の売上が激減する中、 飲食店向けに青果を栽培する契約産地でも商品が余り、 多くの野菜が廃棄となってしまう危機的状況になっております。 また、 飲食店の営業自粛要請が解除された後も、 ソーシャルデイスタンスを確保するために席数を減らした営業をされている事から、 今まで通りの数量が出荷されず、 産地での余剰状況が続いております。
それらの野菜をお得に詰め合わせ、 お客様に安全安心な方法でお届けたいとの想い、 そして全国で苦しむ生産者の方々を、 飲食企業様と共に支える「支援の輪」を作る事が生産者支援への一番の近道であると考えるフードサプライの熱い想いに、 一心商店にもご賛同頂き開始させていただきます。

≪セット内容≫
・もったいない野菜セット5,000円(税込)
国産米5kg、 ほうれん草(十勝産)、 葉わさび(十勝産)、 白かぶ(十勝産)、 水菜(十勝産)、 ミニトマト(十勝産)、 ごぼう(十勝産)、 インカのめざめ(十勝産)、 小ネギ(十勝産)、 ブロッコリー(十勝産)、 ズッキーニ(十勝産)、 人参(北海道産)、 キャベツ(十勝産)、 コールラビ(十勝産)、 長芋(十勝産)、 レタス(十勝産)、 ニラ(十勝産)、 バナナ(フィリピン産)、 卵(十勝産)
※内容は一例、 当日の入荷状況などにより変更になる可能性がございます。

≪販売日時≫
6月30日(火)より販売開始、 その後毎週火、 金曜日で9月末頃まで販売予定
販売時間は10時~17時
 ※予約販売分が完売次第終了とさせて頂きます。

≪引き渡し場所≫
一心商店
北海道帯広市西8条南14丁目1-1

当日引き渡し場所へお越し頂きましたら現地スタッフがご案内いたします。

≪ご購入方法≫
購入時現金のみの対応
売切れ次第終了とさせていただく為、 メールにて事前にご予約いただくのがおすすめです。
ご予約受付中
■ 予約専用メールアドレス:drive-through@foodsupply.co.jp
■ ドライブスルー八百屋ホームページ: http://www.foodsupply.co.jp/drivethrough/
■ お問い合わせ先  
フードサプライ TEL 04-7125-0714

≪報道機関のみなさまへ≫
開催日は、 両社共に取材対応可能です。

■フードサプライ
会社名 株式会社フードサプライ
代表取締役 竹川 敦史
本社所在地 〒143-0001 東京都大田区東海1-3-6 プロロジスパーク東京大田6F
東京物流センター 〒143-0001 東京都大田区東海1-3-6 プロロジスパーク東京大田2F
京浜島物流センター〒143-0003 東京都大田区京浜島1-4-3 松和MKB京浜島物流センター
千葉物流センター 〒278-0031 千葉県野田市中根319

[YASAI LIFE LINE FOOD SUPPLY]
千葉・東京・埼玉・神奈川を中心に全国に業務用野菜の卸売販売を行う。 いち飲食店では仕入れが難しい全国の農家の生産物を集約し、 農家と飲食店のパイプ役となって新鮮で安全安心な青果を、 安定的に飲食店に供給する仕組みを展開。 大手の飲食企業を含め、 現在およそ4,500店舗で利用していただいています。
http://www.foodsupply.co.jp/

プレスリリース素材ダウンロード

https://prtimes.jp/im/action.php?run=html&page=releaseimage&company_id=55809&release_id=45

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です